« 小雪降るアカンっぽい日の釣行・コッパのみの前篇 | トップページ | 2021年・思い出の釣りベスト5 »

2021年12月29日 (水)

小雪降るアカンっぽい日の釣行・波に体制崩されて転落するも生き残ったモジャ男 後篇



もぅ我慢できなぁ~いっ

と、ハリスを1.75号へ太く変更。




ブチ切られが起きやすいのは、

やはり左手のサラシの切れ目と、

右からのサラシがあたっての
潮目・潜り潮が起きる付近。


あとは状況によって、
その流れた先のあたり。



コッパグレもおるけども、
餌は毎回取られる訳ではなく、


餌残りもたびたび起きる。




そのたびに棚を深くしていって、

当たりが出なければ浅くしている。



棚の調整方法としては、

今回は特に、ウキ下の長さに注目してやってみました。



なんせ、0か00浮きを使ったやり方なので、

サラシ・流れが強くなると、

潮受けゴムもなかなか入っていかない。




そもそものウキ下を調整して長くやったら

ハリスが馴染むまでには時間かかるやろうけども、

そこを超えれば、
確実に浮き当たりが出やすくなる。・・・はず。



あとは浮きから竿先までの
道糸の張り具合に気をつければ、

浮きあたりはここまでかなり出やすい。





調整をすすめつつ、


ウキ下4m・そこからの誘導部分は30cmほど。



潮が引きつつあるので、

その潮目の下に沈み根があるのが見えて、

おそらく水深もそれと同じぐらいか、
ちょっと深いぐらいか、

サラシで横へ引っ張られるので、
それも考慮せんと・・・。



ジワワワ


浮きがゆっくり入る。
この時点では、潜り潮か、当たりかは分からん。

ちょいと張り気味。





シュンッ!!


グイーーーーン!




やっとまともな魚が食ったようで、

竿がキレイに曲がるのを確認。





バシャバシャ!


グレっ!よしっ!



タモをつかもうとする

タモがねぇぞ!!




立て掛けておいたタモが

消えている。


安定してるよなぁーと思ってたけど、

どこかの強風のタイミングで、

海に落ちたっぽい。




ぶっこ抜き。

 



とにかく、グレ釣らないと、

と、再開します。


段打ちはしてません。

この日はノーガン。



ウキ下のハリスの重さと、張りで
掛ける練習でもあります。


強風でタモを失うだけでなく、

波で竿とリールを失った。



でも、僕はほぼ無傷。

ちょっと右膝に違和感があるぐらい。





命を奪われなかっただけ、
運が良かっただけ。




僕は日頃の行いが良いので、

海の神様が、
お前、もうちょっと頑張れ。

と、言ってくれたように思ったけども。




こんなアカン日に来るやつ、
ちょっとこらしめたろぉ。

と、海の神様が言ったんやないっ?

と、後日のタケちゃんから言われた。





むむむ。

そうかもなぁー。




実際、タケちゃんは、
この日はアカンので釣りには行かなったみたい。


釣果は、なんとか釣ったグレ1匹。

等価交換とはまったく言えない。





これまでの寒グレシーズン初期にも
なんどかあったことでもあるけども、


急激に冷え込んで、雪が舞う日。
そして海が同時に荒れることになるので、

良い釣果は出ないし、
ただただ寒いし、危ない。




釣りに夢中になりすぎると、

それまで穏やかになりつつあった海でも、

一発大波ってのが、突如起きたりする。




教訓。



いっぱいあるけど、

失ったものが多すぎる。



竿がどこかに引っかかってないかと、
歩いてたら、

立ち位置のすぐ左の磯に

浮きと道糸があった。



あの道糸の先に竿がついてるかもせんけども、

危なすぎて、とても取りにいけない。




というか、

立ち位置から左に落ちていたら、

あの磯と磯の隙間に吸い込まれることになっていた
かも知れない。


身体挟まれて、
右から左からサラシで、

脱出は無理だろう。






運だけで生き延びたね。今日は。



帰りの夕焼けに雪がチラつく。

キレイな世界だなぁ。





あの時死んでいたなら、

このキレイな景色はないわけで、



晩飯とビールが美味しいことも無いわけですよね。






生きているから分かるんですが、
日常って、結構楽しいんですよね。


死んだらどうなるかは知らんけども、
日常って、結構楽しいですわ。



-------------------------------------

|

« 小雪降るアカンっぽい日の釣行・コッパのみの前篇 | トップページ | 2021年・思い出の釣りベスト5 »

釣りのアレコレ」カテゴリの記事

コメント

波は上げる時より引く時の方が危ないです。
道具は無くしたかもしれませんが、無事で何よりでしたね。

いつもブログ見てます。
スーさんのゴミ拾いや、マナー等同じ思いです。

これからも気を付けてお互い楽しく釣りできるといいですね。
本当に無事で良かったです。お疲れ様でした。

投稿: 名無しですいません | 2021年12月30日 (木) 午前 02時27分

名無しですいませんさん>

ご心配いただき、
ありがとうございますm(_ _)m

今回はかなり危険な思いをしましたが、
勉強になったところも大きいので、

撤退・釣りに行かないという判断の
精度をもっと上げれるように

活かそうと思っております。

引き波の方がやはり、危険なんですね。

他の事故にあった釣り師さんのお話を聞いても、

やはり引き波で引きずりこまれる
というのが多いことを、

思い直しました。

まだまだ釣りを続けたいし、
寒グレは、極寒できついですが、

やはり釣れたら楽しいですし。

気を付けて楽しんで、
やろうと思いました。

ありがとうございました。


投稿: スー | 2021年12月30日 (木) 午後 05時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 小雪降るアカンっぽい日の釣行・コッパのみの前篇 | トップページ | 2021年・思い出の釣りベスト5 »