« 晴れときどきアラレのグレ狙い・毒魚キープの後篇 | トップページ | 12月はだいたい釣れないモジャ野郎の堤防グレ狙い »

2021年12月23日 (木)

デカアジ釣れずに25cmどまりな極寒朝間詰め

ガシラなんかもせんぐらい、

根がかるぐらいに棚も下げていきました。

 

極寒。そして激流。



田辺湾の一番ワンオクとなるこのポイント。

あっという間に浮きが流されていくので、
それに合わせて、道糸を送り出すという点では、

フカセの練習になると、僕は思っている。



右へ・左へ。


しばらくどちらかへ流されたのち、

潮がとどまる場所がある。


そして、そこでしばらく待っていたら、
また逆方向への強い流れがはじまる。



撒き餌と刺し餌の同調・・・?


よく分からんけども、

留まる場所ならば、
やはり撒き餌も溜まり易いはずで、

そこで当たりが出る経験も多い。





どうしたもんかと、
続けていたら、

ベテランさんお二人がやってきた。




やはり、仕掛けはカゴ釣りか、

投げサビキの仕掛けのさきに、

更にカゴ釣りのように、ハリスと針がついている。




今日は北風が強いからアカンかもなぁー。

そうなんですか!?




聞くと、

地元のおっちゃんで、ココ周辺に通っている釣り師さん。




貴重な情報を色々とお聞かせ頂きました。




今年は、タチウオの入りが早く、

それによって、
アジが逃げている状況。



11月から1mオーバーのブリも連日釣れたみたい。

それも、タチウオ飲ませ・・・。マジか。




薄明るくなりはじめた6時。


この時間で釣れなかったらアカンよ。

そうなんすねー。




と、寒すぎて、
指が痛くてシンドイけども、

続行。


おっちゃんらは、
あまり寒そうな様子はない。




そして、よくお話ししたおっちゃんが、

アジを釣る。



兄ちゃんも釣ってよぉー


あ、はーい。



.

もう一人の沖狙いのおっちゃんは

アジとタチウオを釣った。







魚はおる。

なんとか、一匹でも釣りたい。




餌はカジラれるけども、

やはりアジは当たりが小さくて、

フカセやと、
道糸の張り方をもっと意識しないと分からん感じ。



おっちゃんらが、
ポツポツと釣るなかで、


僕にもやっと、

竿をひったくるような当たり。

25cmぐらいのアジ。


デカアジとは言えないけども、

おっちゃんらが釣っていたのも、
このぐらいのサイズで、

このサイズの群れが入っていたのかも知れない。



対岸は大混雑で、

60cmぐらいの青物が釣れるのが、
見えた。


ルアーやら、飲ませやらやっている人が、

狭い場所に10人ぐらい見える。




おっちゃんによると、

おそらく1月に入ってからのほうが、
もっと状況良くなりそうとのこと。





通い続けている人が言ってるので、

やはりそういうものなのかもせんなぁーと

思いつつ、

7時過ぎに撤収。





おっちゃんは、
釣れたアジを使って、

飲ませ釣りを開始した。




その後、釣れたのかは分からないけども、

ハリス10号を

引っ張りの力だけでぶち切る青物の当たりも

以前にあったらしい。





いま、このブログを書きながら思うに、

それ・・・クエちゃうんか?と、



去年にブチ切られた感じを思い出しながら

思ったりした。




それにしても、
この朝は寒すぎて、

中盤あたりから、指の感覚がなくなって、

釣りどころではない状態になっていた。



真冬の寒グレ釣りで、

真っ昼間でもなるこの状況。

 


やはり対策を立てたほうが、

より、冷静にグレも釣れるのではないかと、

思ったりしている。





マグマカイロは
一番温かいけども、

ホンマに寒くなったら、

やはり即効性が低い。



なんで、対策必要って訳で、
思いついたんですが、

こんど試したら書きます。


普通すぎるかもせんですが。


-------------------------------------

|

« 晴れときどきアラレのグレ狙い・毒魚キープの後篇 | トップページ | 12月はだいたい釣れないモジャ野郎の堤防グレ狙い »

釣りのアレコレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 晴れときどきアラレのグレ狙い・毒魚キープの後篇 | トップページ | 12月はだいたい釣れないモジャ野郎の堤防グレ狙い »