« 短文・キープZEROなのに、最後ホッコリした釣行 | トップページ | ブチきったのはイズスミだったと断言するモジャ男・後篇 »

2021年12月13日 (月)

浮き当たりが小さく苦戦・あれこれやっても突破口の見えぬ前篇

僕は微糖か、ブラック派なので、
ちょっと自分に甘いですけども。



準備して開始です。

*************************************************
フカセ仕掛け
竿:NFT 翔磯 1号
リール:シマノ ハイパーフォース C3000DHG
道糸:シマノ ファイアブラッド ZEROストレッチ ナイロン 2
中ハリス:BIGフロロカーボン 1.75号・5m
ハリス:L-EXハイパー 1.5号・3m中ハリス直結

オモリ:なし・ガン玉適宜
浮き:Tフェニックス M-u/0
   →Tフェニックス M-0

針:広層グレ 5号・沈め探り 5号・
   遠投ハヤテX 7号

刺し餌:ルクス生オキアミM・生オキアミM
撒き餌:生オキアミM・米ぬか・パン粉

*************************************************

中ハリスは今回1.75号。

その下のハリスは1.5号と細めです。

とにかくグレ30cmオーバーを目標にやってみます。

 

その跳ね返り含めて影響して、

潮目が複雑に変わっていく状態。




足元に撒き餌をしても、
餌取りの姿は見えず。


その際へ仕掛けも投入。



ジワジワ。


浮きがシモったので合わせ。

ベラちゃん。


いきなり針飲まれてぜんぜん取れん・・・。


ベラが絶命する前に、
糸切って逃しました。



開始1投目にして、
針結び直し。




2投目は左手のサラシの切れ目へ。


別の跳ね返りの潮も合わさって、
モゾモゾと怪しい感じ。



モゾ・・・


浮きが動いた・・・よなぁ


グゥーーーン!!



浮きが一気に消し込んで、

竿が絞りこまれる。




かなりの重量感。

デカイグレ?と思ったら


ガンッ!グーーン!ガンッ!



叩くやつやんけー。


もとい、なんの魚でも、
まずは釣らんことには分からん。

グレだって叩くことあるし。




竿で溜め込んで耐える。
ギリギリまで糸は出さん。


グゥーーーン!!グググ


グググ



軽くなった・・・ぞ。





チモト切れバラシ。


コッパちゃん。



とりあえず、グレがいてホっとする。




ここからサイズアップを狙わんとなーと
やっていると、

またコッパ。






左手のサラシは

右へゆっくり伸びて流れているっぽいので、

撒き餌はよりも沖・右へ仕掛け投入をズラしてみる。




グィーーーン



コッパより強いよーー


毒魚。


さっき一瞬見えた、
オレンジだか黄色の群れはこのアイゴっぽい。




サイズは20cmぐらいやし、

もうちょっと大きかったら持ち帰りキープするけども、

この子はリリース。





あらたに釣り師さんお二人がやってきた。

どこへ行こうかと、
相談してるなぁーと見ていたら、

僕の左右の離れた場所へお一人ずつ。




左へ行くかたと、
すれ違いに軽くご挨拶。


口数少ない感じのフカセ師さんで、
でもなんか年季入った感じ。


9時前。


餌取りだか、グレだか分からんけども、

刺し餌は取られる。



でも、浮き当たりは小さくて、
波なのか、潜り潮なのか、

よく分からん。



遠投も試すが、

釣れるのは、ときおりコッパグレ。



なんだか、浮きも波に負けてか
シモリがちで、


それを利用するつもりで、
潜り潮でホバリングしての

張ってみたりもするもラチがあかん。



浮き変えてみよっかなぁー

浮きをu/0→0へ。


変更後の一投目。


シューーん!

明確に浮きが入った。



やっぱ仕掛けは変えてみるもんですね。

コッパ・コッパ・コッパ。


撒き餌と仕掛けの投入点ズラシ。



明るくなってきたからか、

コッパグレがわっさわさと海中に見えるようになってきた。





この中にデカイグレも混ざっているのか?と、

棚を浅くしてみたり深くしてみたり。



そんなことをシている間に、

ここまで無風だったのが、

正面か右手から3-5mの風へ。





潮はほぼ止まった状態となった感じで、

表層が左のサラシ方向へ流される。



浮き当たりも出にくくなってきた。




どないしたらエエか分からんし、

早起きで疲れてきたので、休憩。

11時。

チャーハンをおにぎりにしたシリーズの、
創味シャンタンチャーハン。



釣り場で食べるおにぎりが好きなんですが、

チャーハン系って、またなんか旨いっす。


シャケっ高菜っ明太子っ


光のカーテン。



見慣れた景色やけども、

やはりキレイなもんです。



あとは、持ち帰り魚が釣れたら
それでMANZOKUなんですけども、

道は遠い。


釣れない後編へ続きます。

-------------------------------------

|

« 短文・キープZEROなのに、最後ホッコリした釣行 | トップページ | ブチきったのはイズスミだったと断言するモジャ男・後篇 »

釣りのアレコレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 短文・キープZEROなのに、最後ホッコリした釣行 | トップページ | ブチきったのはイズスミだったと断言するモジャ男・後篇 »