« 短文・朝真面目・昼不真面目・夕真面目 | トップページ | 晴れときどきアラレのグレ狙い・毒魚キープの後篇 »

2021年12月21日 (火)

晴れときどきアラレのグレ狙い・コッパのみの前篇

針の大きさは都度変えてますけども、
まずは広層グレ 5号を基本として開始です。





足元への撒き餌には魚は見えず。


おらんのかよーと思ってたら、
刺し餌が取られる状態へ。





誘導3.5m設定だったのを、

ハリス分の3mへ変更し、

道糸を投入直後から張り気味に。

 

 




0浮きがその潜り潮で沈んでいって、

気付かぬうちに餌が取られる。




糸たるみ過ぎ?と、
浮きが水中でホバリングをし始めたら、

ときおり張ってみたりして、

手元か竿先に当たりこないかとやってみる。



目標は30cmオーバーのグレ一匹。


どこにおるんやろぉーと、

やっていたら、

足元のキワ近くに
チョウチョウウオがわらわらと。




でも、沖には出て行かないで、
沖で食うのはコッパグレ。



分離?
一点集中?


やってみながら、
道糸の置き方を考える。


グインっ!!



ええ感じに潮受けが馴染んでいってるなぁーと思っていたら、
浮きが一気に消し込んだ。



グイーーーーン!!


叩かないで走る魚。




ええサイズのグレやないかぃ!?



足元へ突っ込んで来るのを

竿でちょいと強引に溜めようとしたら

ガンッ!ガンっ!!

道糸出さんようにしようと思いすぎて、

無理に溜めたような感じもある。




竿のしなりも
もっと使えたような・・・後の祭りやけども。





潮は当て気味となって、

浮きは足元へ寄ってくるようになった。




でも、足元のサラシは強いので、

また沖へ出て、戻って。




なんせ、仕掛けが安定しない状況。



パラパラパラ




気づけば、アラレも降ってきて、

超寒い。




指先が痛くなってきて、

ちょい休憩を挟むと、

またアラレもやむ。




書きながら寝落ちしたので、
続きは後編へ。



-------------------------------------

|

« 短文・朝真面目・昼不真面目・夕真面目 | トップページ | 晴れときどきアラレのグレ狙い・毒魚キープの後篇 »

釣りのアレコレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 短文・朝真面目・昼不真面目・夕真面目 | トップページ | 晴れときどきアラレのグレ狙い・毒魚キープの後篇 »