« 浮き当たりが小さく苦戦・あれこれやっても突破口の見えぬ前篇 | トップページ | すき家「ほろほろチキンカレー」ならミニがオススメ »

2021年12月14日 (火)

ブチきったのはイズスミだったと断言するモジャ男・後篇

 

釣れてはないけども、

のんびりしている。




1週間に1日しかない休み。

身体も疲れているし、

精神もまぁまぁ疲れている。




海を眺めるってのも、

また休日の使い方として、悪くない。




頭も視界もかなりスッキリしたので、
釣り再開。



撒き餌入れてなかったので、

すぐには食って来ずに、餌残りと思ったら、

また、コッパグレ動き出す。




でも、すぐに散っていなくなったようで、

餌残り。



潮は動いていないし、

足元のキワかなぁー。

30cmあるなしのイズスミちゃん。

この子も、ウンコ漏らさず。




最近、寒くなってきたし、
鍋用に持って帰ろうかと少し悩む。

カワイイから逃がすことにしました。

kawaiiは正義です。






あと、せめて、
もう少し大きいイズスミが釣れたら、

持ち帰るという気持ちもありまして、






同じ左手のモゾモゾあたりを探ると、


グインっ


ガツっ!!






左手の上手いフカセ師さんは、

イサギも釣っていた。





僕が掛けたのは、

イサギではない。


誰がどう考えても、
イズスミだと断言しよう。



 

太陽さぁ~ん。イズスミだよねぇ~。



・・・。




太陽は無言だ。






とにかく、釣れ。

夕間詰めのチャンスタイムだよ。


 



餌が残る。


残るよなぁーと思っていたら


ガツっ!





また、チモトで切られた。

2秒も持たないのです。




撒き餌もなくなるし、

針結び直して、ラスト一投。





無反応。




泣きのラストもう一投。





無反応。餌残り。







撒き餌を流そう長嶋茂雄して、
撤収します。




うぅ~んどうでしょぉ~ぅ

いわゆるひとつの惨敗です。



サンマリン。


-------------------------------------

|

« 浮き当たりが小さく苦戦・あれこれやっても突破口の見えぬ前篇 | トップページ | すき家「ほろほろチキンカレー」ならミニがオススメ »

釣りのアレコレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 浮き当たりが小さく苦戦・あれこれやっても突破口の見えぬ前篇 | トップページ | すき家「ほろほろチキンカレー」ならミニがオススメ »