« 秋のベッタベタの凪のフカセ・前編 | トップページ | 10年前の式根島旅行のビデオを見た話し »

2021年11月12日 (金)

秋のベッタベタの凪の中でグレ41cmがなぜか釣れた後編

ここまで0浮きの全誘導をやってきたけども、

着水直後から道糸を張って、
やっとウリ坊の当たりが出て釣れるぐらい。



なんとも、グレやら、マダイやらが釣れる気配はなく、

マダイ狙いで深く沈めるにも、
その前にウリ坊に瞬殺されている感じがする。



どうにもならない感じなので、
とにかく仕掛けを変える。


全誘導から、
少しでも当たりの出やすい誘導仕掛けへ、
ウキ止めと半円シモリ玉を入れる。

ハリス3mと道糸30cmぐらいの誘導。




16時。

というか、なんか空が一段と暗くなってきたような・・・。


エエサイズの魚の引き。


竿のしなりで耐えつつ、

左へ走るのに合わせて道糸を巻き取るも

すぐに足元の根へ突っ込む。



こりゃアカン。



水深1mないぐらいのとこへ
突っ込んでいる感じ。



一気にリールを巻いて、
とにかく根から剥がさないと。



グ、ググゥーーー


剥がれて動いた。

なんとかなりそうなので、
とにかく浮かせるように巻き取る。



バシャバシャ!!


グレやんけっ!




タモ入れする間に切られたらアカンので、

波にのせて、
そのまま磯へズリ上げる。


なんか知らんけども
マグレで良型のグレが釣れてしまった。



嬉しいけども、
なんで釣れたのか分からん。


・他の釣り人の殺気が消えた説

・突如の雨で魚の警戒心がなくなった説

・仕掛け作り直しているうちに、
 餌取りになっていたウリ坊が消えた説

・全誘導から誘導仕掛けに変えたのが良かった説



なんなん。

たまたまこのタイミングで、
魚の食いが上がるという、

夕間詰めの時合い的なやつなのかも。

 

ネンブツかよぉ~。


16時半すぎて、
もう夜釣りに入るぐらいの感じかも。



まぁ、マダイ来る可能性あがってくるので、
期待しつつ続行。





あ・・・





海面にモゾモゾと波紋が見える。



これは間違いない。

湧きグレだっよねぇーーー!!


そのまま仕掛けを遠投して、

湧きグレの場所まで寄せてきてから、

ハリスを張りつつゆっくり沈ませる。



でも、食ってこない。




湧きグレいなくなる前に、
早くせなぁーと、

浮きをハリスに入れてーの、
ウキ下30cmの表層の湧きグレに引っ掛ける作戦へ。



その一投目。


グンっ!


グイィーーーーーーン!!






強いっ


40cmオーバーのグレか!?

と、思ったら、なかなかの速さで横走。



青物か?_


竿でためるようにしたら、

表層でバシャバシャ!!





シルエットが長いんやけども。


そのまま磯へズリ上げ。

 

堤防の人が少なくなっているので、
そこでもうちょっとだけ釣りしてみる。

足元にはワッサワサとネンブツダイの群れ。

正面20m沖までは、
それに瞬殺される。


右斜め30m沖で、
餌が残ることが分かったころには、

もう暗くなって浮きもなにも見えない。


マダイ狙いで、電気ウキ付けても続行もエエけども、

グレはキープできているし、

食材としては、もう十分。




今日はここで撤収。



-------------------------------------

|

« 秋のベッタベタの凪のフカセ・前編 | トップページ | 10年前の式根島旅行のビデオを見た話し »

釣りのアレコレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 秋のベッタベタの凪のフカセ・前編 | トップページ | 10年前の式根島旅行のビデオを見た話し »