« 幸せとは・自問自答 | トップページ | 秋のマダイ狙いのはずが、デカアジ36cmなやぁーつ »

2021年11月16日 (火)

堤防タチウオ釣り・当たりが小さいなら誘いに工夫ってことなのかも

足元ギリギリは狙わず。

どうせ、ガッシーが食ってくるので、
餌の無駄かと思いつつ。




何も起きない時間を過ごして、

まだ真っ暗な4時半。



微妙に潮が右へ流れ出したような感じ。


浮きがモゾモゾして、
餌がカジラれる。


タチウオ?

いや、フグかもせんけども。




半信半疑で、
とにかく道糸に張りをもたせて

当たりを出しやすいように。




スゥーーー



これは、当たり。

間違いない。


しっかり待って、
浮きが深く入ってからの合わせ。


グイーーン

水面で、ときどきパシャっ!と音がする。



小魚が騒いでるんか、

それとも水面にタチウオおるんか。



浮き当たりなく餌も取られだしたので、

更に浅くして、棚3.5m設定。



放置したら当たりがなく、
回収すると餌残り。



誘いを入れると、
反応する場合がある。


 

 

5時半前。


ちょんっという誘いではなくて、

スススと、ゆっくりと巻いて
1秒ほど棒浮きが横に倒れてから、

そのままテンションを張って
餌を落とすような誘い。

これが、この日の有効戦術となりました。


モゾモゾ


また来た。

タチウオ3匹目。


いつもフカセでやる誘いよりも、

さらにゆっくりしたこの誘いが食い気を誘ったのかも・・・。

 

そして、4匹目。


まだまだ当たりはある。

でも、浮きが入っても、かからんこともある。




おいやんも、タチウオを釣った。
群れがさらに内湾に入りつつあるのかも。





僕はタチウオ4匹でMANZOKU。

寒いし。



あったか~い缶コーヒーを買いにいく。




もう、冬らしく寒くなってきたので、

缶コーヒー飲むのが至福ですよ。



手もあたたまるし。





釣座へ戻ったら、

またもうひとりのおいやんがやって来た。



なんでも、少し前までの
1ヶ月間。

仕事前の6時半まで
毎日タチウオ釣りに通っていたらしい。



それも、連日の爆釣が続いたらしく、
場所の取り合いで、
昼間でも釣れたとか。



入ってきたよぉ~

教えてくれて、

内向きの内向き。




ベッタベタの内向きの海面。

僕は半信半疑。





おいやんらもみんな内向き狙いへ。

浮き当たりがそれぞれモゾモゾ出ている。




この日は、
ゆっくりしたスススーの誘いが効果あったので、

僕はそれを早速ためしてみる


すぐにモゾモゾ。


浮きが横になったまま停止。

待っても浮きが沈まないので、

合わせを入れてみる。



グゥウーーーーン!



この日で一番強い手応えで、

間もなくあがってきたのでぶっこ抜き。


よぉぃしっ!

なんかエエサイズやんけ。




この秋からのタチウオ釣りで、
一番太い指3.5本サイズ。


ここで、そのサイズはエエよぉーと、

おいやんらと楽しい時間。



この場所でのポイントと、

攻め方も教えてくださって、
ありがたかったです。




そして、タチウオ6匹目も追加。


投入直後に反応がなかったら、

ゆっくりした誘いで、すぐに当たりが出た状態でした。


バラシも1匹。





間もなく反応がなくなって沈黙。


こんなときの有効なポイントへ移動したおいやんが、

お見事の1匹釣っていました。

 

 

もう明るくなったし、
僕はカマスが釣りたいので、

外向き?狙い。



餌は取られることはあるけども、

なんとも針掛かりさせられず。



足元でゆうゆうとコッパグレが通過して、

イトヒキアジも泳いでました。


 

途中でパシャパシャと小魚が騒ぐこともあったけども、

そこへ仕掛け投入しても何も起きず。





そろそろカマス飲ませでシオ狙いかと思うけども、

今年はカマスが特に少ないらしく、

むずかしい状況なのかも。




料理好きなおいやんの奥さんが、

タチウオ2匹あったらダシとれると言っていたので、

もうMANZOKU過ぎる僕やし、
1匹貰っていただきました。


ウンコもしたいし、腹も減ったので、
8時撤収です。


運もあってか、
ゆっくりの誘いのパターンが分かったからか、

僕にとっては、
これで食べるに十分過ぎる釣果でした。






他の地元のおいやんからもお話しを聞きましたが、

ここのところは厳しい状況。


ちょっと前は、かなりの爆釣だったみたいです。





カマスは釣れなかったことの反省点としては、

ハリスを2号まで細くするのと、

針をもっと小さくして試すことだったかも知れません。





なんせ、餌は取られるタイミングはあったので、

そこで、仕掛け変更を素早く出来るかが、
鍵だったかも知れないですね。

 

 



思いついたら、
すぐにやってみる。



この冬のフカセでも、
これはやったらオモロイことかも知れないです。


-------------------------------------

|

« 幸せとは・自問自答 | トップページ | 秋のマダイ狙いのはずが、デカアジ36cmなやぁーつ »

釣りのアレコレ」カテゴリの記事

コメント

 スーさん、お久しぶりです。
大忙しの時期もやっと終わりました(笑)一年で一番大きい行事も、信頼できる友人二人に手伝ってもらったので、非常に楽しく仕事ができました。何も言わなくても先を読んでやってくれる。こうゆう人達と仕事をすると、ホントに安心感がありますね。しかも二人とも釣り仲間なので、仕事の後も盛り上がりましたよ(笑)

 19日には黒潮町の地磯に、後輩と行ってきます。
久しぶりの地磯なので非常に楽しみですね。渡船の時間も気にしないでいいし、ゆっくり楽しみたいです。
「思いついたら、すぐやってみる」これこそ、釣果アップの秘訣ですよ!あと、常識に縛られない事も大事です。
誘いは、どんな釣りでも有効なので色々やってみるといいですよ。

 この時期は尾長が狙えるので、潮通しの良いポイントでやってみても面白いと思いますよ。串本あたり良さそうじゃないかな?では、また。

投稿: ユウジ | 2021年11月17日 (水) 午前 12時12分

ユウジさん>
まいどおおきにっ(^^)/

フカセをやっているおかげで、
他の釣りでも応用が効くのが、だんだんと分かってきたところです。

常識にとらわれない仕掛けってのが、
まだ試せてないし、
思いついても無いですが、

もっと色々と試しつつ、
打開策を見いだせる引き出しを増やそうと思っています。

南紀でも、まだ尾長狙えるようでして、
地磯で40オーバーは獲っている人もいます。


スルルーでは、スジアラも釣れた情報が、
最近もありましたので、

どの釣りをやろうかと、
迷う日々が続いています。

12月に入ったら、
もう寒グレのフカセを本格化して、

短時間ならデカアジ狙いというパターンに
なるかと思いますが、

今季も寒グレ釣れるもんなのか?と、
自分の腕には不安しかないですYO♫


でも、それがまた
楽しくもあるんですけども。

明日は、黒潮町の地磯ですね。

安全で楽しい釣果を願っております。

投稿: スー | 2021年11月18日 (木) 午後 09時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 幸せとは・自問自答 | トップページ | 秋のマダイ狙いのはずが、デカアジ36cmなやぁーつ »