« 2021年・夜釣りモンハン最終釣行・後編 | トップページ | 秋のベッタベタの凪の中でグレ41cmがなぜか釣れた後編 »

2021年11月10日 (水)

秋のベッタベタの凪のフカセ・前編

空いていた場所をポイントとして、
準備開始です。


*************************************************
フカセ仕掛け
竿:NFT アドバンス磯 1.5号 530
リール:シマノ ハイパーフォース C3000DHG
道糸:シマノ ファイアブラッド ZEROストレッチ ナイロン 2
ハリス:スーパートルネード 2号・3m道糸直結
オモリ:なし
浮き:Tフェニックス 0
針:グレ 6号→7号

刺し餌:生オキアミM
撒き餌:生オキアミM・グレの舞

*************************************************

今回の竿はいつもの1号ではなくて、
1.5号にしたのですが、

これは秋のマダイの可能性があるために
そうしてみてます。

田辺でも、そこそこ釣れてるみたいやし、
僕は秋にはマダイ釣ったことがないので、

それもオモロイかなぁーと。



あとは、グレを釣りたいところですが、
潮も動いていないし、

難しいかも。




まぁ、とにかく何かしらの魚をかけて、
フカセの攻め方を楽しみたいという考えです。


ヘダイでも食ってきたら、
これがまた爆走されてオモロそうやなぁーとか思いつつ。




仕掛けは全誘導。

当たりは取りにくいので苦手やけども、

食いが悪い中では
効果あるかも?という考えです。





右手にはおじいちゃんフカセ師さんが
3人ほどいて、

コッパグレだか、小さめのチヌだかを掛けています。



いちおう、魚は活性はあるので、
期待したいところ。


潮目は右手のおじいちゃんポイント近くには
ゆるーく出てますが、

僕の射程範囲は、ただただベッタベタ。



セオリー通りに、
まずは足元から様子見。


撒き餌には、
ゆらゆらと餌取りが少し出てきているようやけども、

なんともやる気がない。

 

グイッ

ガッシーちゃん。

kawaiiですねぇ~。



シューン

キタマクラちゃん。


縁起悪い名前ですねぇ~。


お前は悪くないんやけども。



足元の反応が悪いので、
ちょい遠投して、

沖の様子もみます。



沖の方ならば、
ものっそいゆっくりと左へ流れている感じ。


撒き餌の投入点を変えながらやってみたり、

一投前の撒き餌の流れた左に仕掛けを入れてみたり。




そうこうしてるうちに、

シュンっと浮きが入りまして、

チャリコ太郎。


一応はマダイ系が動いているようやけども、

このサイズが群れていたらやっかいやなぁー。



チャリコが釣れた14時半頃から、

浮き当たり小さめで
餌が取られるようになってきて、

でも、なんとも針掛かりしない状態。




グレ浮いてきてるんかなぁーと、

浮きをハリスに入れて、
ウキ下30cmの全誘導へ。


単純に仕掛けを投入して
待っていたら刺し餌とられるだけで、

浮き当たりが無いに等しい。




投入直後から巻き取って
仕掛けをまっすぐに張った状態に、


シューーン

またウリ坊ちゃんかよー。


もの凄い群れているようで、

着水直後から食ってきます。





大きいイサギなら、
持ち帰って塩焼きか、干物にしたいけども、

このサイズじゃぁ何とも。

 



撒き餌と刺し餌を離していって、
10mも離したら餌残り。



撒き餌に対して、
スゴイ反応してるっぽい。



撒き餌と仕掛けをそのまま合わせて

張っていたら、またウリ坊ちゃん。

 

 

 

かなりの遠投したら、
餌残り。



僕の正面に、
やっと潮目らしき大きな帯が近づいて来てるけども、

表層にはイサギ。

その下にグレとか、マダイがいるのかどうなのか。






このまま続けても、
なんとも良くならなそうなので、

仕掛け変更。





面倒がってたら、
あとちょっとで釣れるものも

釣れないままに終わるので、
思いついたら、とにかくやってみる。



後編へ続きます。

-------------------------------------

|

« 2021年・夜釣りモンハン最終釣行・後編 | トップページ | 秋のベッタベタの凪の中でグレ41cmがなぜか釣れた後編 »

釣りのアレコレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2021年・夜釣りモンハン最終釣行・後編 | トップページ | 秋のベッタベタの凪の中でグレ41cmがなぜか釣れた後編 »