« 秋の夕間詰めフカセ・ボッキリさんな前編 | トップページ | 和歌山県第3区・田辺市に住むモジャモジャが同意の方向で選挙にモジャる »

2021年10月30日 (土)

秋のヤエン・やっと獲れた小さめのアオリイカ・ヤエンの後編

2021年10月24日 
日曜の後半戦はヤエンです。


*************************************************

ヤエン釣り仕掛け

竿1:NFT 翔磯 1号 530 
リール:シマノ アオリスタBB C3000
オモリ:なし
道糸:アオリヤエンⅡ 2号
針:お徳用ヤエン針 M
ヤエン:フルタ ダブルアームS

餌:活きアジ

*************************************************





もう日没やけども、
明るいうちは当たりなし。

 

暗くなった頃にヤエン
水面でパシャパシャ。



何かの小魚が、
フィッシュイーターから逃げてる感じがするけども、



マダイ?だか何だか。


竿折れたし、

フカセも出来ずしゃーなし。




足元から5mぐらいにポチャっとアジを投入し、
アジの頭を沖へ向けて泳がせる。


ベールオープンでサミング。


今時期の活きアジはちっさくて15cmないぐらいやし、
力が弱いので、ベール開けてたほうが良く泳ぐ。



スルスルスルスル



今日のアジはよく泳ぐ感じ。



ビクンっ!

スルスルスル




逃げてる?のかなぁー。




いったんベールを閉めて、

アジが泳ぎすぎないようにして
置き竿で待つ。



・・・。




しばらくして
竿先のプルプルがなくなったので、

竿を持って聞いてみる。




プルプル

やっぱりアジ。



それも、左沖へ泳いでいたはずが、

右手前へ戻ってきている。




アオリから逃げてきた可能性があるので、

もっかい左沖へ足元から泳がせる。





しばらく泳がせたら
ドラグゆるゆるの置き竿で様子見。






竿先のプルプルがなくなって、

また沖へ泳がせ直して、

またプルプルが無くなった。



やっぱりアジ小さいから
そんなに泳ぐもんでもないよなぁーと

しばらく放置のスマホ釣法。



蚊が寄ってきてウザい。


もうだいぶ寒くなってきて、
防寒着を着てるぐらいやのに、

まだ蚊がおる。







もう真っ暗になった
17時45分。



竿先で聞いてみる。


そそそっ



プルプル




やっぱりアジか・・・。


と、ちょっと引っ張って
アジを沖へ向けていたら

グンッ ジーーーー




いまので誘いになったのか

アオリが食ってきたみたい。



ジーーーー ジッジッ


勢いよく引っ張ってすぐに止まる感じ。

なんか、あまり大きくなさそう。





ドラグゆるゆるのまま
いったん竿を置いて様子見。



昨日みたいに、
道糸出し続けるなよぉー。


と、思っていたら、
しばらくジーーーっとやったあと止まった。



そこから30秒ほど待って

アジ食い逃げされたら嫌なので、

気の短い僕は竿を持ってみる。




そそそっ



竿先にアオリイカらしき重み

でも、昨日のようにすぐに反応はしない。

あと、アオリも軽くて小さい感じ。






竿立てた分だけ巻き取って、

もっかいそそそっ



もっかいそそそっ

グっ・・・




軽い逆噴射の反応。


でも、なんとかなりそう。




このポイントは、
そんなに根も荒くないし、

砂地も多いはず。たぶん。



やはりヤエン入れる前にはある程度は
浮かせた方がヤエンの根掛りも少ないはずなので、

しばらくゆっくりとゆっくりと寄せる。



竿は、フカセで使う1号竿やし、

柔らかくてエエ感じ。





しばらくゆっくりと寄せてきて、

アオリもそこまで抵抗しなくなったし、

近くまで来てるので
ヤエン投入。




まぁなんとも昨日はバラしてばかりだったので、

ヤエンの送り込みもかなり慎重に、ゆっくりと。




ボチボチとヤエンがアオリに届いたくらいで

グッ!



ヤエンで合わせ入れるって
方法もあるみたいやけども、

何度かやってみてバラシ経験が多いので、
いまだによく分からない。



とりあえず竿を寝かせて、

ヤエンをアオリの下へ潜り込むように・・・


で、そそそっ・・・と竿をゆっくり立ててヤエンを送り込む



グッ!ジジジー

ヤエンに掛かったっぽい。



ドラグ閉めて

ゆっくり巻いて寄せに入る



グッ!フッ・・・

バラシ・・・たよなぁ。

 

竿先があきらかに軽くなった。



ヤエン付いたままやけども、

そのままテンションフォール。



根はそんなに荒くないはずやし、

ヤエン根掛からんといてくれ・・・。



10秒ほどしたら

グッ!ジジジ



またアオリが食ってきた。

ヤエン付いたままで、
また食ってきたのは、たぶん初めてやと思う。




そそそ・・・


グンッ ジーー


もうヤエンがアオリの近くにあるのは間違いないので、

ドラグ閉めてゆっくり巻いてみる。



間もなく水面に浮いて寄せてきた
アオリが見えたのでライトオン。


小さいので、
そのまま波にのせて磯へズリあげ。



やっと釣れたよ。アオリイカ。

サイズは300gないぐらい?だと思う。


小さいけども、嬉しい一杯。

これでやっとアオリイカの刺し身にありつける。



時合いかもせんので、

すぐにまた死にアジをそのまま投入。

待っても当たりはないので、

次の活きアジへ交代。



アジは暴れることはあったけども、

その逃げた場所へ再度泳がせても、

アオリは食ってこず。



アジが逃げ切った感じ。



19時過ぎて、
もう腹減ったので、帰ることにする。



アオリイカは1杯だけやけども、

これでビール飲めるからいいのだ。



満潮で途中が水没。

まぁ、ルートは明るいうちに見てるし、
そもそも20m以上の幅広い平らな場所なので、

この日は大丈夫。


前に、この近場の別ポイントで
水没してちょー怖かった覚えもあるので、

ほとんどの水没ポイントでは

これはオススメ出来ないけども。



長靴の足首ぐらいまでの場所を
ジャブジャブ歩いて帰還。



で、さっそくザックリと捌いて
雑ながらのお刺身です。



ビールに最高。


ひさびさのアオリイカは
やっぱり美味しかった。



こういう時間がまた
やっぱり楽しい。

--------------------------------------

 

|

« 秋の夕間詰めフカセ・ボッキリさんな前編 | トップページ | 和歌山県第3区・田辺市に住むモジャモジャが同意の方向で選挙にモジャる »

釣りのアレコレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 秋の夕間詰めフカセ・ボッキリさんな前編 | トップページ | 和歌山県第3区・田辺市に住むモジャモジャが同意の方向で選挙にモジャる »