« 警戒されまくりの秋のヤエン前編 | トップページ | 秋の夕間詰めフカセ・ボッキリさんな前編 »

2021年10月27日 (水)

警戒されまくりの秋のヤエン後編

2021年10月23日 土曜の後編。


明るいうちは当たりもないままに
2本竿のヤエン。



18時前。



ジーーーー!!

ジーーーー!!


と、突如はげしく道糸を引き出す当たり。



しばらく待って、
止まってから寄せにかかると

ガンっガンっ!




ひさびさのアオリの当たり・・・

いや、なんかちゃうぞ。



歯跡がついて帰ってきたアジ。

こりゃあウツボやったわ・・・。

 



それでも、やっと当たりが出だしたので、

待ちかねた僕としては嬉しい。



何も起きないのが、
何よりつまらんし。


真っ暗になった18時過ぎ。



ジーーーーーーー


アオリっぽい当たりで、
道糸が引き出されます。


それも、秋の子イカならば、
比較的激しくギャギャっと音がして、

すぐに止まる印象があるんですが、

なんだかゆっくりめに長く引き出される感じ。

 

 




・・・。

止まるまで、とりあえず待つかね。



ジーーーーーー


ジーーーーーー




待ってもぜんぜん止まらん。




もう、ゆっくり寄せにかかって、

調教モードしかないかもなぁー。




そそそっ
ゆっくりと竿を立てる

 

くっ

竿にアオリの重みを感じた。


グーーン!



すごい警戒されてるんですけど・・・。


警戒心を薄れさすために、
またいったん待ってみようとするも、

ジーーーーーーーーーーー

ジーーーーーーーーーーーーー


ぜんぜん止まらんやんけっ




アジのサイズは15cm以下の小さめやし、

食い逃げされそうなので、

もうとにかく慎重に寄せにかかります。




そそそっ


グンッ!!



の、警戒モードを

3回ほどしたら、
アジを離されるという。


アジの頭を落とされた状態なので、
まだ食ってくるかと、

そのまま仕掛けを入れ直すも、

無反応。




また次の活きアジへ。


ジーーーーーーーー

速攻で当たってきた。




あらためて待ってみても、

やはり道糸が引き出され続けて、
いっこうに止まる気配がない。



アオリが群れになっている場合に、

他のアオリにアジを取られまいと移動し続けるというのも

聞いたことあるし、

はたまた、やけに潮が沖へ流れているのか。



ジーーーーーーー



ぜんぜん止まらず、
道糸がどんどん出ていくので焦る。



さっきよりももっと丁寧に
ゆっくりと、

寄せにかかってみよ


グンッ!!


警戒心半端ねぇぞ。




しばしば待ちつつの
数回の寄せで、すぐに離されました。

 



尾っぽ近くまで食べられたアジ。


移動してるんやけども、
しっかり食ってる。



待ってたらアカン。


それにしても、

まだ秋だってのに、
もうアオリすれてんのかよ。



15分ほど経っての
18時半。



ジーーーーーーー


間もなく当たって、

時合いなんやろうけども、
どうにも警戒心は強すぎるようで

やはり寄せようとすると、
すぐにグンっ!となる。



活きアジも食い逃げされてるし、

どうすべぇーな。



沖がけってやつかな!?



ということで、

アオリはまだ引っ張ってきますが、
もうヤエン投入。


すでに距離は離されてるし、
浅い釣り場なので、


ヤエンが根掛からないように、
竿も立てての

送り込み。



アオリの重みを感じたら

速攻でグンッ!!とされるので、


より慎重に、

でも、確実にヤエンを沖にいるアオリまで

届かせるように。


ちょっと重みを感じたら、
すぐにゆるめるぐらい。



ボチボチ。

ヤエンも届く頃かなぁー


グンッ!!



あぶねっ

ベール開けて道糸ゆるゆる。



もっかい竿を立てて聞いてみると
グンッ!!


フワッ




また離すんかいっ




それにしても、

アオリシーズンに入って毎回思うことやけども、

重さ・サイズの感覚が分からんくなる。




ここまでのやり取りでの
竿にかかる重量感と警戒心からすると、

500gぐらいありそうな・・・。

でも、感覚分からんなってるから、
結局、300gとかかも・・・とか思ったり。




で、少したった19時過ぎ。

また当たるんですけどもねぇ・・・。



ジーーーーーーーー



やっぱりまったく止まらん。


待っても意味ねぇ。


ぜんぜん寄せれてなくて、
むしろ道糸だされまくってるけども、

沖がけと思ってヤエン投入。



もっとゆっくり。

慎重に。



フッ・・・



またかよ。



アジ食い逃げが続きます。

どうしたらええか分からん。

 



後ろを振り向くと子ネコがずっと待ってるので、

アオリに食い逃げされたアジを
後ろへ投げておきました。




ネコ大好き・アジ好きぃ~♪




19時45分。

ええかげんに釣りたいんやけども。



ジーーーーーーーーー

 

アオリイカは頭が良いんですよね。

こうやったらアジ食い逃げ出来るって分かったら、

しっかりそれを繰り返しているような感覚。




むちゃくちゃに食われました。


そして次のアジも。



当たりはあるので楽しいけども、

どうしたらエエかもはや分からんまま。

活きアジもつきました。




いや、もう一本の竿のアジは

ずっと無傷で元気です。



竿入れ替えて、

それを沖向きでアオリの反応ある場所へ投入。



・・・。




無反応なのかい。




そのままアジは息絶えまして、

ネコに食い逃げラストのまるまる一匹となりました。

 



20時半に撤収です。

 




にしても、夜はホンマに寒くなってきましたね。


ワークマンの防水防寒着を着ての釣行でしたが、

これで、ちょうどエエぐらい。




夜釣りモンハンでの
ガチンコ勝負からの、

爆弾処理のような慎重さが必要な

ヤエンでのアオリ狙い。



感覚がぜんぜん違うし、

竿捌きがまったく違って難しい。




ヤエンは当たりがないと
僕はオモロくないのだけれでも、

この日は当たり多かったので楽しめました。




でも、解決策は見つからず。

アオリ美味しいから食べたいのですけどもね。




いきなり警戒心ありすぎの
新子シーズンの開幕となりました。



--------------------------------------

|

« 警戒されまくりの秋のヤエン前編 | トップページ | 秋の夕間詰めフカセ・ボッキリさんな前編 »

釣りのアレコレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 警戒されまくりの秋のヤエン前編 | トップページ | 秋の夕間詰めフカセ・ボッキリさんな前編 »