« クエ自己新記録65cm!in和歌山県南紀地磯 | トップページ | とりあえずまぁ(とりま)「クエのアラ出汁スープ鍋」を作りました »

2021年10月 5日 (火)

大人の姿をした子供以下の赤ちゃん・タチウオ釣り

2021年10月3日 日曜。


朝遅めに起きてから
クエの下処理と料理で3時間かかる。


そして、疲れてまた昼寝。


食材としては、
もうすでに十分やけども、、

タチウオ釣りはオモロイので、
夕方から出発。






田辺市堤防へ17時着。


ベタ凪で釣り人も多め。

中学生らしきも沢山釣りに来ている。

 


僕は東京で育ったので、
こんな海が近くて遊べる環境はまったく無かった。


そういう意味ではうらやましい。


でも、意外と
田辺市に育っても、

そんなに釣りしてない人も多くて、
なんだか宝の持ち腐れというか、

もったいないなぁーと思うことも沢山ある。



当たり前のことに
価値が沢山あったりするんだけども、

僕も含めて、けっこうそんなこと
考える機会って少ないんやと思う。


ただ単に、
普通に生活出来るだけでも、

病床の人や、
老人からすれば十分に思う存分に活きれる状態やと思うけども。



暗くなってきたので、
急いで準備開始です。


*************************************************

浮き釣り仕掛け
竿:ダイワ DXRメガチューン 尾長SP50

リール:シマノ ハイパーフォース C3000DHG

道糸:シマノ ファイアブラッド ZEROサスペンド ナイロン 4
浮き:ブルーナイト1.5号(電気浮き)

オモリ:サルカン(3/0?)+ガン玉を適宜
ハリス:エクシード 5号・1.5mサルカンでつなぐ

針:カマス 15号
  
刺し餌:キビナゴ

*************************************************


当たりないなぁーと
棚を変えつつやっていたら、


左端角の人がタチウオを釣る。



ちょい遠投っぽいけども、
僕の仕掛けでは届かない距離。




潮はほとんど動いていない。

遠投か、足元か。



足元から10mほど先にあった浮きが、

ピョコッとした後、

ゆっくり入っていく。



しっかり浮きが沈んだ後、
走ったのが見えてから合わせ。


ガツンっ!



気持ちの良い手応え。

でも、そのあとのタチウオってのは、

急にやる気がない状態になって、
ひょろひょろと浮いてくる。




まずは1匹目。


まわりでもポツポツとタチウオが釣れている。



子供連れの家族が隣にやってきた。

堤防にあがったら危ないので、

下からワインド投げてるけども、
ぜんぜん飛ばないし、

足元も見えない立ち位置なので、
なんとも釣れそうにない。





僕は足元狙い。

タチウオ2匹目追加。


まだまだ足元で当たりが連発して、
バラシもあるけど、

タチウオ3匹目を追加。



浮きがしっかり入ってから、

走るのに合わせてのガツンっ!



これがオモロイ。




真っ暗になった18時半には

家族連れも帰って、


時合いも止まって反応少ない状態へ。



まぁ、でも
タチウオ3匹釣れたら、

僕はMANZOKUなので、

19時前にして、片付けをはじめる。

 



ゴミがいたるところにあるので、
足元の数個だけ持ち帰りました。

なんで、コレっぽっちのゴミが持ち帰れないのか。



このゴミを捨てたのは、
おそらく中学生ではなくて、

ええ年齢の大人やと思う。



そう思うと、
年齢だけ重ねただけで、

ロクな考えもない大人ってのは、
世の中に多いのだなぁーと思わずにはいられない。



中学生とか、子供とか、
純粋であるほど、そう見られてしまう所がある。


なんだ、大人ってそんなもんか・・・

と、ナメられる。



そして、無意識にそれを見習ってしまう子供。



やるせねぇーわ。


 



持ち帰った3匹のタチウオ。


ありがたき海の恵みですわ。

いただきます。


 

--------------------------------------

|

« クエ自己新記録65cm!in和歌山県南紀地磯 | トップページ | とりあえずまぁ(とりま)「クエのアラ出汁スープ鍋」を作りました »

釣りのアレコレ」カテゴリの記事

コメント

スーさん、クエの自己新記録、ホントにおめでとうございます。ついにやりましたね(笑)やっぱりクエの魚体は格好いいですね。65センチならベイシスBG4号は余裕だったんじゃないかな?でも、これ以上大きいと大変な事になりそうですね(笑)やはり諦めない事が大事ですね。

 私の方は11月の仕事の準備中です。
色々大変ですが、終わったら釣りに行けるのでモチベーションは高いですよ。11月は、尾長を視野に入れての釣行です。武者泊か、予算が許せば鵜来かな?多分ブチブチやられると思うけど、それも楽しいし。尾長はブランクがあったらホントに難しいです。鵜来で本気で60を獲ろうと思ったら、時間と資金がないと無理ですね。単発の釣行で獲れるような魚じゃないですから。まあ、今は昔みたいにガツガツしてないので、楽しければOKです(笑)
では、また。

投稿: ユウジ | 2021年10月 7日 (木) 午後 09時19分

ユウジさん>
やりましたよぉ(^o^)/
ここまでの釣れない日々が長かったですが、
エエくえを釣ることが出来て、

続けて良かったなぁーと思います。


ベイシスBGの持つ性能も、
やっと使えた感じがします。

まだまだ余裕はありそうでしたが。

11月でも尾長狙えるんですね。
聞くからに難しそうですが、

面白そうだとも思います。


・・・例の、連泊したら、
エエ磯にのりやすいって所もあるんですよね。

それだけ、夢のある釣りだとも思いつつです。

良い釣果出るとエエですね(^^)

投稿: スー | 2021年10月 8日 (金) 午前 06時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クエ自己新記録65cm!in和歌山県南紀地磯 | トップページ | とりあえずまぁ(とりま)「クエのアラ出汁スープ鍋」を作りました »