« 短文・夕立の釣り | トップページ | カマス・タチウオ釣り・雨で18時半撤収パターン »

2021年9月28日 (火)

どMなウツボの刃を怖がるあまりにタモを海へ・・・な夜釣り釣行・新規開拓編

2021年9月25日 土曜。

この日は新規開拓に行くことにしました。




以前に、
先行者のおじいちゃんがおったのを

遠くから見ただけで、
ポイントの様子は分からない場所です。








17時に仕事が終われたので、

直行で釣り場へ向かい出発。


なんとも準備は出来ており、

朝の仕事行く前に、
釣具は車へ積んでおき、

ガイさん方式で、
昼間におにぎり・パンを買っておいて、

それを食べながら南下。



もう日没が18時ころになっているので、
最速で向かうのが、やっぱり重要かも。







なんか、うしろに見覚えのある車が・・・

と、思っていたら、

しばらくして、見えなくなった。




ほんで、駐車ポイントに到着すると、

ちょっとしてやってきた。


!?

ガイさん!



ちょうど、前を走っていたので、
着いてきてみましたよぉー。


じゃ、行ってみますかぁ~。




どんなポイントかも分からんので、

軽く話しただけで、
一緒に行こうとも言えんなぁーと思っていた新規開拓ポイント。

ダメもとでも
一緒に調査に行ってみることにしました。



折り口もうる覚えで
えっちらおっちらと歩きます。


ガイさんはタフガイなので、
まったく心配してないですが、

それより僕のほうが息があがりやすい感じ。


思ってたより、まあまあキツイ。



そして、なんとか薄明るいうちに
ポイント到着。




それにしても、
ゴミがほとんど落ちてない。



このポイントへ来るような釣り師さんたちは

当たり前として
ゴミは持ち帰っているという事。



当たり前過ぎて、
書くのもどうかと思うんですが、

どこでもそうですが、
釣りに行かれる方は
ゴミは必ず、持ち帰りをお願いします。



プラスチックや缶なんかは、
そうそう自然には分解されないので、

広い自然があるからーと、
捨てて良いものではありません。






さておきですが、

波2.5m予報に反して、
海はベタ凪。風もない状態。





海を観察しながら一服し、
仕掛け準備します。

ウミガメもいないし、
一安心ですわ。ホンマ。



僕はフカセモンハン。

ガイさんはブッコミです。



*************************************************

フカセ釣り仕掛け
竿:シマノ ベイシスBG5号 

リール:シマノ ツインパワー8000HG

道糸:PE6号
浮き:ブルーナイト 1.5号

オモリ:サルカン3/0?
ハリス:フロロ 20号・3mサルカンでつなぐ

針:極太タマン 20号
  
刺し餌:イワシ・イワシブロック(小さめ)
撒き餌:イワシブロック・米ぬか

*************************************************




あっという間に真っ暗。


とりあえず、針にゴム管オモリを刺して、
水深を測ってみますと・・・

足元で7-8m。

むっちゃ深い。



これは足元狙いDAYONE。



その足元からも少しハエ根が見えたので、
あまりギリギリまでは攻めずに、様子見。


餌が残るので、

さらに深くしていって、
根掛り覚悟でやってみる。



浮きに微妙に反応があるけど、
おそらく根に当たってる感じ。

刺し餌が少しボロボロになって帰ってくる。


深すぎかなぁーと、
また少し上げてみたり、下げてみたり。


潮が止まっているので、

浮きはほとんど動かず。


サラシもほぼ無い。




ガイさんのほうも、

餌残るらしき。


キビナゴ使っても明確な当たりなくて、

ちょっとボロボロになって帰ってくる事があるぐらい。




うーーむ。

待つしかねぇかなぁー。



しばらくして、
水面にピカピカと小魚らしきが見えだした。

それにまじって、
ときどき大きめのピカッと光るやつ。


・・・まさか、ウミガメ・・・。

いや、分からん。
デカイ魚かもせんし。






19時半。


あまりに餌が残るので、
すこしずつ足元ギリギリに寄せていって、

根掛りしない範囲も探りつつ。




モゾモゾ


なんだかそれまでとは違う浮きの動き。

少し沈んでは、また浮いてくる。




回収してみると、
餌は取られている。

なんかおる。




数投後、


モゾモゾ


ススス


浮きがしっかり沈んでキープ。



早合わせ禁物やし、
モンスター級が来たら海に落ちるので、

座って身構えて待つ。


ススス


スィーーー


電気浮きがしっかり沈んで

真っ暗な海に消えていく。




もうエエかっ合わせ



グイーーーー



重い。


でも、走らない。



コレは・・・


とりあえずゴリゴリ巻いたら浮いてきた。



ノーライトタモ入れは
3回目で成功。




やっぱウツボかよー。


それもタモ網を噛んだままグルグルスクリューするもんで、
むちゃくちゃになっている。


グルグルしすぎて、
絡まってもはや動けんし・・・。

どMかよ・・・。




僕にはそういう趣味はないので、

針は外してあげて、

グルグルを逆回転させて、

強制どM解除。





なんか、ぐったりしているウツボ。

網から外れたけど、

手でウツボ持ってるけど、

いつ動き出して
どMの刃で血みどろにされるか分からん。




怖いわぁー。

と、ウツボを海へポイっ。



ドサっ

ウツボがなぜか手前に落ち・・・


ドポンっ

なにかが海に落ちた。




タモがない。


足元に置いてあったタモがない。




やってもうたぁあああ!




まだウツボのどこかに
タモが絡まっていたのか、

タモが海へ落ちました・・・失態。




ウツボを海へ帰すつもりが、

タモを海へ帰すってねぇ・・・。

それもゴミになるし、
失敗した・・・わ。



近くに落ちたウツボは
あらためて海にお帰りいただきました。



タモ網は近くに沈んだと思うので、

あらためてタモを針掛かりさせて釣り上げるため、

足元ギリギリや棚深めで探る作戦へ。




根掛りっぽいモゾモゾでも、
タモ網かもせんので、

引っ掛けるつもり。





で、


スススー


また、浮きが入った。

待ってから合わせなと思ったら、


シュンっ!


一気に消し込んだ浮きに合わせっ


クッ



軽ぅっ




回収すると、素針。

合わせ早かったのか・・・な。



でも、魚が寄ってきたのか、
当たりが出て状況はよくなってきた(タモ落とした以外は…)






さぁ、デカイの掛かってこい。

タモ網ねぇけども、
こっちにはガイさんがおるでな。

タモ入れてくれるから、
2対1やでぇええ。



・・・。




・・・。




沈黙。当たりなし。



風がやけに強くなってきて、
ビュービュー。


もはや寒いぐらい。





あまりに当たりがないので、

ガイさんは内湾側も探りに行った。




僕はもはや、

タモ網を救出するために竿を出してるぐらいのつもりで、

磯際ギリギリガールズ作戦。


ビュービューと、
ときに10m越える強風。


さぶいよ。

 


心折れそう・・・

そして心折れて23時過ぎに撤収。




帰りの山道がこええ。

そして、僕は仕込んでいた
イノシシよけの、

おもちゃのピストルを打つ。


パァーーーん





野生動物出てきたら怖いですよねー。
シカでもビックリしますよね。

と、ガイさん。


そうやねー。
シカとか車来ててもぜんぜん逃げんし。


逆に近づいてくるとかねー。


あるよねー。



上り坂が滑るので、
息きらしながら登る。


小石が転げて落ちる音が、

野生動物かもと、こええ。




そして、また
おもちゃのピストルをパァーーン!


びっくりしたぁ~
打つと分かっててもびっくりしますよ。



と、息きれてシンドイけども、

ちょっと楽しかった帰り道でした。

--------------------------------------

|

« 短文・夕立の釣り | トップページ | カマス・タチウオ釣り・雨で18時半撤収パターン »

釣りのアレコレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 短文・夕立の釣り | トップページ | カマス・タチウオ釣り・雨で18時半撤収パターン »