« テンション上がらん夜釣り | トップページ | 今日一日を生きた人とともに・恥部 »

2021年9月 9日 (木)

釣りブログの写真にモザイク書けるなら股間だけにせぇよ。

写真一枚から伝わるものって、
なんですかね?



答えは人それぞれで良いと思うんですよ。


波でも風でも、

場所はどこなのか?でも、どの方向に竿を出しているか?でも。



時間帯・天候。





何より雰囲気です。

ザックリと言えば雰囲気です。




その場に行っていなくて、

ブログを読んでいるだけの人に伝えられる
写真が持つ雰囲気。空気感。




僕は自己満足のために
ブログを書いています。




と、同時に、
読んでくれる人に
読んで良かった、オモロかったと、

少しでも思ってもらえたら、

それもまた自己満足になります。






にしても、
モザイクや、塗りつぶしの写真って、

ブログ書く僕にとって、

ぜんぜんテンション上がらん。




海面だけを映した写真とか、

足元だけとか。




まず、画角が悪いんだよ。
画角が。




 



 



 



同じ被写体を写しても、
ぜんぜん違うんですわ。

どれが一番とは言うことはできないですし、
それぞれが選ぶものでもあるんですが。


画角による表現ってやつが、
自身の思うものに沿っているかどうか?

それが重要です。





 

それらも相まって、

地元の人しか行かないような、
マニアックな地磯は、

場荒れを防ぐために、
モザイクや塗りつぶしをしてきましたが、


その写真を使ってブログを書いていて、

やっぱりテンション上がらんなぁーと思うわけです。

 



どうすか。



海があって、風と波と空があって、

その中で釣りをする人の姿。



これでしょ。これ。








そう思いながら、改めて思ったのが、

僕自身、釣りをしながら、

その景色を楽しんでいるということです。




釣果はモチロンあったほうがエエけども、

同時に、景色を楽しみたいし、
それを読んでくれる人に伝えたい。



なんせ、釣果自慢のためにブログは書いてないし、

オレ、スゲーってタイプではない。



負けず嫌いではなく、

負けても楽しかったMANZOKU。





モザイク写真載せて、

ブログ書いても楽しくねぇ。


じゃあそんな場所行かんかったらエエやん。



この写真好き。







地磯での釣りを
今後もブログに書けるように、

場所を選んで行こうと思いますが、


「場荒れ」を思う人の基準って、
ないですよね。

勝手にそれぞれが思ってるだけ。









どのマニアック度合いのポイントなら
場荒れで、

堤防なら場荒れでないか。



どこに釣りに行っても、

ブログに書いたら場荒れって思う人はおります。





その基準は、
僕自身で納得の行くように選ぶしかないと思いました。








あ、あと、

僕の思う場荒れってのは、

「ゴミ捨てるんじゃねぇよ。ゴミくそ野郎」

ってのが、ほとんどです。



僕のブログを読んで、
同じその地磯、その堤防で釣りする人たちにお願いなのですが、

「ゴミは必ず持ち帰って欲しいです。」


そしてできれば、
自身のゴミと、他に誰かのペットボトルやゴミ1個だけでも、

持ち帰ってくれたら、
ありがたいなぁーと思っています。



沢山ゴミが落ちている場所でも、

釣り人が来たことによって、
たとえ1個でもゴミが少なくなれば、

100人来れば、100個ゴミが減る訳です。




僕は大変面倒くさがりですが、

せめて、目の前に落ちていたゴミは1個だけでも、

持ち帰るようにしています。



善意でもないし、
苦労でもない活動。


どうぞよろしくお願いします。









あらためて、

写真をまともに載せれる場所へ、

釣りに行かないとなぁーと

ブログ書きたい僕としては思った訳です。




自分で読んでオモロイと思えなかったら、
書く意味ないし、書く必要ないし。

そんなもん、存在する意味ない。





そういった、独断と偏見の僕基準によって
書かれるブログってやつが、

誰かの毒か薬になってくれれば良い。





誰かのために生きてるって奴は嘘つき。

それをお前が望んでるからだろうが。




誰かに迷惑をかけないように、って奴も嘘つき。

それをお前が望んでるからだろうが。







それをより明確に思いつつ、

ブログを書きます。


--------------------------------------

|

« テンション上がらん夜釣り | トップページ | 今日一日を生きた人とともに・恥部 »

釣りのアレコレ」カテゴリの記事

コメント

 スーさん、お疲れ様です。
写真をそのまま載せてしまうと場荒れにつながってしまうのではないか?でも載せないと、そこの雰囲気、空気感が伝わらないし、書いててもテンションが上がらない・・・。

 これは凄くわかるし、難しいところですね。
最近は平気でゴミを捨てていく連中や、ライトのマナーもなってない人達も多いし、人間としてのレベルの低下は嘆かわしい限りです。まあ、でも、ゴミがあれば拾えばいいし、自分の来たとき以上に綺麗にして帰ればいいか と最近は割り切っています。これは、幼い頃から親父に徹底的に教えられましたから(笑)自分の息子もしっかり受け継いでくれています。

 釣りはホントに景色、雰囲気、空気感ですね。鵜来や武者泊の磯に行けば、たとえ釣れなくても、その場所に居るだけで幸せを感じますから(笑)日頃のストレスも吹っ飛びます。

 私の方は車の調子が悪いので、明日修理に出します(泣)まあ新車で買ってから25万キロ走ってるので、調子の悪い所がでてきました。来年あたり買い換えかな?
では、また。

投稿: ユウジ | 2021年9月10日 (金) 午前 01時31分

ご不満ならご自分で一からポイントを探し、アツい場所を見つけてそれを惜しげも無く紹介したらどうですかね?

マニアックなポイントをアナタにコソッと教えてくれた人がいるわけですがそれをオープンにすることを、教えてくれた人が喜ぶと思いますかね?その人は世間に広く知らしめてくれって理由で教えてくれたんでしょうかね?
「楽しく釣りしてる君にご褒美だよ」って感じだと思います。
親切心で教えたマニアックな場所がある日、大勢押し寄せてゴミ増えて荒れて近隣に迷惑掛けてってなったらどう思うでしょう。もはやゴミ捨てるなって呼びかけしたからどうって話じゃない。
教えた人はこう思うでしょう「こんなはずではなかった」「もうあいつには教えまい」と。
個人の満足と引き換えにするにはあまりに釣り合いがとれないと思いますよ。

HPだったりブログだったりSNSで情報を簡単に得られる時代ですが、地磯の情報って本来は足で稼ぐ物でした。
それを簡単に紹介してくれる人をそりゃ皆さん重宝がりますわ。褒めもすれば煽てもしますわ。
脱いだ脱いだって靴下しか脱がないコよりゃ谷間の一つでも見せる方が盛り上がりますわな。

投稿: ある名無しさん | 2021年9月10日 (金) 午後 09時52分

ユウジさん>
ありがとうございます。

ゴミ問題は、
僕自身で出来る範囲でやっていくしかないですわ。

もうおっしゃる通りです。


書くこと、写真を載せることによる
場荒れ・ゴミ問題ってのも

必然だと思うので、
書き方ってやつをもっと工夫せなぁーなぁーとも
思いつつです。

にしても、25万キロ走った車って
スゴイやつ・相棒ですね。

修理して元気になるとエエですね。

投稿: スー | 2021年9月10日 (金) 午後 10時39分

ある名無しさん>
コメントありがとうございます。

おっしゃる通りでして、
僕自身もいままでポイントは開拓してきてますが、

さらなる開拓をしつつ、
それをどこまで公開するかを

判断せねばならないと思っています。

人に教えてもらったポイントには、
今後も行かないとは言い切れないので、

行った際は、
やはり情報を規制していかねばならないとも
思っております。

地磯の情報は足で稼ぐとは、
まさにその通りだと思います。

なので、足で稼いだ人が
分かる程度の写真にしようと思ってもいましたが、

まだまだ考えが甘かったようで、

今の事態になっているとも思い、

まだまだ浅はかだったと
反省している所もあります。


良い釣果のブログを書くときは、
とくに、

ゴミ捨てる輩が
嫌な気分になる文章を書くか、

笑いをふくめた警告を必ず書くという
方向で書くように考えていますが、

どうでしょうか?

自らが探索したポイントで、
それをやっても、

結局は、ネットの利便性によって、
ゴミを捨てる輩が寄ってくる可能性は

十分にありますが、
どの程度の効果があるのか。

一番の解決策は、
「ブログを書かない」ってことだと、

僕は思っています。


または、「まったく場所の情報がないブログを書く」方法かと。

投稿: スー | 2021年9月10日 (金) 午後 10時51分

はじめてコメントさせて頂きます。
私は何気無しにはじめて田辺の漁港へ行き釣りをしました。その後、南紀の景色の素晴らしさにまた釣りに行きたいと思い、ネットで調べている内にスーさんのブログにたどり着きました。
その後、スーさんのブログの綺麗な風景の写真やその行動力、考え方に惹かれ、いつしか地磯釣行にはまり、年数回の釣行ですが、いつかスーさんにばったり会えること、そしてこのブログ更新を楽しみにしています。

確かに私のようにブログの写真で何処で釣りしてるのかなあと現地探索する人もいて、場荒れを指摘する方の気持ちを察する事も出来ますが、私はゴミ拾いや安全に関してなど、スーさんのブログで学び、これまで以上にこの自然を綺麗なまま後世に残したいと思う人もいますので、それだけ伝えたくコメントさせて頂きました。
以前、インスタで初めて釣った魚について、丁寧に魚種を教えて頂き、とても嬉しかったです。

投稿: たな | 2021年9月11日 (土) 午前 01時18分

たなさん>
なんだか生き返るような思いです。

ありがとう。ありがとうございますm(_ _)m

こんなブログなのですが、
また読んでくださると、
むくちゃくちゃ嬉しいです。

僕の悪いところは、
ゼッタイに真似してはいけないシリーズですよ。

スーのモジャ野郎おぅ~アウトぉ~♪

な、ときも多々ありますので。

でも、タイキックはどうしても避けたい。

投稿: スー | 2021年9月11日 (土) 午前 06時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« テンション上がらん夜釣り | トップページ | 今日一日を生きた人とともに・恥部 »