« 2021年四国遠征3日目・後編の大雨の夜釣りで濡れ濡れ | トップページ | 2021四国遠征4日目・前編はじゃこ天のための愛媛北上作戦 »

2021年8月20日 (金)

2021年・独断と偏見による「愛媛県・じゃこ天ナンバーワン決定戦」絶対食べて欲しい旨さ

大雨でザーザー・グッシャグシャですが、

じゃこ天食べまれるならテンションも上がるというものですわ。




巡った順番は別として、

書きますよ。




第1位

「島原かまぼこ」のじゃこ天です。

 

他にも色々とありますが、
まだ食べてないので、なんとも言えんです。


続きましてー


第二位


「伊方きらら館」の横にあるじゃこ天です。

僕がかつて愛媛県松山市に住んでいたときに、

ココが一番美味しいと思って、
何度も買いに行っていたじゃこ天です。


その記憶がどうなのか?と、
こんかい久しぶりにいってみましたが、

僕も師匠も第二位としました。

ジャリジャリ感はしっかりあって、

旨味もかなりありますが、


島原かまぼこよりは控えめ。


逆に言えば、

あまりジャリジャリするの好きでない人は、
こっちの方が好みかも知れません。

 

言うても、
きらら館横もかなり美味しいです。

 

さつま揚げとは違う、
じゃこ天としての美味しさを存分に感じられると思います。

どんぶり館という名前なので、

どんぶりがスゴイ充実してるかと思いきや、

それはそうでもないです。

また、別に旅行記として書こうと思います。

まわりの皮がかなりしっかりしていて、
旨味が深いです。

中身としては、
ちょっと甘め。

ジャリジャリ感は少なめです。


ハランボの旨味はありつつも、
より食べやすくさつま揚げに寄せたような味わいだと、

僕は思いました。





以下は、順位付けがたいですが、

巡ったお店について書こうと思います。



佐田岬の先端付近、
伊方町三崎にある「じゃこ天 清海」


そのすぐ近く

三崎名産センターのじゃこ天も食べましたが・・・。

 






それぞれに美味しかったですが、

ジャリジャリ感は弱めでした。








人それぞれの好みがあるので、

なんとも言えないところもありますが、






独断と偏見によるじゃこ天ナンバーワン2021。


「島原かまぼこ」の宇和島じゃこ天が最高。




ちなみに、

僕の住む和歌山県田辺市でも、
スーパーで宇和島のじゃこ天は売ってますが、

ぜんぜん美味しくない。





僕自身もまだまだじゃこ天で知らないお店が
ものすごいあると思うので、

次回はさらに踏み込んで、
マニアックな専門店も食べてみなければなぁーと

思っています。




このブログを書きながら、

また旨いじゃこ天が食べたくなってきました。



肉で言えばジャーキーに近いぐらい、

魚の旨味が凝縮していて、
香ばしく、食感も面白いじゃこ天です。



今の子供は
魚をあまり食べなくなったと

言われていますが、


このじゃこ天は魚食の救世主になり得る可能性が
おおいにあると思います。


だって、食べやすくて、
ちょー旨いですから。


--------------------------------------

|

« 2021年四国遠征3日目・後編の大雨の夜釣りで濡れ濡れ | トップページ | 2021四国遠征4日目・前編はじゃこ天のための愛媛北上作戦 »

食べ歩きレポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2021年四国遠征3日目・後編の大雨の夜釣りで濡れ濡れ | トップページ | 2021四国遠征4日目・前編はじゃこ天のための愛媛北上作戦 »