« 2021年・大人の夏休み・高知・愛媛遠征をザックリと | トップページ | 2021年四国遠征2日目・めぐりながら南西部を目指したのち焼き肉・釣りはやめておく日 »

2021年8月16日 (月)

2021年四国遠征1日目・渋滞の原理と回避・実際に事故も目撃


前の車と、
かなり車間距離を取った写真なので

伝わりにくいですが、

前の車は何度もブレーキ踏んで、止まってを
繰り返しています。



そして、僕のすぐ後ろにいるトラックは

僕の後ろをかなり距離をあけて走っています。




そうなんですよ。

コレは大胆にも見習わなぁ~ね。







事故は起きておらず、

工事も無いのに発生する渋滞。



関西では、宝塚のトンネル付近が有名ですね。




下り坂・トンネル・合流地点などで、

誰かがブレーキを踏むことで、

車間距離を詰めて走っているその後ろの車がブレーキを踏んで、

それが連鎖して、より速度が落ちて渋滞となる現象です。




まさに、この日もそれで、

事故も工事も邪魔になるようなものは無いのに渋滞。




渋滞してるなら、少しでも前に進まなきゃ。

車間を詰めて、なるべくスペースを縮めないと・・・。



と、車間距離とらない前の車が、

次々とブレーキを踏んで、
止まっては進み、止まっては進み。



9割ぐらいの車がそうです。

渋滞を更に悪化させる悪循環。



自ら止まったビー玉が
後ろのビー玉と次々とぶつかるような現象。




これを解消・悪化させないためには、

なるべくブレーキを踏まない運転をして、

そのために車間距離を広く取る事が重要です。




なので、僕も後ろのトラックの運転手さんに見習って、

時速10kmないぐらいの速度で、
ノロノロ進んで、

あえて、前の車との距離を10-200mぐらい空ける状態で走行します。


ブレーキ踏んだら負けゲームです。




でも、ほとんどのドライバーが分かってないようで、

僕の後ろのトラックの後ろには、

距離をギリギリまで詰めたがる車列が・・・。





あぁーーーあ。意味ねぇ。




渋滞の原理については、
コチラにも書いてますので、

参考までに。




当たり前っちゃあ当たり前かと思っていたのですが、

意外とまだ日本でも
知られてないみたいなので。


渋滞原理解説:NEXCO西日本
https://www.w-nexco.co.jp/forecast/trafficjam_comment/index2.html#:~:text=%E4%B8%8B%E3%82%8A%E5%9D%82%E3%81%8B%E3%82%89%E4%B8%8A%E3%82%8A%E5%9D%82,%E3%81%AB%E3%81%AA%E3%82%8A%E3%80%81%E6%B8%8B%E6%BB%9E%E3%81%8C%E8%B5%B7%E3%81%93%E3%82%8B%E3%80%82




湯浅に入って、
2車線道路になる前ぐらいから渋滞は解消。






あぁーやっとまともに走れるわぁー

と走っていて、

海南へのトンネルへ。




右の追い越し車線には、

車間距離詰めた状態でぶっ飛ばす車も数台。


あ・・・軽トラでものすごいぶっ飛ばしてる人おるなぁー。







少し走ると、
なんだか前方でチカチカ


えっ 車止まってないか?



前にいた車が右へ避けたのが見えて、

間違いなく事故ってる車あり。



車間距離が80mぐらいまだあるので、
右後方の追い越し車線を確認してから

右車線へ回避。



さっきの爆走軽トラか分からんけど、

軽トラが事故っていて、
後部が焼けてるような・・・


ドライバーは車から出ている。

事故直後か。





ガ、ガンッ


一瞬何か見えて、
僕の車がなんか踏んだ。



右の追い越しへ避けるのに気をとられて、

前方になにか転がってたのに
気づかなかった。


後方見ても良くみえなかったけど、
おそらくタイヤのホイールカバーかと思う。




やってもうたーと、

海南で高速降りてから

タイヤチェックしてみるも、

パンクはしてなくて、一安心。




・・・にしても、危なかったなぁ。



渋滞解消後も、
車間距離あけてたので

前方の事故車両は避けれたけど、

回避に気をとられて
何か落ちているのには気付くのが遅かった。

僕もまだまだ運転が危ない所がある。



いずれにせよ、
車間距離大事です。




それにしても、

21時40分発の船でしたが、

去年の深夜2時40分発よりも
ずっとガラガラでした。


座席には誰も座ってません。

ちなみにですが、
南海フェリー徳島行きには、
「かつらぎ」と「あい」という船舶があるんですが、

「あい」の方が広くてキレイです。



甲板は完全に誰もおらん状態。

舵を切りまくりました。



船舶「あい」の良いところは、

甲板にある椅子が
仕切りがなくて寝れる所でもあります。


「かつらぎ」だと、
1席ごとに仕切りがあるので、

寝るのに身体が痛えんですわ。



コロナ対策としては、
甲板にいるのがベストだと思うので、

そういう意味では、
「あい」のほうが快適です。

ガッツリ休むために、
船内で寝ました。

広いスペースがガラ空きで、
10人ぐらいがそれぞれ散らばっています。

1仮眠スペースに
1組ないぐらいでした。

23時55分。徳島到着です。


この船を選んだ理由がひとつありまして、

屋台 安兵衛の餃子に間に合うためです。



営業は深夜3時まで。

ラストオーダー2時半。




ギリギリ間に合う。




--------------------------------------

|

« 2021年・大人の夏休み・高知・愛媛遠征をザックリと | トップページ | 2021年四国遠征2日目・めぐりながら南西部を目指したのち焼き肉・釣りはやめておく日 »

日々のアレコレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2021年・大人の夏休み・高知・愛媛遠征をザックリと | トップページ | 2021年四国遠征2日目・めぐりながら南西部を目指したのち焼き肉・釣りはやめておく日 »