« 2021年・独断と偏見による「愛媛県・じゃこ天ナンバーワン決定戦」絶対食べて欲しい旨さ | トップページ | 短文・ウミガメは帰ってくれない »

2021年8月21日 (土)

2021四国遠征4日目・前編はじゃこ天のための愛媛北上作戦

 

まずは、愛媛県宇和島市津島町の

「道の駅 津島やすらぎの里」へ。

 

なんか、おかしい・・・。

休館してるっぅううう

 

このやすらぎの里に、
島原かまぼこがありまして、

超旨いじゃこ天を食べれました。



これで、僕の機嫌も治りましたよ。・・・よ。

「とんびに注意!!」


とんびは、セセリの焼き肉だけでなく、
じゃこ天も狙ってくるのだと思います。



ほんで、更に北上しまして、


やっぱり、どんぶり系が充実してるんかなぁーと思いきや、

田んぼにでっかいマンモスがおるっ!!

広くて、とてもキレイな道の駅。

でも、土砂降りなので、
走って建物へ入ります。


ここでまた、
ショッキングなものを発見しました。

みかんジュースの数がスゴすぎる。


それも値段は300-700円ぐらいで、
400円ぐらいの商品が多いです。


この棚の裏も・・・まさか。

みかんジュースで埋め尽くされている。

大瓶のみかんジュースも
ずらぁ~とならんでます。

1本1万円すいる高級品・・・。

誰が買うんや・・・。



と、思いながらも、

ちょっとお金があるなら、
僕も小瓶を3本ほど買って試し飲みしたいなぁーと思いました。

そういう余裕のある家庭とか、
団塊の世代とかを狙った売り方かと思いますが、

愛媛おそるべしです。



ブランドの作り方としては、

和歌山は紀州南高梅で全国トップ。


みかんも、やり方次第でまだまだ伸びそうに思います。



モチガツオ・椎茸なんかも、

まだまだアピールできそうに思うんですが、

・・・ねぇ。和歌山。




みかんジュースの蛇口もありましたよ。


1杯400円と、ココは高めでしたけども、
100円のとこもあるらしき・・・。

併設された市場。

和歌山でもみる魚ばかりですが、

ヒイカと伊勢海老が安かったです。

 

中には大きな水槽がありまして、

この海で見られるカラフルな魚が沢山泳いでいます。

この魚種。
名前分からん・・・。


プロジェクションマッピングの海も
無料で見れます。


魚を触ろうとすると、

逃げたり、大きくなったりと、
リアクションがあります。



マンボウが怖いです。


そして、サメが見れたらレアだとか。


原子力の水蒸気でタービン回して発電してる・・・よねぇー。

福島思いだすわぁーー。

 

にしても、雨が凄すぎて、

全国的に半端ない。



目の前にある海もドロ濁りで、

なんとも、釣りは絶望的。



さて、どうすべぇか。

雨雲の中を走って、

川の流れ込みの影響が少ない場所を目指します。


予想が当たってれば、

まだマシなはず。


後編へ。

 

 

師匠のyoutubeに、
8月11日の焼き肉動画が上がってたので、
リンクしときます。

旅の感じが分かる・・・かも。

 

 



--------------------------------------

|

« 2021年・独断と偏見による「愛媛県・じゃこ天ナンバーワン決定戦」絶対食べて欲しい旨さ | トップページ | 短文・ウミガメは帰ってくれない »

日々のアレコレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2021年・独断と偏見による「愛媛県・じゃこ天ナンバーワン決定戦」絶対食べて欲しい旨さ | トップページ | 短文・ウミガメは帰ってくれない »