« 短文・サバダバサバダバ言ったあと、無反応ゾーン | トップページ | ひさびさのフカセ釣り(大雨後)・持てる全てでエエ釣果でなくても美味しかったりする肴 »

2021年7月 5日 (月)

ひさびさのフカセ釣り(大雨後)・フグのちサバ軍団の前編



それなりに沖側に出た場所ですが、
かなり濁っていて、

水潮キツそう。


まぁ、とにかくやってみます。




サバ軍団が占拠してくる可能性もあるので、

餌はボイルオキアミM1.5kgのみ。
海水に浸した状態でパラ撒きでやります。

(短時間釣行なので、撒きすぎなぐらい撒いてるかも)



針はグレ4号のやつ。








足元に撒き餌すると、
蛍光ブルーのグッピーだか、ネオンテトラみたいな魚が・・・。


釣れたら、家で熱帯魚飼育出来るかもせんけど、
いままで針掛かったことないやつ。

足元から5mぐらいの範囲でやると、

微妙なモゾモゾあたりがあって、
餌がカジラれるか、取られる。




道糸を張り気味で落としていったら、
当たりが若干分かりやすくなったけど、

素針。素針。



針デカくしてみよかなぁー。

グレ5号?だと思うやつへ。



12時のチャイム。

潮が地磯に
少しずつ駆け上がってきてるなぁーと思ったら、

カニが一斉に穴から出てきた。




潮がきたどぉ~と分かっている様子。




こんなカニを捕まえて、
イガミやイシダイを狙う釣りもあるようやけど、

今日はボイルオキアミでの釣りで、
実験はせず。









潮はほとんど動いていない状態で、
風が左後ろから3-5mほどあって、

表層だけ風の影響で右沖へ
引っ張られがち。





ぜんぜん魚が釣れないし、
なんかフグらしきも見えて、

あいつかもなぁーと、
ライン張り気味でやっていたら。

サバダバサバダバァ~♪


サバ軍団襲来により、
ひたすらのサバタイムへ突入。






30cmオーバーのデカサバなら、
脂のってめちゃくちゃ旨いんやろうけど、

なんせ、この時期に南紀の地磯・堤防で釣れるのは小さい。



中紀の沖堤とか、
淡路島とかなら、デカイの狙えて

めっちゃ羨ましいんやけど、
こんど行ってみたろかい・・・とも思っています。









とにかく、サバ軍団が撒き餌に
集まっているので、


仕掛けを遠投して30m沖へ。




無反応のまま、
ボイル残って帰ってくる。


仕掛け投入点を近付けつつ、
仕掛けは深く入るようにやっていたら、

 

同じ方法で、






釣り番組を
テレビで録画して見てるけど、

フカセだけは、じっくり見るし。
※他は、だいたい飛ばして見てます。

 

これで、しっかり
エエ魚釣れるようになるなら、

もっと練習したいなぁーと思うわけです。

 


このあとも、
エエ魚は釣ることは出来なかったですが、

今日は書くのシンドイので、
別に後編へ。

--------------------------------------

|

« 短文・サバダバサバダバ言ったあと、無反応ゾーン | トップページ | ひさびさのフカセ釣り(大雨後)・持てる全てでエエ釣果でなくても美味しかったりする肴 »

釣りのアレコレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 短文・サバダバサバダバ言ったあと、無反応ゾーン | トップページ | ひさびさのフカセ釣り(大雨後)・持てる全てでエエ釣果でなくても美味しかったりする肴 »