« クエ狙いのキビナゴぱら撒きですが、ガシラどまりマックス | トップページ | 白浜GON地磯・何も釣れなくて・・・夏な後編 »

2021年7月27日 (火)

白浜GON地磯・活き餌確保のわらしべ長者になろうとする前編

内湾系の地磯見て、
ダメなら堤防かなぁー。



15時過ぎに出発して、
釣太郎白浜店で餌仕入れ。

夜釣りなら、
キビナゴかイワシブロックを使いたいところではあるけど、

なんせ、こんな天候に
お金がかけるのも何なので、

ボイルオキアミM 1.5kgだけを仕入れる。



明るいうちに
小魚を釣って、

それを活き餌に大物を狙うという、
わらしべ長者作戦(貧乏作戦。。。)にしました。



*************************************************

フカセ釣り仕掛け
竿:NFT 翔磯 1号 530  

リール:シマノ ハイパーフォース C3000DHG

道糸:シマノ ファイアブラッド ストレッチ ナイロン 1.75

浮き:TフェニックスM 0

ハリス:スーパートルネード 2号 3m道糸直結

針:グレ 7号→4号
  
刺し餌:ボイルオキアミM
撒き餌:ボイルオキアミM

小魚を確保するには、
針大き目のグレ7号です。

ヘダイとか、デカいの来ても
チモトで切られにくかなぁーと
思いつつ。



バフッ!!


目の前にデッカイウミガメが浮上。



・・・邪魔。



ウミガメ見て感動とか、
まったくない。


むしろ、釣りたい魚が
逃げてしまったり、隠れてしまうので、




ウミガメ寄ってない方が良いけども、

ブログには全部は書いてないけども、

だいたい地磯へ行ったら7割がたウミガメを見ておりまして、

しばらく目の前に居座っている状態どす・・・。





甲羅が1m超える巨大ウミガメと、

このあと子ウミガメもやってきてました…。








気を取り直しまして、
ボイルを足元へパラ撒きすると

出るわ出るわの小魚わっさぁー状態。




毎投餌は取られて、
浮き当たりも出るけど、

合わせても掛からず。




よりもっと、
足元のキワギリギリ。


浮きが入るのにやさしく合わせ、

クーーーン

2投目で釣れました。

10cmぐらいのちっさいアジ。


こいつもスカリキープ。





そのあとも、
アジは食ってきますが、

針はずればかりで、
やさしくやってもダメ。


針を小さくして効果あったのか、
よく分からんくなりました。




とにかく、浮きがしっかり入って、
魚が食っている状態と確信をもってから、

やさしぃーくやさしぃーく合わせ。



オヤビッチャ。
お前もか。



とにかく小魚はわっさわさに群れているので、

餌取られて、
手返しが早くなります。

で、なんだか頭がぐるぐる回ってきて、

暑すぎて熱中症になりかけてるのか、

もともと頭おかしいのか
分からんくなってきて、


しばし座って休みます。



バフっ!!



ウミガメ2匹がずっとウロついとるし、

小魚多いので、
良い感じの漁場になってるんやろうと思います。




18時でまだ明るいけど、

とにかく身体がダルイので、

ここから夜釣りの太い仕掛けへ移行します。



活き餌はコッパグレ2匹・子アジ1匹をキープ。





この状況では、
活き餌でウミガメ釣れるかもせんけど、

フラついて、
そのまま竜宮城へ連れて行かれないように

気を付けないとあきまへん。


去年の夏には、
ウミガメに引きづりこまれた人の話し聞いてますねん。

助かりましたけども。





あきまへんねん。




爽健美茶飲みながら、
ウミガメを眺めつつ。



後編へ。

--------------------------------------

|

« クエ狙いのキビナゴぱら撒きですが、ガシラどまりマックス | トップページ | 白浜GON地磯・何も釣れなくて・・・夏な後編 »

釣りのアレコレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クエ狙いのキビナゴぱら撒きですが、ガシラどまりマックス | トップページ | 白浜GON地磯・何も釣れなくて・・・夏な後編 »