« おもちゃのピストルが、命を守ってくれることもあるのかも | トップページ | 梅雨時期のディープフィッシング地磯・後編夜釣り »

2021年6月 7日 (月)

梅雨時季のディープフィッシング地磯・前編

グイーーーン!


上品な引きってこういう事やろねぇーうんうん。



ガンッガンッ!


叩いてるぅ~うう



潮は変わらず右へ行って、
サラシによって右斜前へ払い出される状態。

浮きが先行しがちなので、
たぶん上潮の方が速く進んでる?のかも?

浮きに抵抗をかけつつ
流すようにしようとするも、

当たりなく餌が取られる。



撒き餌が効いてきたのか、

足元のキワにはチョウチョウウオが出てきて、


その先にはウミガメが2引き。

そのうちの一匹は
ほぼ足元のキワで居座る。



ウミガメがいたらチョウチョウウオも出てこないし、
沖へも出ていかない。

ある意味、ありがたいが、
狙いの魚も逃げるので、

ウミガメ邪魔。

はやくどっか行って欲しいけど、
このあと日没までしつこく一体を徘徊してました。




撒き餌は足元で
仕掛けはどんどん右へ話して、

サラシの切れ目へ直接投入。

なんか浅いところ食ってるっぽいので、
ハリス分だけ巻いて張り気味。


シュンっ


で、コッパグレ連発モードへ。

撒き餌固定の足元で、
さらに仕掛けを遠く離すと
餌残り。


もうちょい仕掛け投入点を近づけたら

コッパちゃん。

でも、さっきより餌持ちは良くなって
仕掛けを張りやすくなったような感じ。



ちっちゃいオジサン25cmサイズ。


食べるに好きな魚なので、
ちょっと考えたけど、

オジサン保護しようとりりーちゅ。



このあとまたボイルに戻してみると
当たり無しの素針で、

ムッキーならコッパグレは釣りやすい状態。


18時半になって、
もう夜釣りのデカイのくるやもせんし、

仕掛けを太く変更。

なんせ、去年の今頃は
すでにフエダイ釣ってたので、
期待しときます。

まぁでも、
去年は暖冬・春も早かったので、
水温も高めだったように思いますので、

今年エエのか分からんですけど。



後編へ続きます。


--------------------------------------

|

« おもちゃのピストルが、命を守ってくれることもあるのかも | トップページ | 梅雨時期のディープフィッシング地磯・後編夜釣り »

釣りのアレコレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« おもちゃのピストルが、命を守ってくれることもあるのかも | トップページ | 梅雨時期のディープフィッシング地磯・後編夜釣り »