« QUEEN | トップページ | おもちゃのピストルが、命を守ってくれることもあるのかも »

2021年6月 5日 (土)

師匠がウナギ一匹釣ったから、ありつける釣り

波がときおり逆流して川を登ってくる状態。



師匠と二人で探って見るも、
餌残ってばかりなので、

前回、かろうじてウナギが釣れた
支流との合流点へプチ移動。


なるべく障害物がある場所を
ズリズリやって探る僕に対し、

師匠は投げ込んでから
竿は触らず。




まだまだ明るい18時。


もっと探ったらエエんちゃうかなぁーと
思っていたら、

置き竿の師匠に当たり。


ベール緩めてても、
竿ちょっと落ちそうな感じでしたが、

なんとか巻き上げて。

ちょいと動かして、
待って、

ミミズ弱ってたら、
贅沢に交換。

なんせ、餌残るし。



日没の19時すぎて、
今か今かと思いながら、

流れ込みポイントと、
支流との合流点ポイントを行ったりきたり。



もっと他のことせなアカンかもなぁーと、

支流との合流点ポイントで、
対岸の壁に仕掛けを投げつけて、

その下へポチャンと落として
キワ狙い。



コン・・・

コンコンコンっ!

 

とりあえず、師匠が釣ってくれたので、
天然ウナギにはありつけました。

僕がこないだ釣ったのよりも
ひと回り大きくて、

50cmちょっとありそうです。



僕はまだウナギ釣り自体は

そこまでオモロイ釣りとも思わないですが、

ミミズ獲ればエサ代かからんし、
ウナギは美味しいってのがあります。



そういう食欲から言えば、
ウナギ釣りって、魅力ある釣りかなぁーと思いつつです。


天然のうな重食べたら、
3000円以上しますし。

値段はおいておいても美味しいですから。


--------------------------------------

|

« QUEEN | トップページ | おもちゃのピストルが、命を守ってくれることもあるのかも »

釣りのアレコレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« QUEEN | トップページ | おもちゃのピストルが、命を守ってくれることもあるのかも »