« 和歌山県紀の川市「甘露寺」へ鬼滅つながりで行ってきました | トップページ | 6月上旬のベランダ菜園 »

2021年6月16日 (水)

折れた磯竿DXRを無理やり修理した話し

15100円。それも、生産終了。



高いし、生産終了やし。


あとで、タケちゃんから聞いたら、
生産終了になっていても、

在庫があれば取り寄せできるケースもあるとのことでした。



亡くなったMさんから
15000円で譲り受けた竿ですが、

15100円出して2番を買うなら、
お金ないし、BASIS2号を買いたいぐらい、

スーパードライな僕です。


物は物であって、
人ではないので。



それでもお金があったら、
2番買ってたかもせんとも思うのですが。



ともあれ、貧乏人としては、
残った部品で自分で修理するってのが

僕の基本なので、

折れた翌日にさっそく実行しました。

折れた部分の先と、その接着されたガイドは使えないので、

その折れた部分に合うように、
1番が止まれば良い訳です。

なので、1番の根本部分を太くするべく、
糸を巻いて接着剤でガッチリ固めてみました。


が、これが太くし過ぎて、

ぜんぜん手前から1番が止まって出て来ない状態。


何も巻かない状態やと、
簡単に1番が2番からスッポ抜けていたので、

念入りにやったつもりがやり過ぎました。






写真撮るの忘れましたが、

この巻いた糸は全部切って取り去って、

1番の根本部分には

接着剤だけである程度の層を作って太くしただけで、
ちょうど良いぐらいに止まるようになりました。


接着剤の凸凹があると
竿を伸ばして止まるのも不安定なので、

紙ヤスリで平らに調整はしましたけども。



で、実釣でガシラなどは釣れましたが、



なんか、穂先の曲がりが雑で変。

穂先の曲がり方が
スゴイ負荷が掛かって折れそうな感じ。





なんなんやろなぁーと調べてみると、

トップガイドの次のガイドが
無くなってる・・・。







折ったときに磯で無くしたんだと

思うんですが、

さて、どうしたものか。




ちょうど良いガイドを探しだすか、
ダイワで注文するか、

はたまた穂先を短く削って
バランスを取るか。



--------------------------------------

|

« 和歌山県紀の川市「甘露寺」へ鬼滅つながりで行ってきました | トップページ | 6月上旬のベランダ菜園 »

釣りのアレコレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 和歌山県紀の川市「甘露寺」へ鬼滅つながりで行ってきました | トップページ | 6月上旬のベランダ菜園 »