« 短文・マルボーズを二人してくらうとこうなる | トップページ | NISHIさんと釣りバトル3・二人ともマルボーズでドローという:静かなやつら »

2021年4月19日 (月)

2021年4月中旬・デカアジなしで中アジ6匹です

田辺市MR湾・アドベンチャーゾーン堤防へ
3時半着。


さすがの雨だからか、
対岸の大人気・立入禁止ゾーンにも

車が2台ぐらいしか泊まっておらず。

仕掛けを入れてみると、
やはりこのMR湾入り口付近は激流。


浮きが1号で
なんとか仕掛けが入って言ってる感じ。


誘導仕掛けで棚7mからやけど、
餌残り状態。


棚をだんだんと下げつつ様子見。




毎投ごとに
流れが右へ左へ、止まってなどと変わる。




ここで数回アジ狙いをしてきたけど、
やはり流れが止まったり、緩んだりするタイミングや。

流された先で、
流れが緩む場所を見つけたら、

そこで当たる場合がほぼすべて。



そういったタイミングや、
ゆるむ場所を探すのが、

エエんかなぁーと続けつつ。

やはり棚をいじったり、
ガン玉を足してみたりする。




夜釣りでは、
仕掛けが入っているかもよく分からんので、

ウキ止めまで入った際に、
浮きがちょっとシモるぐらいのオモリ設定にしたほうが、

分かりやすいよなぁーと思いつつ調整。



ときどきジワジワっと
当たりだか潮の流れの影響なんだか分からんぐらいの

浮きの沈みがあって、

餌がカジられる。



水面でパシャッ!と、

ボラではない何かが
出てくることもある。



棚浅いんかなぁーと、

9mぐらいまで下げていたのを

ハリス分の3mまで上げて、
張り気味で表層付近を探ってみる。




パシャが出るのは、

撒き餌のあとしばらく経ってからで
撒き餌よりもズレた潮下?なのか。


あとは潮がとどまっているらしき場所、
水道とかさまざま。




このままアジも釣れずに
夜明けで終了の予感・・・。

 

もう薄明るいですねぇ~。


浅めで釣れないので、
棚はまた7mへ下げて、

足元のキワから
水道まで広く探っている。 



足元から5mぐらいで
ゆっくりした流れ。


シュンっ!!

 

15cm越えぐらいの中アジで、
ぜんぜんデカアジには程遠いけど、

とりあえず釣れました。


このアジはスカリに忍ばせておいて・・・

時合いかもせんし急いで続行。




時合い到来。


なんか、こんな明確な時合いは久々かも。



仕掛けをいれるごとに
毎回当たりがあって、

掛けれないこともあったけど、


アジを次々追加。



大きくはないけど、

手元に来る当たりが気持ち良い。


5時半過ぎた頃から、
餌残りゾーンへ逆戻り。


雨も強くなってきて、
レインウェアの隙間から浸水して、

お腹が冷たい。



こりゃアカン。

風邪引いたら話しにならん。



でも、試したいのがあったので続行。

針を大きめの伊勢尼14号へ。

スカリで活かしておいたアジを使って、
飲ませ釣り開始。



ちょっと前にこの対岸で、
活きアジ使ってた釣り師さんが、

メジロらしきを2匹立て続けに
釣ってたのを見たし試したかった。


青物食ってきたらいオモロイやろなぁーと思って。

 




ずっとアオサギに見られたままの釣り。


プレッシャーかけてくるわぁ~。



そのうち、
アオサギは僕の後方へ静かに歩きだして、


嫌な・・・予感が・・・。

 

飢えた鳥

アジに気付けど

高楊枝




お前はエライやっちゃ。

バケツの近くまで見に行ったけど、
またちゃんと歩いてもどる。






6時半過ぎ。

雨の浸水もあって、
身体も冷えてきてシンドイ。


当たりもないので、
撤収とする。



アオサギはまだ待っていたので、

飲ませに使っていたアジをあげました。

15-20cmぐらいの
アジ6匹釣って終了。

30cmオーバーのデカいアジは釣れなかったけど、
今週もなんとかアジフライにはありつけます。

内臓の下処理をしていたら、
胃袋からはかなりシラスが出てきました。

これが美味しくて
アジは泳ぎ回っているんでしょうね。

その日の晩飯で、
NISHIさんと南紀の名店「とっくり」へ行った際に、

生しらすを僕も食べました。
※写真右端の小鉢


シラスうまいわぁ~。





アジも僕も同じで、

シラス好きってことで。




美味しいシラスは
やっぱりアジも好きなわけで。


姉さんっ。


※ドラマ「HOTEL」で
 姉さんが出て来るのを見た記憶がございません。
 姉さんっ。






--------------------------------------

|

« 短文・マルボーズを二人してくらうとこうなる | トップページ | NISHIさんと釣りバトル3・二人ともマルボーズでドローという:静かなやつら »

釣りのアレコレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 短文・マルボーズを二人してくらうとこうなる | トップページ | NISHIさんと釣りバトル3・二人ともマルボーズでドローという:静かなやつら »