« 愛しのマダイーSo Sweet♪ | トップページ | 潮動かずからのゆっくり動くタイムでマダイ »

2021年4月28日 (水)

オオスジイシモチ1匹だけだったマダイ狙い

満潮過ぎとは言え、
濡れすぎです。



しばらくキセルを吸いながら様子を観察していると、
この立ち位置のすぐ手前まで波が駆け上がってくることもあり。

タモもバッカンも流されかねないし、
ここはパス。

かなりゆっくりポイントを選んでましたので。

*************************************************

フカセ釣り仕掛け
竿:ダイワ DXRメガチューン 尾長SP50 

リール:シマノ ハイパーフォース C3000DHG

道糸:シマノ ファイアブラッド ZEROサスペンド ナイロン 4
浮き:ブルーナイト 1.5号

オモリ:大型サルカン(2/0)+ガン玉適宜
ハリス:スーパートルネード5号・3m道糸とサルカンでつなぐ

針:パワフルカーエー 10号

  
刺し餌:生オキアミM
撒き餌:生オキアミM・米ヌカ

*************************************************

ベイマルで売ってた
1000円以下の安い電気ウキ「ブルーナイト」を

試しに使ってみます。


EVA素材で傷に強そうなクッション性ありで、
浮力も3号とかあるし。

ドングリタイプは
どうしても1500円以上するので、

財布に痛いし、
棒ウキタイプで、なんとかならんのか?という考えです。



あとは棒ウキタイプで
糸絡みがどんぐらい出るか?と、思いましたが、

ある程度は、やはり絡むこともありますが、
そこまで大きな問題ではない感じでした。



でも、それよりも、
風に弱くて・自重もないので、

遠投しにくいのが問題でした。


足元から20mぐらいまでなら、
使える状況ではありましたけど。




針にゴム管オモリをつけて、

棚を測ると5m前後の様子。


正確には、オモリが3号と軽すぎたのか、
きっちり棚を測ることは出来ませんでした。



ウキ止めまで沈んだら
浮きは沈むけど、

なんか不明瞭な感じ。




それも前日に引き続き、

底付近には海藻があるようで、

それに引っ掛かる状態。



なので、棚は4.5mで開始して様子見です。






開始直後は、餌丸残り状態。


潮も動いておらず、

浮きはそのまま停止。





魚おらんのかなぁーと、

試しに足元のキワへ。



スーー


速攻で当たり。

風を受けて、
ヨットが走っていくのが見えます。


マリンジェットでブルンブルンやってるよりも、
風の力をうまく使って船を操るほうが
カッコエエよなぁーと思いつつ。


風の谷のナウシカのような。



僕も以前に山形県で、
ハンググライダーを少しだけカジッたことがあるんですが、

ホンマに爽快でした。


三角のタコを使って、
ただゆっくり落ちていくと思われがちですが、

上昇気流を掴む腕と環境があれば、
ずっと飛んでいることも出来るんです。

まさにトンビの居場所を見て、
上昇気流を探すというやつで、

お金と時間があれば、
釣りと平行してやりたいことの1つなんですが、

僕の生活ではしばらく出来そうにないですわ。




南紀ではパラグライダーは見たことあるけど、

ハンググライダーは無いので、

場所的になかなかやりにくいのもありますけど。





まぁ、いつものボーズ・マダイ狙いなんですけど、

そもそも魚の活性が低かったり、
潮が動いて無いと、

マダイも寄って来にくいってことなのかもせんですね。





前日のブログで
サザンの愛しのエリーを張りましたが、


僕がサザン・オールスターズで一番好きな曲はコレでして、
張っておこうと思います。

出だしのピアノからスゴイし、
歌詞・メロともにスゴイです。



桑田さんのピエロのような
ふざけながらも真面目さが裏に見えます。

--------------------------------------

|

« 愛しのマダイーSo Sweet♪ | トップページ | 潮動かずからのゆっくり動くタイムでマダイ »

釣りのアレコレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 愛しのマダイーSo Sweet♪ | トップページ | 潮動かずからのゆっくり動くタイムでマダイ »