« アレです。グレ釣りのつもりが良くある安定のやつです。 | トップページ | 真鯛のアラ煮2021・今日も薄いんじゃぁー »

2021年3月17日 (水)

南予風鯛めし2021・第1回目




僕は船酔いがひどいので、
船からの深場でのマダイ狙いは不可能でして、

だからこそ、
この浅場へ来る時季に狙うというのもありますし、

浅場で掛けたマダイが
疾走するのを獲るのがオモロイ釣りでもあります。




そして、今回は、
まだ早いかなぁーと思いつつの、
この3月上旬の釣行で、

たまたま釣れたマダイ。



マダイで一番食べたいのは、
南予風鯛めしですので、

さっそく作ってみました。


題しまして、
「南予風鯛めし2021・第1回目」です。

第2回はないかもせんですけど。
なかなか釣れないので・・・。


ざっくり書くと、
丼に刺し身と薬味をもって、
タレぶっかける卵かけご飯ってだけです。


が、いちおう詳細まで書いていこうと思います。

これで丼2杯分作りました。



①下処理・捌く

アラの煮付けについては、
別に書くとしまして、

身のほうを勧めて行きますYO。

 

 

 

 

ついでに、
もう粗熱がとれてたので、

卵黄も2つ入れました。

あとで食べた感じでは
3つの方がよいぐらいのバランスでしたけど。


卵黄を溶いてから、

師匠に、卵黄は、丼のほうに
割らずに持ったほうが良いと言われたので、

次回はそうしてみようと思います。

そのほうが、もっと見栄え良さそうですし。




そして左のタレを右の丼にぶっかけて

あとはひたすら掻き込むのみ。
旨ぇわ。やっぱり。


味わいとしては、
卵かけご飯の豪華版であり、

マダイの漬け丼のような感じもしつつ、

甘めのタレが
この卵かけご飯とマダイに

ちょうどエエー感じに絡まってくれます。


今回は砂糖は入れてないですが、
ミリンの甘さと、

濃口醤油が「美味しょうゆ」という南紀田辺での
甘めの濃口を使ったため、

より甘さと濃さがマシマシになっています。


田辺のスーパーとか、
南紀でのお土産物屋・直売所などに売っている醤油です。



いま思えば、

愛媛県の松山に住んでいて、
お店で定食でも頼めば、

甘めの味噌汁が出てきたように思います。


松山豚骨ラーメンもごっつい甘かったし、


僕はそんな甘めの味付けが
嫌いだったんですが、

この愛媛県宇和島を中心に
存在する「南予風鯛めし」では、

甘めなのが、美味しい。
と、感じてしまいます。



醤油ラーメンでも
甘めなのは好きではないのですが、

なんかコレは好き。



マダイがホックリするというか、
なんというか。

2年前の南予風鯛めしのブログ↓

作ってよかった「南予風 鯛めし」かきこむ幸せ
http://penginzu.cocolog-nifty.com/blog/2019/04/post-419377.html



思えばですが、
マダイが釣りたいのに釣れなさすぎて、
道糸とハリスと身体をグルグル巻きにされる夢を見て
うなされた思い出があります。

釣りの腕は微妙に上がってるぐらいなんですが、
何はともあれ、
今年も釣れて良かったです。



マダイはロマン魚なので、
堤防・磯からはそうやすやすとは釣れないんですが、

あわよくば、もう一匹狙いたいところです。


--------------------------------------

|

« アレです。グレ釣りのつもりが良くある安定のやつです。 | トップページ | 真鯛のアラ煮2021・今日も薄いんじゃぁー »

釣食レシピ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アレです。グレ釣りのつもりが良くある安定のやつです。 | トップページ | 真鯛のアラ煮2021・今日も薄いんじゃぁー »