« 運転席側の窓が開かないアトレー・スイッチ交換で改善パターン | トップページ | 潮通しの良い場所を選んだはずが・・・動かざること動かざること »

2021年3月 3日 (水)

フカセ練習も兼ねての夜の尺アジ狙い

MR湾の出入り口とも言える、
灯台ポイントが開いてそうで、

そっちのほうが、
まだ水道で流れあるかも!?と行ってみる。



ルアー?か、テンヤの引き釣りだかの
先行者さんがお二人。

まだタチウオ釣れてるんですか?
と、聞いてみると、

冬からポツポツと釣れ続いているようで、

この日は活性が高くて
もう2桁釣ってるらしい。


投入するとすぐに当たりが出るけど、
掛けるのが難しい状態らしく、

でも、釣れたら
指4本サイズもおる。



秋には結局ルアーでタチウオ釣れなかった僕なので、
またルアー練習に来るのも良いかもなぁーと思いつつ、

フカセで尺アジ狙いの準備をします。


なんせ、尺アジ(30cmオーバー)は釣ったことないし、

それをフカセで狙うってのがまた、
グレ釣りも含めた練習にもなるやろうという考えです。



ここでは一般的に
カゴ釣りか、投げサビキで狙うみたいなんですが。


*************************************************

フカセ釣り仕掛け
竿:ダイワ DXRメガチューン 尾長SP50 

リール:シマノ ハイパーフォース C3000DHG

道糸:シマノ ファイアブラッド ZEROサスペンド ナイロン 4
浮き:NF BASIC M-1号

オモリ:大型サルカン+ガン玉適宜
ハリス:スーパートルネード3号・3.5m道糸とサルカンでつなぐ

針:沈め探りグレ 5号
  
刺し餌:自家製加工生オキアミM・生オキアミM
撒き餌:生オキアミM・米ヌカ・パン粉

*************************************************

さあ始めようと思ったら、

タチウオ狙いのテンヤの引き釣り?のお二人も
この灯台先端に入らせて欲しいとのこと。

スゴイ狭くなるけど、
まぁ、なんとかなるんやろか・・・と、

入ってもらう。


そもそも僕の場所ではないし、
問題はそこにいる釣り人がなるべく快適に
安全に釣りを楽しく出来るか否かですし。




まぁ、でも狭いので、
安全性で言うと、

ちょっと怖いかなぁー。






でも、なんでココに
さらにお二人が入ってきたのか…。


思えば、すぐ5mぐらい根本側からでも、
外向きに投げれるのだけど、


そこから更に、

幅10mぐらいに渡って、
場所取りの道具が置いてある。




それに早起きしてやってきた
先行者である釣り人が遠慮して、

この狭い灯台先端の幅5mぐらいの範囲に
大人5人が釣りすることになる訳です。



結局、そこへ釣り人がやってきたのは、
夜がかなり明ける1時間半後でした。


僕は道具だけ置いての
場所取りをする人間が嫌いです。


地元ルールなるを自分勝手に
身内だけで作り上げて、

それ以外の人が遠慮していることさえも、
想像すら出来ないですから。



あぁ~あ、と気分を悪くさせられて
釣り開始。

すぐ横でルアーやらテンヤを投げているので、

僕は座った状態でのフカセです。



まだ幸いなことに
水道でも潮の流れは早くはなく、

ちょっと左手の湾内に入れば
仕掛けがとどまる状態。

これなら遠投でなんとかなるかなぁーと、
灯台の先端はタチウオ狙いの釣り師さんらに続けてもらい、

僕は階段を降りて根本側から遠投で
やることにしました。



誘導で棚設定は
4mで開始。


餌まる残りなので、
JOJOに棚を下げていきます。

タチウオ狙いの人は
バンバンと釣っていて、

難しいみたいですが、
やはり指4本サイズのタチウオも。

このぐらいのサイズなら、
食べがいもあってエエなぁ~と思いつつです。

湾内のアジ釣りの人々は、
とくに釣れてるのか分からんぐらい静か。


ポツポツと釣ってる人も
おるのかもせんですが。




5時過ぎ。

棚設定は7mほど。


水道付近へ投げ込むと、
ゆっくりと左の湾内側へ流れて、

しばらくすると
流れがとまる場所。


道糸を
送り込みつつ、

見えないなりに、
緩めすぎないようにしていると、

モゾ…




すごい微妙やけど、
やっと何か魚が触ったような・・・


ギュン


一気に竿先を引き込む当たり。



でも、何か軽くて、
すぐに寄ってきた。


道糸をもっと張るようにしてみると、


モゾ…



なかなかちゃんと食ってっこない小さい当たり。


聞き合わせがてら回収してみたら、
餌がカジラれている。



もっかい同じ場所へ流し込んで、

追い打ちの撒き餌も
止まる場所へ打ち込む。



道糸の張り具合が
ちょうど良くなるように、

分からんなりに
手前の流れで左へ広がる道糸を
置き直したりしてみる。


モゾ…


微妙やなぁー


スススッ


こんどは明確に浮きが入ったので、
軽めに合わせ。


グイーーーン!


横っ走りして、
なかなかの引き。


グレとかサンノジのように、
下へ突っ込むでもないので、
そこは難しくないけど、

アジは口が柔らかいし、
あまり無理も出来ないのかも。



間もなく寄ってきたので、
ぶっこ抜き。

30cmオーバーらしきアジっ!
ですが、時合いかもせんので、
あえて写真は撮らず。


速攻で首をおって、
海水のはったバケツに入れて、


釣りを再開。



すぐさまジワジワからの

スススッ

と入る当たり。


軽めに合わせ。

ゴッ



針掛かりせずにバラし。


どの程度の合わせが良いのかも
分からんので、

試しながら。



ここから毎投のように
餌が取られるようになったけど、

なんとも浮き当たりが小さくて、
ジワ…も分からんときもある。


かと言って、
道糸を張り過ぎたら

仕掛けが目標の棚7mまで入らないし、



もしや、もっと浅い棚で
食ってるのか?と、

棚4mぐらいまで上げてみると、
餌残り。

やっぱり深いらしいので、

7m前後で棚をいじりつつ。


湾内の方でも、
ポツポツとアジが釣れている様子。

やはり時合い。

 



5時半過ぎ。



潮が止まったり、

右手の湾外方向へ流れたり。



湾外方向になると、
僕の立ち位置からでは、
そっこうで堤防先端にカチ合うので、

まったく流せない。


そしてまた微妙なる湾内への流れ。


モゾ・・・


道糸も微妙にだけ張ってみる。


スススっ


浮きが入っていくけど、
ここまで針掛かりしないのも何度かあったので、

一呼吸置いてからの軽めの合わせ。


グイーーーーン!


やっと掛けれた。

竿を曲げすぎないように

ゆっくりめにやり取り。



竿がDXR尾長SPなので、
この程度の引きなら竿はなんてことないけど、

曲げすぎて口切れしないかを心配しつつ。

それでもまだ一応は
粘ってみるけど、

餌残りのままだった。



タチウオの時合いは、
僕が最後のアジを釣ったよりも

早く終わったようで、
雰囲気がなくなったと話しているのが聞こえました。


あと、テンヤで
35cmぐらいのアジ釣ってる釣り師さんも・・・。

そんなんあるんやなぁーと、
オモロイです。

 

家で計測してみると、
アジは最大で35cmでした。

写真だと伝わりヅライですが、
やっぱりこのサイズになると、

アジも迫力があります。



昔は僕もサビキでアジ狙いも
やっていたんですが、

なんせ、数を捌くのが面倒なので、
あまりアジを狙いに行く気も起きなかったんです。

でも、尺アジとなると、
一匹でもかなりの食べごたえ。


そういう意味でも、
尺アジ狙いってのは、

美味しい釣りやなぁーと思った訳です。




そしてアジフライ作ったら、

また美味かったんですが、
それはまた別に書こうと思います。

--------------------------------------

|

« 運転席側の窓が開かないアトレー・スイッチ交換で改善パターン | トップページ | 潮通しの良い場所を選んだはずが・・・動かざること動かざること »

釣りのアレコレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 運転席側の窓が開かないアトレー・スイッチ交換で改善パターン | トップページ | 潮通しの良い場所を選んだはずが・・・動かざること動かざること »