« 焼き芋ヤエン。というか焚き火してるだけの人 | トップページ | 短文・ing系にしたがリング »

2021年2月26日 (金)

試作「グレとジャガイモとキャベツのアクアパッツァ」

 

この日は、ジャガイモが食べたかったんです。

フライパンで薄切りにした
ジャガイモを焼いたり、

白ワインで蒸し焼きにしたりすると、
ポテトチップ食べるよりもまた美味しいので、

ときどき料理しています。


グレだけで食べるのも良いですが、
野菜も一緒に食べたいことが多いのもあって、

グレも使ってやってみようと思い、
試作してみました。


「グレとジャガイモ・キャベツのアクアパッツァ」です。




①下処理

ウロコ・内臓をとったグレに、
軽く塩・コショウをふって置いておきます。


ジャガイモは泥を洗い流し、
芽をとったのち、

皮付きのまま2-5mm程度の薄切りにします。

断面積が大きければ、
一口で食べれる大きさに切っておきます。


キャベツはザク切りで
一口大に。


ピーマンは種をとったのち、
幅1cmぐらいで縦長に切りました。

ピーマンなくても良いと思いますが、
冷蔵庫で眠ってるのがだったので、

今回は入れておきました。


ニンニクは包丁の横面をあて、
手のひらで半分押しつぶしたのち、
皮をとって、

薄切りにします。


ニンニクは繊維を壊したほうが、
香り・旨味ともにしっかり出るため、

基本的に半分ほど潰したほうが良いと
思います。


②焼く

フライパンにオリーブオイルを少し多めに敷き、
ニンニクを入れて、極弱火で香り出しをします。


軽くニンニクが焼けてきたら、
それはフライパンのフチへよけて、
火が通り過ぎて焦げないようにし、

中央にグレを置いて
中火で焼きます。


皮目に焼き目が付いてきたら、
グレを裏返して、

ジャガイモ・ピーマン・キャベツの順に入れます。

野菜部分にも
軽く塩・コショウを降ります。



ジャガイモがもっとも火が通りにくいので、
なるべくフライパンの底にあたるようにして、

早く焼こうという考えです。

もちろん、
ジャガイモだけいれて、

ある程度、火を通してから、
他の野菜を入れたほうが、確実とも思いますが、

面倒なので、僕は一気に入れました。

③白ワインで蒸し焼き

焼き目をつけることで、
香ばしさが加わるというやつなので、

ジャガイモにも焼き目が付いたころには、
グレの下面ももう焼けてます。

白ワインをドボドボと回し入れまして、

フライパンのまま食卓において、

でかいスプーンで取り分けて食べるのが、
僕は好きです。

アクアパッツァはとくにそうですが、
お皿に盛り付けると、

崩れることが多いので、
フライパンのままが良いかと思います。



カツオ節の代わりに、
トマトを入れて旨味を引き上げたり、

ニンニクで旨味・コクを出すってだけで、

ただの魚と野菜の鍋とも言えます。

分量としては、
まだ何度か作ってみないと、

コレっ!ってのが分からないですが、

それでも
グレとジャガイモ・キャベツが合っていて、
ほっこりと美味しかったです。


--------------------------------------

|

« 焼き芋ヤエン。というか焚き火してるだけの人 | トップページ | 短文・ing系にしたがリング »

釣食レシピ」カテゴリの記事

コメント

スーさん
こんばんは、ご無沙汰のとどたんです。
アクアパッツァ美味しいですよね。去年は何度もやりました。こちらのyoutubeのレシピも参考になります。
https://www.youtube.com/watch?v=SO7gFk3wmHU

そろそろノッコミシーズンかと思いますので、またお目にかかりたいとおもいます(^^)

投稿: とどたん | 2021年2月26日 (金) 午後 09時03分

とどたんさん>
お久しぶりです(^^)

日高シェフのYOUTUBE見てみましたが、
しっかり焼き目を入れるのを、試してみようと思いました。
あと、白ワインは使っていなくて、
水とアサリスープなど、とてもおもしろかったです。

強火でオリーブオイルとの乳化具合も、
ここまで、やったほうが、しっかり出来るのか!と、
勉強になりました。


ぼちぼちマダイシーズンも始まりますね。
また、お会いしましょう。

投稿: スー | 2021年2月28日 (日) 午前 08時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 焼き芋ヤエン。というか焚き火してるだけの人 | トップページ | 短文・ing系にしたがリング »