« 寒グレ狙いのボランティア・その状況でグレを釣る難しさと面白さ後編 | トップページ | 激渋釣行後編・1匹を引き出す力 »

2021年2月 4日 (木)

激渋釣行・ババさんの前編



普段僕が高場へ入ってるときは、
この場所に渡船がつける。


山をまた登って、
別の場所へ行くほど体力はないので、

なんとかポイント確保出来て良かったってやつ。




*************************************************

フカセ釣り仕掛け
竿:NFT 翔磯 1号 530  

リール:シマノ ハイパーフォース C3000DHG

道糸:シマノ ファイアブラッド ZEROサスペンド ナイロン 1.5

浮き:Tフェニックス M-0
   →ハンター 0
   →斬獲 00(ボロボロ)
   →全誘導XT 00

ハリス:スーパートルネード 1.5号 3m道糸直結

針:ひねりグレ 7号
  速掛けグレ 4号
  
刺し餌:自家製加工生オキアミM・生オキアミM
撒き餌:生オキアミM・米ぬか・パン粉・ド遠投

*************************************************

タケちゃんに

ドゥ遠投エエよっ!




と教えて貰ったので、
今回は米ぬか・パン粉にドゥ遠投を混ぜてます。

風が強いときや、
遠投をしたい場所では、
良いらしいですが、

ホンマに良く飛んでくれました。



他にもいろんな遠投餌あるけど、
ドゥ遠投が、たしかにドゥな感じです。


 


グレが見えて、
タケちゃんのテンションが上がる。



僕もそのグレの場所の詳細を教えて貰って、

そこを狙ってやってみる



が、なんだか撒き餌がサラシによって、
刺し餌とズレてる感じ。


どこへどうやったらエエんやろなぁーと
試していると、



8時半前。

開始そうそうにタケちゃんの竿が曲がります。


そしてすぐさま
またイサギを2匹目を追加。

サイズアップの35cmぐらいのサイズ。




僕はというと、
まったくの餌残りで、

何も起きない。



潮の変化を探したり、

風も強くなってきたので、
ガン玉G5を足して

馴染みやすくしたりとやっているけど、
なんとも分からん。



予報とは違って、
どんどん風が強くなってきて、

横風北西の10m越え。




浮きも撒き餌も飛ばないし、
潮は動いていなくて、
上潮だけ滑っている。



そのなかで、
浮きよりも上潮すべった先の左手に

撒き餌を横一直線に撒いてみたり、
タイミング変えてみたりするも


何も良い反応がない。





 

 

何も起きないまま、
ただ、遠投や足元や、サラシの切れ目も探り続けて、

何も起きなすぎて、
もう疲れたし、眠い。



ウトウトしながら、
竿先を見ようと思いつつ眠い。


撒き餌が届く範囲で遠投して、
そこから流していたら、


グンっ!



合わせ。



グゥウウウウン!!


思ってたより、
かなり僕は竿を立てすぎらしい。

左へ倒してっ

はいっ

逆に右へ倒してっ

はいっ



タケちゃんの直々の竿捌き指導に、
なんとかついていけるように。

バラさないように。
左下足元の根に入ろうとしたら、

右下に竿を突っ込むぐらいにして
横に引っ張り出す感じ。



やっと海面に魚が見えたら、
白い感じ。


あ、ババさんやなぁ。




が、このババさんの
海面近くにきてからのツッコミが強くて、

ハリス1.5号ではなんとも危ない。


ババチョップに油断したら殺られる。




なんども足元で突っ込まれながら、

最後はタケちゃんがタモ入れしてくれて、
取り込み成功。

ありがとうございまーーす!

これがもっと出来たら、
不用意なバラシも減るはずやし、

もっと自在に竿を捌けるようになりたいなぁー。


竿の使い方重要。

柔らかい竿。

硬い竿。

立てすぎない。

 

後編へ。

--------------------------------------

|

« 寒グレ狙いのボランティア・その状況でグレを釣る難しさと面白さ後編 | トップページ | 激渋釣行後編・1匹を引き出す力 »

釣りのアレコレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 寒グレ狙いのボランティア・その状況でグレを釣る難しさと面白さ後編 | トップページ | 激渋釣行後編・1匹を引き出す力 »