« 短文・ごっつい渋いし爆風やし | トップページ | 寒グレ狙いのボランティア・その状況でグレを釣る難しさと面白さ後編 »

2021年2月 1日 (月)

寒グレ狙いのボランティア前編

というか、申し訳なさすぎなぐらいです。

風予報では朝から4-6mぐらいかと思いきや、
現場では1-3mほどで弱め。

波もときおり強いですが、
基本的には弱い凪です。



足元から開始するも、

餌取りの姿も見えず、

潮もほぼ動いていない状態。



サラシからの跳ね返りなのか、
15mほど沖で潮目らしきがうっすらとあるので、

そこを狙っていると・・・

ボラ2。

表層でジワっと食ったけど、
浮きはまた浮いてきて気づかなかったけど付いてたやつ。

食ったことを気づかせないように、

ゆっくり寄せる練習。

ボラ3。

大暴れで腕痛い。



もはや、撒き餌よりも
仕掛けの着水に反応する状態になり、。

分離、意味ねぇ~。



そんなことやってたら、
9時過ぎにタケちゃん到着。


ボランティアについて報告。

しばし喋ってから再開。





とにかくボラが邪魔で、
どうしようかと思っていた10時過ぎ。

つまりはもう、
このブログを書きながら寝落ちしそうなので、

意識があるうちに分けておくやつですよ。



土日の釣行で
月曜はだいたい身体だるいよ。


男はつらいよ。



南紀の人が語尾によぉを付けて言うならば、

男はつらいよぉ~。

なのか、な。どうかな。

--------------------------------------

|

« 短文・ごっつい渋いし爆風やし | トップページ | 寒グレ狙いのボランティア・その状況でグレを釣る難しさと面白さ後編 »

釣りのアレコレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 短文・ごっつい渋いし爆風やし | トップページ | 寒グレ狙いのボランティア・その状況でグレを釣る難しさと面白さ後編 »