« 冬の赤イガミはお刺身がめっちゃ旨いって話し | トップページ | 短文・南紀のグレでkudaraKOッッっっっっっっb(寝落ちして意味不明タイトル) »

2021年1月29日 (金)

2021年1月中旬に一部の枝で梅が開花していた

 

その結果と思われるのが、

開花の先走りと雨が大きく重なって、

受粉が上手くいかなかったのか、
梅の大不作となった訳です。

諸説あるかも知れないので、
それだけでないのかも知れないですが。


僕が梅の収穫のお手伝いに行っている農家さんでは、

例年の収量よりも5割とか、

場所によっては2割も穫れてないという
ものすごい悪い状況でした。



それによって、
梅の価格は高騰して、

梅干しメーカーは高いお金で、
梅を仕入れる事になり、

梅干しの値段も上げざるを得ない状態となり、
梅干しが売れなくなるという状況の2020年だった訳です。


だから梅干しメーカーの仕事をしている僕としては、
この2021年も大不作だったら、

ホンマにヤバいのではないか!?と
心配である訳です。



1月中旬からは、
やけに気温が高くて3月並とか言われたり、

そのあと、また冷え込んできて、
なんだかホッとしたりです。

1月2月なんてのは、
一番寒い時季なわけで、

暖かくなると、なんだかやはり
梅が心配になってしまいます。





そして、このブログを書いている
1月下旬では、

沿岸部などでも、
まだそんなに開花はしておらず、

一部の木がやけに咲いていると、
今日は師匠は中芳養あたりを見てきて教えてくれました。

そういう意味では、
まだ例年通りに近い状態なので、

大丈夫かも知れないなぁーと、

まだ梅の知識も深くもないですが、
一喜一憂している訳です。




豊作とまでは言いませんが、

普通に収穫量を確保出来るぐらい、

梅ちゃんには実って欲しいと願っています。





梅関連の仕事をされていて、
僕のブログを読んでくださっている人も
おるんやろうと思います。

今年が良い1年となるよう、
頑張っていきまっしょい。



--------------------------------------

|

« 冬の赤イガミはお刺身がめっちゃ旨いって話し | トップページ | 短文・南紀のグレでkudaraKOッッっっっっっっb(寝落ちして意味不明タイトル) »

日々のアレコレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 冬の赤イガミはお刺身がめっちゃ旨いって話し | トップページ | 短文・南紀のグレでkudaraKOッッっっっっっっb(寝落ちして意味不明タイトル) »