« 短文・南紀のグレでkudaraKOッッっっっっっっb(寝落ちして意味不明タイトル) | トップページ | 寒グレ狙いのボランティア前編 »

2021年1月31日 (日)

短文・ごっつい渋いし爆風やし

それも、魚の活性も低くて、
餌残りばかり。



そして、ときおり何度かブチ切られてた僕が

 


もう、今日は無理や。と
思ってもまだ続行。


そしてタケちゃんが

最後にグレを仕留めました。


僕はもう無理やと思ってましたが、
流石です。


渡船の人も早めに移動・撤収するような
この状況でも

しっかり一匹タケちゃんが獲ったのが、
僕もすごい嬉しかったです。



他にタケちゃんは
前半にイサギも2匹獲ってました。

このグレも白子入ってました。

冬場の縮こまった僕の◯◯ポサイズです。




この日の状況としても
グレの食いもかなり渋いし、
まさに寒グレシーズンという状況ですね。



白子は、
軽く塩をふって置いたのち、

血合いを流水で流して、
つまみ取ってから、

ポン酢で頂きました。


むっちゃ旨いです。




湯引きせんでも、
しっかり血合い取ってたら、

臭くないってことなんかも。




--------------------------------------

|

« 短文・南紀のグレでkudaraKOッッっっっっっっb(寝落ちして意味不明タイトル) | トップページ | 寒グレ狙いのボランティア前編 »

釣りのアレコレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 短文・南紀のグレでkudaraKOッッっっっっっっb(寝落ちして意味不明タイトル) | トップページ | 寒グレ狙いのボランティア前編 »