« NISHIさんと釣りバトル・最終第4ステージ 河口域T | トップページ | ふかせ後編・腕とはそもそもなんなのか分からんままに実践する »

2020年12月16日 (水)

ふかせ前編・PEを下調べせずに使うとこうなるってやつ

北西の爆風10-15mが右から吹いて来る状態。


こりゃ遠投は無理かもなぁーと思いつつですが、
南紀の寒グレとなると、

北西風はつきものでして、
その中で、いかにグレを釣るかが

基本になると思っているので、
これもまた練習になるとやってみます。


*************************************************

フカセ釣り仕掛け
竿:NFT 翔磯 1号 530  

リール:シマノ ハイパーフォース C3000DHG

道糸:弾丸ブレイド PE0.8 &フロロ 1.5号
   →シマノ ファイアブラッド ZEROサスペンド ナイロン 2

浮き:黒魂 ジョーカー0
   →翔黒 0
   →Tフェニックス M-00
   →Tランサー M-0
   →翔黒 0


ハリス:スーパートルネード 1.5号・3m道糸直結


針:速掛けグレ 5号
  →掛かりすぎ口太 4号
  
刺し餌:ルクスSM
撒き餌:生オキアミM・アミエビ・米ぬか・パン粉

*************************************************



さすがのPEだからか、
いつもよりも遠くへ飛んでるような・・・。


が、仕掛けが飛んでも、
撒き餌が飛ばない。


爆風にヤラれて、
ものすごいカーブを描いて落ちたり、

上から叩きつけられるようにフォークで落ちます。



30mほどは遠投してみたかったけど、
ぜんぜんアカンので、

15-20mぐらいで。




なんだか、餌も取られんなぁーと、
思ってたら、

急にザッパーンと、
波が乗り上げて、

あわわわ。


と、思ってたら、
水くみバケツが海に落ちました。



すぐに回収に行けば間に合いそうですが、

2波・3波が来るので、
なかなか下へ降りられず。



せっかくNISHIさんと
おそろいで買った水くみバケツが海に沈んでいきました。


凹みます。



なんだバカ野郎。

クソがっ!!


と、思いましたが、

波上げてくる場所においてしまった僕が悪いんです。








もう、水もくめない状況で、
嫌な気持ちの朝イチで続行。




誘導の3.5mで様子をみつつ、

餌が残るので4mまで下げます。



仕掛けの着水時にはブレーキを掛けず、

ハリス分も含め、まったく巻き取らず。



それよりも糸ふけを出して、
風に道糸が取られるままに

とにかく潮に浮きと仕掛けをのせるようにイメージ。



微妙にモゾっとなってか、
風の影響か分からんけど、

餌がかじられてる感じで、
どうなんやろーと思っていたら、


最近の磯釣りスペシャルでも読んだけど、

サラシの切れ目は
やはり潜り潮があって、

それが必ずしも良い訳ではないようですが、
魚が餌を待ち構えやすい場所でもあると。


ススス・・・



浮きがゆっくり沈むのは
当たりではないので、

それに合わせて道糸を出すように。


横風にも道糸を取られるので、
どんぐらい出せば良いか分からんなぁーと

やっていたら、

シュンっ!と浮きが入って合わせ。


無反動。




ジョーカー0殉職。

潮受けゴムのあったハリス部分で切れてました。






なんだよコレ。


PEでのフカセは実は初めてでして、
PEとハリスフロロ1.5号を

ノーネームノットで結んだだけの状態。


クッションリーダーは、
買うのもったいないので、

無しにしてます。



単純にフロロとの直結で
どのぐらい出来るのかを試したかったのもあります。


このときは、
ハリスに傷が入ってしまっていたからなのかな?と、思い、

そのまま続行です。

浮きは翔黒 0にします。

棒浮きのTランサーM-0を試したいとも
思いましたが、

なんせ、信頼のおけない仕掛けなので、
とにかくTランサーを初っ端から亡くしたくないもんで。

さっそくのグレやないですかっ。


もぉーしわけ、ございませぇえーーーん!




さっきまで僕がいた場所で、

すぐさまグレを釣ってますよ。




でも、移動せんかったら
良かったとは思いませんよ。

腕が違いすぎる。




そのあともタケちゃんは

どんどん魚を掛けてます。



流石です。

僕のほうでは無反応が多くて、

ときどき取られたり、
カジラれたりするぐらい。


何かが根本的に違うんやと思いつつ、

分からんで、仕掛け変更。

ハリをもっと小さくして、
掛かりすぎ口太 4号へ。

良い当たりも出ないので、

浮きをもっと小さくして、
Tフェニックス M-00へ。


これで、さきほどまでよりも、

サラシの切れ目へ浮きを潜らせる中での、

当たりらしき加速が分かりやすくはなったんですが、

どうにも針がかりをしないで、
餌だけ取られる状態。




でも、あの加速が当たりやったんやと、

コンスタントにグレを釣っているタケちゃん。

潮は動いてないけど、
表層は左へすべって、浮きはもっていかれる状態。



仕掛け投入点・撒き餌の投入点・
棚を変えて見たも、

分からんすぎる。




10時過ぎ


シュン!と、
やっとまともに浮きが入ったので、
合わせたら

また無反動で切れた。



それも、PEの直結部で切れていて、
浮きが流れていくので浮きパラを・・・

準備しましたが、間に合わず。


Tフェニックスをロスト。




このあとタケちゃんに言われたけど、
PE使ってて、クッションリーダーもなかったら、

合わせたら切れるよ。と。




そういえば、眼鏡君がPEフカセやってるときも、
そんなことを言ってたような・・・。




・・・。

 

クッションリーダー必要って、
こういうことなのね・・・。



にしてもこう、
いとも簡単に切れてしまって、

凹みます。


あーあーあー






そんなおバカな僕はどうでもエエとして、

タケちゃんはめちゃめちゃ竿を曲げ続けています。

 

 






替えスプールで
もとのナイロン道糸に戻して、

続行です。



時刻は11時。

後編へ。

--------------------------------------

~釣食[つりしょく]~魚を釣って、料理して、美味しく食べるサイトhttp://penginzu.wix.com/turishoku

ペンギンズ 公式ホームページ

http://penginzu.wix.com/penginzu

 

釣食企画人スーさんTwitter
http://twitter.com/@penurakata

インスタグラム
https://www.instagram.com/turishokusuusan/?hl=ja

 



釣り人に読んで欲しい 以前に書いたブログ:

「海中に落ちた人を見つけたら 
          迷わず救助開始すべき」

http://penginzu.cocolog-nifty.com/blog/2017/11/post-2e67.html

※釣りをする際は堤防でも磯でも、
 必ずライフジャケットを着用して欲しいです

 

 

 

 

|

« NISHIさんと釣りバトル・最終第4ステージ 河口域T | トップページ | ふかせ後編・腕とはそもそもなんなのか分からんままに実践する »

釣りのアレコレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« NISHIさんと釣りバトル・最終第4ステージ 河口域T | トップページ | ふかせ後編・腕とはそもそもなんなのか分からんままに実践する »