« 短文・マグレ1匹 | トップページ | 遠投で流す方法の練習・前編 »

2020年11月23日 (月)

グーフーの気配の中

 

磯場へ上がってみると沢山の釣り人。

西側の内湾よりしか空いてないよなぁーと
準備していたら、


東側のエギンガーさんのグループが帰ったので、

そちらへ移動しました。



こっちのほうが
北西風が背中からになるので、

まだマシ。



7mぐらいと、
なかなかの強風なので。


ハリス1.5号の
針は速掛けグレ5号という中量針。

 

 

 


足元がよろしくないので、

20-30mほどの遠投を開始。





潮はほとんど動いていないけど、

すごく微妙に右手の沖側へ流れてる?ような。





浮きがときどきモゾっとなるけど、

合わせてもカジラれるだけだったり、
気のせいなのか、まるまる帰ってきたり。



棚設定をどんどん下げていって、

しばらくしてから追い打ちの撒き餌も入れたりしてみる。





14時前。


モゾモゾばかりだった浮きが、

やっとスーーーと入ったので合わせ。




グーーーン




ここまで何も釣れてない状況だったからか、

竿がまがって強い魚に感じたけど・・・

 

銀チヌで、
ぜんぜん臭くないし、

いったんスカリに入れておきます。




棚は3.5mぐらいで食ってきたので、
底よりは上のとこに活性の良いチヌがいてるのかも。




チヌも引いてくれて楽しかったけど、
グレはおらんのか!?と続けるも、

餌がカジラれる止まりで、
ほとんど餌残り。



末裔のほうは、まだ
モゾモゾ当たりが続いていて、

当たりらしき入りに合わせを入れてるけど、
なかなか掛からない。



もしや、グーフーですかね?


あぁー・・・。




足元にシモリがあるはずなので、
そこについたグーフーがちょこまかしてるのか、

どうなのか。




ともかく、
潮の変化のある場所を狙いたいけど、

海面はほぼ平らで、

ときおり鏡のように平らになる場所が、
僕の目の前と、末裔の目の前に出来る。





何かしらの変化がある場所なんやろうけど、

どうなのか。


カジラれるのが多いことからは、
デカイグーフーなのかもせんけど。





このあたりから、
水面には5匹ぐらいのボラ家族も
やって来だして、

なにはともあれ、
魚っ気はちょっと上がってきてます。





B-1グランプリはじめますか。


それはエエわ。



二人とも、

なんともやる気が起きず。







15時半。


30mほど投げた場所で、

ちょっと反応が多いように思ったので、

その場所を重点的に探る。



止まりがちになっていた潮が

ほんのりまた右へ流れたような、

そんなタイミング。




グイーーーん



この同じぐらいのタイミングで、

末裔も竿が曲がります。


こっちはまだ水温高いんですねぇー。



ということで、

プロハタンパー試験合格者である
末裔が、

最後に見事にハタンポを釣って撤収です。




 

にしても、この日は、
餌取りも活性が低すぎて、

真冬のフカセの感じでした。



それでも、カジラれることも
あるので、

上手くできれば釣れたのか、
どうなのか。




 

--------------------------------------

~釣食[つりしょく]~魚を釣って、料理して、美味しく食べるサイトhttp://penginzu.wix.com/turishoku

ペンギンズ 公式ホームページ

http://penginzu.wix.com/penginzu

 

釣食企画人スーさんTwitter
http://twitter.com/@penurakata

インスタグラム
https://www.instagram.com/turishokusuusan/?hl=ja

 



釣り人に読んで欲しい 以前に書いたブログ:

「海中に落ちた人を見つけたら 
          迷わず救助開始すべき」

http://penginzu.cocolog-nifty.com/blog/2017/11/post-2e67.html

※釣りをする際は堤防でも磯でも、
 必ずライフジャケットを着用して欲しいです

 

 

 

 

|

« 短文・マグレ1匹 | トップページ | 遠投で流す方法の練習・前編 »

釣りのアレコレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 短文・マグレ1匹 | トップページ | 遠投で流す方法の練習・前編 »