« グーフーの気配の中 | トップページ | 遠投で流す方法の練習になったか分からん雑な仕上がりの後編 »

2020年11月25日 (水)

遠投で流す方法の練習・前編



そうなんですよね。

あれこれやろうとせずに、
遠投に焦点を絞った方が、

練習になるって事です。





という訳で、
この日は足元を攻めるのは封印です。



いまだ良く分からない
遠投の経験値を増やすってのが、目的です。

 

*************************************************

フカセ釣り仕掛け
竿:NFT 翔磯 1号 530  

リール:シマノ ハイパーフォース C3000DHG

道糸:シマノ ファイアブラッド ZEROサスペンド ナイロン 2
浮き:翔黒 0号
   →Tフェニックス M-00
   →ケイズ マグナス 0


ハリス:スーパートルネード 1.75号・3m道糸直結
    →スーパートルネード 1.5号・3m道糸直結


針:速掛けグレ 5号
   →短軸のませグレ 4号

  
刺し餌:ルクス 生オキアミM・S・半ボイル M
撒き餌:生オキアミM・グレの舞

*************************************************

 

あと、ココでタケちゃんが
以前の僕のブログを見て教えてくれたのが、

遠投時の動きが違うってことです。






仕掛けを遠投した際は、
サミングでのブレーキをかけずに着水。

そして糸ふけは取らずに、
ハリス分も当然巻かずにそのまんま。

その方が、
仕掛けが無駄に流されて潮の流れから外れない。



そして、
仕掛けが馴染んでから

やっと道糸を少し張って
糸ふけもそこから改めてだして流すと。




それもまた
間の道糸が潮や風に引っ張られるようなら、
それを無理にまっすぐにしないで、

その湾曲の張りを利用しながら流す。



というような、
事だったと思いますが、

これもまた違っているかも知れません。


僕が理解出来てないだけかもせんですが。





話し戻りまして、
開始して数投ですが、

餌が取られず。


それも浮きが遠投出来てるのに、
撒き餌がぜんぜん届かない。



これは僕の撒き餌の水分の入れ具合とか、

杓をつかった遠投の下手さによるものなんですが、

なかなか思った場所へ届かない。



それも、
立ち位置が斜めになっているので、

水平感覚がおかしくなって、
思ったより上に投げてしまって、

撒き餌が飛んでないし、
その感覚を探りながらです。




そんな中、タケちゃんはさっそくのイサギを釣っています。



僕もしばらく続けて、

撒き餌が届かないので、
遠投をもっと近くにしてみて、

撒き餌が届く範囲にしてみます。



ちょい右斜め沖で釣れたので、

その場所をしばらく狙ってみます。

 

潮はゆっくり右へ流れてるようで、
エエ感じかと思ったら、

 

8時前。

30cmオーバーの
牛グレでした。


正面から見たら分かり易いんですけど、

口の部分が1.5-2cmぐらい平らになってます。

あとはズングリ体型。




ここまで大きな牛グレは
僕ははじめて見ました。



20mほど沖がポイントになってるっぽいと
タケちゃんが教えてくれて、

ちょうど僕もイサギが釣れたのが、

そのぐらいの距離なので、
その距離感を狙ってみます。



にしても、餌がカジラれるか、
餌残りの状態で、

なんとも当たりも明確に出ない状況。



そこまで遠投は必要なさそうなので、

浮きを変更。

Tフェニックス M00号へ。



これにしたら、
浮きがウキ止めまで馴染んだら、

微妙に沈んでいく状態になりました。




なので、遠投したらめっちゃ見にくい。

水面が光ってたら余計に見にくい。



撒き餌を周りに打つにも、

浮きを見失うことが多いので、
目を凝らして探してからになってしまいます。





相変わらず、
竿を曲げ続けるタケちゃん。


グレ目標3匹とか、
らしくない目標言ってましたが、

9時の時点で、
4匹ぐらい釣ってたような・・・。


というか、
僕の目標がグレ3匹でしょうよ。






見廻りの渡船が来て、

魚あるかぁー?

と、聞いてますが、ないないと。




でも、沖磯よりもっと内湾の
タケちゃんは釣ってる。

そして、僕はまだグレ1匹も釣ってない。


なんでだろう。









 

まだまだ竿を曲げるタケちゃん。

 



何が違うのか。

ぜんぜん分からん。




タケちゃんはしっかり合わせを入れて
魚を掛けているように見えるので、

まず、浮きが見えているのか、
手元の道糸などで当たりを取っているのか。



それに対して、
僕は浮きがよく見えてないし、

見えないときに
手元の道糸を見ているけど、

波なんだか当たりなんだかが分かっていない。



ときどき、ちょうど見えたときに、
合わせを入れているだけ。



地磯の先端の手前部分に、

シゲさんがやって来た。




串本のEBS地磯へ行ったけど、
混みすぎやし、

ぜんぜん釣れる気配がないので、
こっちに来たみたい。



というか、
それやと歩く距離が半端ないと思うけど、

タフガイさん並に、
シゲさんもタフガイ。




そういえば、
タフガイさんも来るかなぁーと思ってたけど、

あとで聞いたら、

朝の内に来て、
車多すぎなので、

他の場所へ行ったらしき。




こんなにも、
どこの地磯も混んでる状況ってのは、

鍵は連休なのかもせんですね。



連休で、ちょうど天気予報の良い日が少ないなら、
それはかなり早めに現地入りせんとダメってヤツなのかも。





10時前。



着水直後に糸ふけを取らない方法へ戻して、
そこからどう操作するかを考えている。

道糸の状況と
手元にあるテンション。


どうすべぇ~なぁ。

あ・・・。





僕の浮きがシュッ!と入って、

合わせたらガンッ!




ガツっ

はい。チモト切れぇ~。



タケちゃんが、
足元にデカいイズスミおると言ってたので、

そのたぐいが食いついたのやと思います。




まぁ、イズスミでも何でも、
食ってきたらオモロイんですけど、

グレがどこにいるのか、

その小さい当たりだった場合を、

どう獲るのかってのが、

よく分からんですわ。




後編へ続きます。

--------------------------------------

~釣食[つりしょく]~魚を釣って、料理して、美味しく食べるサイトhttp://penginzu.wix.com/turishoku

ペンギンズ 公式ホームページ

http://penginzu.wix.com/penginzu

 

釣食企画人スーさんTwitter
http://twitter.com/@penurakata

インスタグラム
https://www.instagram.com/turishokusuusan/?hl=ja

 



釣り人に読んで欲しい 以前に書いたブログ:

「海中に落ちた人を見つけたら 
          迷わず救助開始すべき」

http://penginzu.cocolog-nifty.com/blog/2017/11/post-2e67.html

※釣りをする際は堤防でも磯でも、
 必ずライフジャケットを着用して欲しいです

 

 

|

« グーフーの気配の中 | トップページ | 遠投で流す方法の練習になったか分からん雑な仕上がりの後編 »

釣りのアレコレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« グーフーの気配の中 | トップページ | 遠投で流す方法の練習になったか分からん雑な仕上がりの後編 »