« 遠投で流す方法の練習・前編 | トップページ | 遠投用にフカセ先っちょ立ち浮きへ改造・あとは実験君で遊ぶ人 »

2020年11月25日 (水)

遠投で流す方法の練習になったか分からん雑な仕上がりの後編


潮が止まりがちになることも
多いけど、

やはり少しでも流れがあるほうが、
良いみたいで、

浮きがスーーー

で、イサギのちょっと大きいやつ2匹目。

こいつはキープ。



そして、潮はますます止まりがちになってきて、

仕掛けの状態を見るに、
縦になってる、仕掛けが立ってるっぽいなぁーと

思ってたら、

お前か・・・。


竿叩くタイプのやつ。



タケちゃんは、僕の竿先をみて、
速攻でサンノジだと分かってたみたい。


引きが強かったので、
僕は期待してましたが、

まだまだグレは遠いですわ。

 

ハリスを1.75→1.5号へ変更。


ヤイトガツオが来たら、
バラす確率が上がってしまうけど、

それどころではないです。


まず、グレが釣れないことには、
アカン訳ですし、

ヤイトガツオらしきボイルとかも見えてないですし。





雨雲が近付いてきて、
ポツポツと雨。



風は北西からに変わって、
急に寒くなるし、


海面はヌメヌメと光って、

晴れてる時よりも、いっそうと浮きが見えない状態に・・・。




自分の浮きをすぐに見失って、

撒き餌やるにも、

ラインの状態を見るにも

とにかく浮きが見つけられずに、

後手・後手。



目も疲れすぎて、
ピントが合わなくなってきました。


これじゃ続けても、
釣れる気がしない。

久々の全誘導。

ケイズ マグナス 0 でやってみます。

ハリスもちょっと傷が入っているので、
また直結から結び直し。

針ももっと小さくして、
短軸のませグレ 4号 へ。






雨がやんで、晴れてきて、
今度はまた夏のように暑い。


でも、晴れてるほうが、
浮きが良くみえるので、

まだマシです。

タケちゃんは相変わらず、
休みもせずに竿を曲げています。


僕の正面は太陽で水面がギラギラして、

なんとも浮きも見えないから

それよりも右手を狙っていたんですが、


潮は左へ流れて、

またギラギラゾーンに入って、見えんし、

何が起きてるか分からんので、
また投げ直し。




でも、タケちゃんによると、

ちょうどその左斜ぐらいの場所で、

潮が緩んでいて、
当たりが 出やすいかもよと。



日がだんだん西へ傾いてきて、

左側も見やすくなってきてるし、

そっちを狙ってみます。

 

うぅゔぇえええええ!

ギューーーーん!!


止まってねぇーーわ。

タケちゃんがまたまたグレを追加。




足元のサラシやら、
他の流れやらの複雑な流れを読み取って、

僕にはよく分からない、
仕掛けの入れ方と撒き餌の入れ方をしているみたいです。




でも、グレはおる訳で、

僕の立ち位置からでも、
もちろん上手いことやれば、

釣れるのは間違いない。




15時半。



日がさらに傾いて、
左斜沖の流れが緩むらしきポイントが見えるように

なってきたけど、


なんだかむしろ潮が止まりすぎてるような・・・。


いや、違うか、気のせいか。





グイーーーーン!




来たっ!


目標のグレ3匹のための、

2匹目のグレ。



ここからが夕間詰めのラストスパートで、
夕間詰めに頼るグレ釣りの僕らしいラッシュのはずっ!






ヴェエエエエエエワアアア!!

なんでだろぉーお♪

なんでだろぉーー♪


なんでだ なんでだろぉーー♪



なんでぇえええ!!だろぉおおおぅ!!

タケちゃんが、
釣り終わったときに、毎回楽しみにして
飲んでるというスコールを、

とりあえず僕も真似して
飲むようにしました。


愛のスコールという白濁した液体です。



マンゴー味があるなら、

バナナ味もあったら、

もっと愛のスコールだと思うんですよ。




バナナ味を僕は待ってます。

--------------------------------------

~釣食[つりしょく]~魚を釣って、料理して、美味しく食べるサイトhttp://penginzu.wix.com/turishoku

ペンギンズ 公式ホームページ

http://penginzu.wix.com/penginzu

 

釣食企画人スーさんTwitter
http://twitter.com/@penurakata

インスタグラム
https://www.instagram.com/turishokusuusan/?hl=ja

 



釣り人に読んで欲しい 以前に書いたブログ:

「海中に落ちた人を見つけたら 
          迷わず救助開始すべき」

http://penginzu.cocolog-nifty.com/blog/2017/11/post-2e67.html

※釣りをする際は堤防でも磯でも、
 必ずライフジャケットを着用して欲しいです

 

 

 

 

 

|

« 遠投で流す方法の練習・前編 | トップページ | 遠投用にフカセ先っちょ立ち浮きへ改造・あとは実験君で遊ぶ人 »

釣りのアレコレ」カテゴリの記事

コメント

 スーさん、お久しぶりです。
やっと超忙しい日々が終了しました(笑)。なんとかコロナ禍にもかかわらず、例年並みの収入があったのでホットしてます。これで年が越せる(笑)。

 遠投流し釣り、最初はなかなか難しいですよね。道糸の張り加減や、ガン玉の打ち方、潮の速さによってはウキの体積、重量まで考えないといけないし・・・。慣れてくれば、アジャストしていく過程が楽しくなって、私は結構好きですよ!
普段は「磯際フェチ」ですが、結構遠投、超遠投はやってますよ。私の場合は、ウキを沈めての遠投探りが多いです。マキエの遠投は、マキエ勺を少し高価な遠投勺に変えてから、すごく楽になりました。離島、準離島で遠投していると青物やらタマミやら、強い奴らがよく当たってくるので楽しいですね。色々試していれば、そのうちにわかってくると思います。頑張って下さい!

 12月4日に高知県西部の小才角の沖磯に友人と行く予定です。ここは60尾長の実績もあるので、非常に楽しみです。でもブランクが長いので、バラシの可能性大ですね。尾長はそんなに甘くないので(笑)ここは、スーさんが夏に行かれた「OTSU漁港」から10分位の所です。情報を見ると、夏場の日中にキビナゴでシブダイ、スジアラ、クエなどが上がっています。渡船料も3000円と安いので、夏の遠征にはお勧めですよ。
また結果を報告しますので、楽しみにしていてください。

投稿: ユウジ | 2020年11月26日 (木) 午後 09時45分

ユウジさん>
お仕事お疲れ様でしたm(_ _)m

また釣りに行けるとのことで、
なにはともあれです。

新型コロナがどの程度な相手か、
だんだん分かって来ましたし、

過剰に怖がる人も減ってきたと、
僕自身も含めて思っているところです。

ボチボチ、旧型のインフルと同じぐらいの
世間の評判になってくれると、
エエのになぁーと思っております。


遠投についてのアドバイスありがとうございます。

ガン玉は前回は使わなかったんですが、
そのような考えで使ってみるのは、

またオモロイかも知れないと、
感じました。


沈めて当たり取るのは、
まだ難易度高すぎに思うので、

ときおり試しつつ
やってみようと思います。

撒き餌はとにかく下手なので、
とりあえずはバラけないように、

練り練りをもっとやってみます。

遠投用の杓も興味ありますので、
どうしてもダメなら、そっちも考えてみますね。

小才角?は、はじめて聞きますが、
オモロそうな所ですね(^^)

60尾長は、僕には
想像すら出来ない相手です。


ご武運をお祈りさせて頂きます。

・・・スジアラは、
すごいですね。


いつか、釣って食べたいと思っている、
夢の魚ですわ。


実は、数週間前に、
串本の沖磯でも釣れた情報がありましたが、

高知ならもっと多そうですね。


投稿: スー | 2020年11月27日 (金) 午前 01時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 遠投で流す方法の練習・前編 | トップページ | 遠投用にフカセ先っちょ立ち浮きへ改造・あとは実験君で遊ぶ人 »