« 短文・前日のリベンジマッチ・マッチでぇーす | トップページ | 遠投のフカセ・ぜんぜん届かねぇー前編 »

2020年11月17日 (火)

サラシと美人は攻略がムズカシイ(フカセ釣り)


息が切れかけたら、
休憩を入れて、

フラついて怪我をしないように気をつけつつです。



3回ほど休憩を入れました。

1分でも座って休めば、
呼吸は整うので、

その後の
釣りを楽しむためにはそれが大事です。



やっとのことで、
タケちゃんの場所へ到着。


遅っせぇーよぉーー。



そう言われるのも当然で、
もうすでに、

立ち位置すべてに
釣り人が立っている状態でした。



どうにか釣りできないかと考えていたら、

タケちゃんがおじさまに話しに行って下さって、

その横にお邪魔させて
いただくことになりました。

目の前はなかなかのサラシ。

それでも戻って場所を変えるほどの
体力も気力も残ってないので、

サラシでの攻略を練習しようと準備します。




ってか、対岸におるの、

ボリさんとPOKOさんやんけ・・・。



ということで、
この地磯に今いるのは、

6割がた僕の知ってる人やんけ・・・。


タケちゃんの知りたいを含めると、
8割知り合いという・・・。


どうなっとんねん。



*************************************************

フカセ釣り仕掛け
竿:NFT 翔磯 1号 530  

リール:シマノ ハイパーフォース C3000DHG

道糸:シマノ ファイアブラッド ZEROサスペンド ナイロン 2
浮き:Tフェニックス M-00
   →Tフェニックス M-2B


ハリス:スーパートルネード 1.5号・3m道糸直結

針:沈め探りグレ 5号

  
刺し餌:ルクス 生オキアミS・生オキアミM
撒き餌:生オキアミM・アミエビ・グレの舞

*************************************************



サラシはなかなかヒドイけど、
やはり軽めの仕掛けから試そうと、

00浮きにハリスは細めの1.5号。



セオリー通り、
足元に撒き餌をしてみるけど、

餌取りはあまり出てこない。


ときどきチラっと見える程度。



刺し餌は残る。


というか、
サラシが思った以上に強くて、

仕掛けは吹っ飛ばされてばかり。




さあ、どうしようか、と思っていたら、
おっちゃんがやって来た。

お話しを聞いてみると、
工事車両が入るために、

移動してほしい車が2台あると・・・。



あ、それ僕の車です・・・。




このおっちゃんも仕事とはいえ、
よくこの地磯もで降りてきて、

歩きまわって、
そのナンバーの車を探すという。

大変、ご苦労さまです。としか言えないっす。



もうお一人の釣り師さんと、
いったん上まで上がって、

車を工事現場の広場横へ移動して、
また磯へ降りるという。

でも、これはしゃーなし。


 


そして、釣り再開。


20mほど投げて

サラシの切れ目を狙おうとするも、
結局は仕掛けが流されて右のおじさまが狙うポイントへ

すぐに入ってしまう。




サラシの中を狙うために、

ガン玉を2段打ちでダメ。




さらに3段打ち。

時々は餌が取られるので、

なんやろうと張り気味で



サラシの流れに身を任せていたら、
スッ



ヤイトガツオやら、
40cmオーバーらしきグレを釣ってますよ。


その先にいるボリさんも同時に掛けて
グレを上げています。




グレはおるし、

ヤイト釣れるとかうらやましやぁ~と思っても、
僕はひたすら苦戦するのみ。



もうとにかく
サラシをどうにかせんとイカンので、

浮き替えちゃいます。


10時前。

やれることは全部試さないと、
アカンやろーと、

浮きを久しぶりの2Bへ変更。


そこへ浮力分のガン玉。




そりゃサラシの中でも
浮きの入りは良くなったけど、

刺し餌残るし、どうしたもんかと



波の弱くなるタイミングを待ったり、

仕掛けと撒き餌の投入点を変えたり、
遠投してみたり。





それもまったく効果が出ないし、

餌取りも見えないので、
どうしたもんかなぁーと思っていたら、

グイン!!と浮きが明確に消し込んだので合わせ。


ヤイトやなくて、ムロアジやんけ。


それも35cmぐらいあって、
やけにデカイ。



ムロアジも嬉しいので、
連発を狙うも、

単発で終了。



また餌残りが続きますよ。





タケちゃんとボリさんがやってきて、
グレ何匹釣ってる?と、

いつもの通りで、グレ釣ってない僕。



浮きはやっぱり0でしょーと、


2Bでもダメやし、
やっぱりまた戻すことに。


11時。
00でノーガンに戻る。


足元のサラシでは無意味なので、

20m以上投げて、
どこかで潮が安定するとこないかと探りますが、

分からず。


撒き餌は表層だけサラシでふっ飛ばされることが多くて、
そのしたは結構真下に沈んでるような感じ。

潮は動いていないのか、
どうなのか。




寝不足で疲れてきたし、
なんせ日差しが暑いので、

いったん日陰に隠れて休憩。







ずっと右手の
シゲさんに様子を聞きにいくと、

すでにグレは1匹釣っていて、
他にイサギ大量。イガミも釣れてるし。



ガイさんはイサギ2匹。
足場悪いとこで、

なんか道具を落としてしまったみたい。


にしても、
通常営業中で、僕が一番釣ってない。



タケちゃんのとこへも
見学に行ってみる。

やっぱりある程度は遠投みたい。




右隣りのカゴ釣り師さんは超遠投。

左のちょい離れた隣りのボリさんも超遠投らしき。




にしても、
ボリさんの竿がよぉー曲がりますわよ。

この時点で、
すでに13匹だか釣ってるらしき。

やっぱスゲーわ。






グレはかなりおる。
と、分かったけど

じゃぁどうやって釣れば良いのか分からん。




とりあえず釣りは再開して、
飛ばないなりに20m以上投げて調査していると、





とつじょ、目の前にタモ?が、

天からタモが降りてきた状態です。

ん?なにが起きたのか。

ガイさんはもともとはルアーマンでして、

フカセの合間に投げてみたりしてます。



ガイさんの投げるメタルジグはめっちゃ飛ぶ飛ぶ。

あんなに飛ぶと気持ちエエなぁーと、
しばし見学。

また戻って、

数投。




15時半。

ヤイトとムロアジを冷やしている

氷がちっちゃくなっちゃったので、




他の人らはまだ釣りしてるけど、

心も折れてる僕は撤収。



戻る道の一箇所が水没しかけていて、

波で長靴の中までグショグショ。



ガイさんもちょうど戻って来たので、
あそこは危ないので、

1mぐらいの隙間を
渡ったほうがマシかも?と伝える。


またいで、
なんとか対岸に足届くぐらい。


でも、それだと、
ガイさんの靴が濡れた場所で滑るらしく、
やはりジャンプしたほうがマシみたい。





タイミングをみて、
ガイさんジャンプ。


危ねっ!!となったけど、
ジャンプは成功。



ギリギリで、
思ったより飛ばなかった。みたいで、

僕もそんな覚えが何度かある。



だから、僕も磯の間ジャンプするの
恐いからあんましやらないのかも。




そして、僕は一人先に撤収。

魚が2匹しかないので、
帰りの道もそんなにシンドくなかった。


この日は、
サラシに翻弄されるのみで、

手は尽くしてもなんともグレは釣れずのボーズ。


眠くて集中力もあまり無いし、
釣れないしで、

ぜんぜん楽しくなかった。





それでも、ボリ神さまが降臨して、
ヤイトの恵みを下さったので、

このあとの夕食は幸せでした。



ありがたや。ありがたや。


ボリさんはグレ21匹釣ったらしいです。

なんということでしょう。

--------------------------------------

~釣食[つりしょく]~魚を釣って、料理して、美味しく食べるサイトhttp://penginzu.wix.com/turishoku

ペンギンズ 公式ホームページ

http://penginzu.wix.com/penginzu

 

釣食企画人スーさんTwitter
http://twitter.com/@penurakata

インスタグラム
https://www.instagram.com/turishokusuusan/?hl=ja

 



釣り人に読んで欲しい 以前に書いたブログ:

「海中に落ちた人を見つけたら 
          迷わず救助開始すべき」

http://penginzu.cocolog-nifty.com/blog/2017/11/post-2e67.html

※釣りをする際は堤防でも磯でも、
 必ずライフジャケットを着用して欲しいです

 

 

|

« 短文・前日のリベンジマッチ・マッチでぇーす | トップページ | 遠投のフカセ・ぜんぜん届かねぇー前編 »

釣りのアレコレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 短文・前日のリベンジマッチ・マッチでぇーす | トップページ | 遠投のフカセ・ぜんぜん届かねぇー前編 »