« 潮通し良い場所の大潮でも潮動かず・そして3m越えのメーサーらしき | トップページ | 餌取りだらけのフカセ・解決策は見つからずな前編 »

2020年10月 6日 (火)

タチウオ高活性過ぎるという、ある意味贅沢な釣り


タチウオって、

モゾォ~っと沈んでいく浮きに

いつ合わせるか、もっと待つかと

タイミング見るのがオモロイよなぁーと、
思ったりしてたら



ガンッ!!


モゾォ~も何も、
一気に浮きが消し込んで手元まで衝撃がきました。



なんか来た!!

変なん食ってきたんちゃうか!?



と、慌ててたらダラぁ~ん。


ここから連発。

横の人も
バンバン釣ります。


まだ暗いのに
足元にもタチウオが食い上がってぐるぐるまわって、

バシャバシャジャンプ。



前日夜と同じく、
急激に高活性状態がやってきました。



浮きはジわぁーっと入ることもあれば、
横っ走り気味に入ることもあり。


表層にタチウオ見えてるし、
棚も上げていきます。



でも、さすがに歯のするどいタチウオなので、
ワイヤー使わないハリス3号では、

切られることも多数。


 

すすす・・・

 

もうボチボチええやろ。

タチウオおらんくなったから、

ナントカウオ釣れるやろ。

カマスウオどこやねん。



浮きがじわじわぁ~っと沈んで、

カマスっぽいなぁーと思って合わせたら、


まだタチウオが釣れ続ける始末。





でも、やはり足元のキワなら餌は残る。

なるべくキワキワ。
底付近まで餌を沈めて、

しばらくして当たりがなければ、
ちょっと誘いを掛けて待ったりしてみます。



もう帰ろうかなぁーと
思っていた頃、



ジワジワぁ~。

やっともやっと、
釣れましたよカマスが。



飲ませ用の太い仕掛けは準備してあるので、

さっそくカマスを背掛けにして投入。





願わくば、
50cmぐらいのシオが釣りたい。


秋から冬にかけて、
カマス飲ませが青物狙いに最高になるこのHY港ですが、

そろそろ青物廻ってきて欲しいところです。




浮きがやけに左へ流れて、
となりの人の範囲に行ってしまったので、

仕掛けを回収。





・・・。

なんとか出て来んかなぁーと、

5分ほど待ってみますが、
もはやただの根がかり状態で変わらず。


道糸持って引っ張らたら切れて終わりです



撤収する8時半でも
まだタチウオ釣れていたので、


かなりの高活性だったのやと思います。




滅多に無いこの高活性ですが、

こう簡単に釣れてしまうと、
タチウオ釣れてもあまり嬉しくない感じで。


まぁ、
贅沢な話しなんですけどね。



これで次に
タチウオもカマスも釣れなかったら、

しょんぼりするんやと思います。



勝手な話しなんですけど。



--------------------------------------

~釣食[つりしょく]~魚を釣って、料理して、美味しく食べるサイトhttp://penginzu.wix.com/turishoku

ペンギンズ 公式ホームページ

http://penginzu.wix.com/penginzu

 

釣食企画人スーさんTwitter
http://twitter.com/@penurakata

インスタグラム
https://www.instagram.com/turishokusuusan/?hl=ja

 



釣り人に読んで欲しい 以前に書いたブログ:

「海中に落ちた人を見つけたら 
          迷わず救助開始すべき」

http://penginzu.cocolog-nifty.com/blog/2017/11/post-2e67.html

※釣りをする際は堤防でも磯でも、
 必ずライフジャケットを着用して欲しいです

 

 

 

|

« 潮通し良い場所の大潮でも潮動かず・そして3m越えのメーサーらしき | トップページ | 餌取りだらけのフカセ・解決策は見つからずな前編 »

釣りのアレコレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 潮通し良い場所の大潮でも潮動かず・そして3m越えのメーサーらしき | トップページ | 餌取りだらけのフカセ・解決策は見つからずな前編 »