« たけPOKOとスー(モジャ)の学年には良い魚が食って来ないように仕組まれた夜釣り・後編 | トップページ | 短文・リベンジならず »

2020年8月 7日 (金)

チャンス待ちの夜釣り堤防

*************************************************

夜釣りフカセ釣り仕掛け
竿:NFT 磯ADVANCE 4号530

リール:シマノ ツインパワー 8000HG

道糸:DUEL BIG PE 4
浮き:サイト B
   →NF BASIC M-3B
ハリス:ワイロン #43S 道糸とサルカンでつなぐ
    →DUEL BIG 10号・3m道糸とサルカンでつなぐ

針:ミーバイ 13号

  
刺し餌:ボイルオキアミL・海エビ
撒き餌:ボイルオキアミL・生オキアミM・アミエビ・グレの舞
    

*************************************************

 

 

でも、ワイヤー系なので、
スリーブやら使わないと

針・サルカンと繋げられないかと思っていたんですが、

細めのワイロンなら普通に結べるらしいのです。

これやと、ノーガンで、
浮きは水面スレスレ。




それにしても、当たりが出なくて、
海中にはチョウチョウウオやらが

わっさぁ~っとしてるけど、


水面になにやら黄色っぽい

違うのもいる感じで、

それを掛けようと張ってみても
なかなか上手くいかない。

心配しながら引っ張ってみたら、

速攻で切れました。

結びはダブルクリンチノットを基本としてますが、
ヨレができやすいのか、

クリンチノットにしたら、
ちょっとマシでした。

 

 


やってもやっと、




浅めで餌取りがおるかと思い、
深めに棚を替えていったら、

また根掛り。


引っ張ったら今度は、

針の結び部分で切れました。



ワイロンそんなに強くないのか、

古くなってるからダメなのか、

結びがそもそも違うのか。

また、撒き餌と仕掛けと棚のパターン変更作戦へ。

ネンブツダイ。

こいつは飲ませで泳がせて見たけど、
反応なし。



それにしても餌取り猛攻が全然収まらず、
大型魚がぜんぜん釣れない。

撒き餌は余っているので、

試しに18杯ほど正面沖の一点に撒いて、

その5mほど左の潮下に仕掛け投入。



しばらく流しても餌残り。




その大量撒きポイントに4杯撒いて、
そこへ仕掛けを入れたら、

餌取りにやられた。




また18杯の大量撒きで、
そこにそのまま仕掛けを入れる。


しばらく流したら
モゾモゾして餌が取られたみたい。



つまりは、よく分からん。






根掛り覚悟の
右斜め沖の沈み根付近へ

仕掛けを入れて、

かぶせの撒き餌。


浮きがモゾモゾ。

35cmサイズなので、
ありがたく持ち帰りです。





そんな辛い状況でしたが、
最近、特に考えることがありまして、

「チャンスを待つのよぉ~♪」ってことです。

これは女性シンガー:YUIの楽曲
Highway chance 」から思い出す言葉です。


釣れない状況でも、
継続さえすれば、

チャンスが巡ってくる可能性があるってことです。



ときどき疲れて寝てしまう僕ですが、
これは、出来る限りを続けるのが大事なんやないかと、

思っているこの頃です。


ダメなら倒れるまえに、
次回へ持ち越すのもチャンスのための要素とも思いつつ。

--------------------------------------

~釣食[つりしょく]~魚を釣って、料理して、美味しく食べるサイトhttp://penginzu.wix.com/turishoku

ペンギンズ 公式ホームページ

http://penginzu.wix.com/penginzu

 

釣食企画人スーさんTwitter
http://twitter.com/@penurakata

インスタグラム
https://www.instagram.com/turishokusuusan/?hl=ja

 



釣り人に読んで欲しい 以前に書いたブログ:

「海中に落ちた人を見つけたら 
          迷わず救助開始すべき」

http://penginzu.cocolog-nifty.com/blog/2017/11/post-2e67.html

※釣りをする際は堤防でも磯でも、
 必ずライフジャケットを着用して欲しいです

 

 

|

« たけPOKOとスー(モジャ)の学年には良い魚が食って来ないように仕組まれた夜釣り・後編 | トップページ | 短文・リベンジならず »

釣りのアレコレ」カテゴリの記事

コメント

スーさん、色々試してますね。

「釣れない状況でも、継続さえすればチャンスが巡ってくる可能性がある」これは全く同感です。継続は力ですよね。釣りだけではなく全ての事に当てはまります。ホント、釣りから学べる事のなんと多いことか・・・。

 高知遠征が近づいてきましたね。今シーズンは今のところ台風の影響はあまりなさそうですね。普通の状態であれば釣果はほぼ間違いない地域なので心配はしてないのですが。
 OTSU漁港、鵜来島、その他の釣り場で良い釣果が得られなかった時には、帰り道になりますが黒潮町の灘漁港を試してみて下さい。ここはトイレもあるし、堤防先端付近まで車で乗り入れ可能です。帰りを考えてバックでの進入を推奨します。駐車してから左へ曲がって段差を越えた所がポイントです。フラットな堤防で足場も良いです。
 潮位が低い時間帯は少し投げて船道を2ヒロで狙います。満潮前後は竿下でよく当たってきます。右手のテトラの少し沖ではタマミもアタリます。デカイ奴が来ると、やり取りは結構大変ですよ(笑)
 陸向きに釣ることになり水深も浅い(大潮の満潮時で5m弱)ためぱっと見は良くないですが、実績はタマミ83.5、74、コロダイは50~70多数。50アップのコロダイ捕獲率9割以上!私たちが開拓したポイントでは「別格」扱いです。是非試してみて下さい。 

 それと、大津漁港から少し西側の西泊漁港、樫ノ浦漁港なども良さそうなので立ち寄ってみてはいかがでしょうか?このエリアはコロダイ80の実績があるようです。

 私の方は、お盆期間中は仕事漬けになります(泣)。釣りに行けるのは17日以降かな。
今年こそ、高知の海で思い出に残る魚を仕留められるよう願っています。非日常の貴重な時間を楽しんで下さい。

投稿: ユウジ | 2020年8月 8日 (土) 午後 03時27分

ユウジさん>

大変ありがたいです。

なんだか申し訳無いぐらいです。
ありがとうございますm(_ _)m

Googleマップで確認してみましたが、
灘はなんだか意外なほど
こじんまりした感じですね。

僕なんかではなかなか気づかないですが、
実はこういう所が良いのですね(^^)

当然候補に入れさせて頂きます。

まっことありがとうございますm(_ _)m


今回もお会い出来そうにないとのことで、
残念でもありますが、
いつか必ず。

それまでに、
もうちょっとでも腕上ってないと、
お恥ずかしいんで、がんばります。

投稿: スー | 2020年8月 9日 (日) 午後 12時20分

スーさん、灘は意外でしょう。私たちも条件は揃ってるけど浅いし、奥まってるしで、半信半疑での釣行でした。
でも蓋を開けてみると・・・。実績は、驚愕でしたね。
 私自身フィールドを守るために、ここでのキープは1枚だけにしていますし、釣行もシーズン3回位にしています。良いときは2時間で50~60のコロダイ5枚、バラシ3回とかありましたから。釣れすぎてしまうので自分たちで制限を作っています。良い場所は長く楽しみたいですよね。
でもスーさんは自由にキープしてくださいね(笑)。お客さんですから。フィールドは地元で守ればよいので(笑)。大津漁港もココに似てるかな?高知は夜釣りモンハンする人がホントに少ないので、まだまだ手つかずのポイントがたくさん残ってます。夜釣り好きにはたまりませんね。実際釣り具店でポイントを聞いてもほとんど知らないから・・・。

 仕事柄お盆の時期と、年末年始はほぼ休み無しです。
春のゴールデンウィークなんかは結構休めるんですが・・・。今、息子が大阪で働いているので、和歌山へ行く機会もあると思うので、その時は色々教えて下さい(笑)。
 スーさん、腕はもうかなり上手くなってますよ!あとは経験を積んで、頭の中のファイルを増やしていくだけじゃないかな。では、また。

 

投稿: ユウジ | 2020年8月 9日 (日) 午後 03時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« たけPOKOとスー(モジャ)の学年には良い魚が食って来ないように仕組まれた夜釣り・後編 | トップページ | 短文・リベンジならず »