« たけPOKO×イカ=メイチダイな前編 | トップページ | チャンス待ちの夜釣り堤防 »

2020年8月 6日 (木)

たけPOKOとスー(モジャ)の学年には良い魚が食って来ないように仕組まれた夜釣り・後編

いよいよ薄暗くなって、
夜釣りモードです。


*************************************************

夜釣りフカセ釣り仕掛け
竿:NFT 磯ADVANCE 4号530

リール:シマノ ツインパワー 8000HG

道糸:DUEL BIG PE 4
浮き:NF BASIC M-3B
ハリス:DUEL BIG 10号・3m道糸とサルカンでつなぐ

針:ミーバイ 13号
  →赤夜光真鯛王 10号
  →ミーバイ 13号

  
刺し餌:ボイルオキアミL・海エビ・ヒイカ
撒き餌:ボイルオキアミL・生オキアミM・アミエビ・グレの舞
    

*************************************************

いつもの太い仕掛けへ変更です。

波気は少なく凪ぎなので、
浮きは3B・ハリス10号を3m。



たけPOKOさんは、
ハリス1.5mほどで釣りをしていて、

そのほうが、
イサギが浅い棚で食ってくる際に、
すぐに対応出来るとのこと。


僕がハリスを3mと長めに取っているのは、
大物が根へ突っ込んだ際に、

道糸部分のPEやナイロンが擦れるよりも、
フロロが擦れる範囲が広いほうが、

やられにくいという考えです。

その分、
太いハリスのヨレが当たりを出しにくくするので、

針上にガン玉を打って対応する方式。




どっちも良い部分・悪い部分があるので、
狙う魚によって、
選択するのが良いのかも知れないけど。




たけPOKOさんが、
このポイントについて、

しっかりとアドバイスをしてくださいました。


右手の釣り師さんがいるとこが、
小さい湾にになっていて、

そこに撒き餌が溜まり易くなっていて、
そこで入れ食いになったりすると。


なので、
右手の釣り師さんは短時間の夜釣りするという
ことなので、

その帰られた後に、
そっちに移動した方が良いと。




時合いは19時半から20時過ぎぐらいと、

干潮を挟む23時ぐらいとか。


ありがたや。




その時合いとなる19時半過ぎ。




集中っ!一投ごとに集中っ!!


たけPOKOさん、気合入ってる。


この夕間詰めタイムは
一発のデカイのが来る経験が多いので、

僕も少し緊張しつつ、
ちょっとダラっとしている。


なんせ、昼間が暑すぎて
身体がちとダルい。


ってか、たけPOKOさん、
結構なスポ根なんかも。



ふたりとも浮きが
微妙にモゾモゾしている状態が続き、

何かが触ってきたり、
残ったり。



ちと怪しくなってきたなぁ~と
思っていたら、

たけPOKOさんの浮きが入った。

おぉ^^イサギや!!

インブライト8号がオススメらしいけど、
持ってなかったので、

赤夜光真鯛王10号で。

こんな時に限ってのやつが発生です。

ほどなくして右手の釣り師さんに当たりがあり、

スゴイ竿を曲げて走り周っている魚。



すんません!タモでライト照らしてエエですか!?


どうぞどうぞ!



もちろん照らしたら、
魚散るのでダメやけど、

わざわざ気を使って聞いてくださったし、

かなり暴れてる魚なので、
どんなのが釣れたのか見たいのもあるし。


ライトオンでのタモ入れ成功して、

何が釣れたのか見させて貰いに…。



でか・サンノジ。



あー、夜サンノジは暴れるってヤツ。


それにしても、
満月に近い月夜で、

かなり明るいので、
ノーライトタモも楽な状態と僕は思っていたけど、

右手の釣り師さんは
夏に数回しか夜釣りをしないようで、

竿さばきは僕よりずっと上手いけど、
ノーライトタモは慣れていないらしい。



僕自身も思えば、
ものすごい暴れる魚相手に、

もぉーーエエわっ!!と、

ライト付けてタモ入れした覚えがある。



せやから、サンノジだったとしても、
なんか攻める気にならんなぁーと、

思いましたよ。


YOYOYO♪まだ魚釣れるんかYO♪


と、密かに思いつつ続けると、


また右手の釣り師さんが
連続で竿が曲がって…


クロホシフエダイ!

フエダイ!

サンノジ!

ヘダイ!

サンノジ!

僕はというと、

たけPOKOさんのバラシがあってから、

やっぱり針を大きくミーバイ13号へ変更。


モゾッとした当たりに
聞き合わせでイサギげっと。

やっと、僕も持ち帰りできましゅ。

たけPOKOさんが変な魚をげっと。

魚種が分からんけど、

ムツ系?じゃないかと一致。



たけPOKOさんによると、
このポイントと

その左手の大きな湾になった所とかは、

へんな魚がよく釣れるらしい。



メイチもレアやったし、
オモロイポイントなのは間違いなかとです。

ヘダイです。


美味しいと思うんやけど、

たけPOKOさんは銀色系は
持ち帰らんらしき。

刺し身が旨いけど、
無理強いはせーへん。


50cmぐらいのトラウツボちゃん。


お鎮まりくださいまし
お帰りくださいまし。

フエダイかよっ!!

悔しいですっ!!

僕がイサギちゃん追加。

ヘーちゃん追加。

たけPOKOさんが、
右手の先端へ移動して、

ハエ根で切られる覚悟で、
イカもって進撃のPOKO。



モゾモゾはあったようやけど、
良い当たりは出ず。




2時まで粘りに粘って、
撒き餌切れで撤収でふ。


たけPOKOさん、
夜の磯でも歩くのめっちゃ早いので、

ついて行くのに僕は結構、
必死でした。

途中のデンジャー・ゾーンも、
しっかり教えてくれたし、

安全な道中となりました。




せっかくのたけPOKOさんとの釣行やったけど、人
この日は、良い釣果には恵まれなかったです。

でも、このたけPOKOさんのホーム地磯が
好きになったし、

真面目からのスポ根野郎となった
たけPOKOさんと、

ダルいネムいモジャ男という、

同学年はだいたい変なオジサンしかいないグループ釣行は、
思い出深いものとなりました。


また、一緒に釣り行けたらなぁーと思います。






で、帰ってLINEみたら


・・・おいぃいー

--------------------------------------

~釣食[つりしょく]~魚を釣って、料理して、美味しく食べるサイトhttp://penginzu.wix.com/turishoku

ペンギンズ 公式ホームページ

http://penginzu.wix.com/penginzu

 

釣食企画人スーさんTwitter
http://twitter.com/@penurakata

インスタグラム
https://www.instagram.com/turishokusuusan/?hl=ja

 



釣り人に読んで欲しい 以前に書いたブログ:

「海中に落ちた人を見つけたら 
          迷わず救助開始すべき」

http://penginzu.cocolog-nifty.com/blog/2017/11/post-2e67.html

※釣りをする際は堤防でも磯でも、
 必ずライフジャケットを着用して欲しいです

 

 

|

« たけPOKO×イカ=メイチダイな前編 | トップページ | チャンス待ちの夜釣り堤防 »

釣りのアレコレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« たけPOKO×イカ=メイチダイな前編 | トップページ | チャンス待ちの夜釣り堤防 »