« 短文・ハリス16号なのに…無反動チモト切れ | トップページ | イワシ撒いてガシラとニョロニョロ »

2020年8月24日 (月)

高知南西部ND漁港・苦戦に終わる夜釣り

 

立ち位置の右手に
でかいテトラが沈んでいるので、

そこへ入られたら、
切られる可能性高いけども、

あえて、夕間詰めから16号でやってみたかったのです。



明るいうちは餌のイワシは取られず、
カゴ釣りの師匠のボイルもほぼ取られない状態。


昼間のうちに熱せられたコンクリの堤防が
ムワぁ~っと暑く、

風もないので、汗が止まらない。




とにかく棚を変えつつ、
ちょっと這わせるぐらいに深くしたり、

あえて浅い棚から
ゆっくり道糸出して沈めてみたり。


ときとりモゾってして、
イワシを触られたような感じもあるけど、

明確な浮き当たりは出ない。




僕の浮きにやっとモゾモゾ当たりが出て、
かなり待っても

大きくは沈まないので、
上げてみる。

 



若潮で16時半満潮171cmから
22時干潮124cmと、

ほとんど潮位が変化しない状況。


外海も波が弱めなので、
余計に潮が動かない。



基本は止まっていて、

ときおり右へ左へ2mほど動いたと思ったら、
すぐに止まる。




足元にはやっと
ピカピカ光る小魚が出始めたけど、

そこへ仕掛けを入れても、
イワシは残るばかり。

なるべく残浮力を消すために、
ハリスにガン玉を打っては外しての調整して
スレスレへ。

それでも良い当たりは出ない。





師匠は左手から移動して、
右手のテトラ帯側へ遠投している。

餌は取られるようやけど、
魚は掛からず。



21時半過ぎ。

スーーと浮きが右へ流れていく。
でも、浮きは沈んでいない。


急にこんなに潮動いてるんか!?

いや、早すぎ。



合わせ。




ガツッ!ガツッ!


やはり当たりやった。


竿をタタキながら
すぐに浮いてきた魚。


重たいけど、
ぶっこ抜き。


それでも、ウツボは釣れたので、
ここからチャンスは無いかと、

1時間ほど粘るも、
ひたすらに餌残りのまま。



無風状態で、
コンクリは暑いし、

汗が止まらない。





頭痛がしてきて、
熱中症な感じ。


最終日なのに、
ぜんぜんダメダメな釣果。



でも、もう体力の限界やし、
いくら良い場所でも、

この潮の動かなさと、
餌取り含めた活性の低さからすると、

なんとも釣れなさそうな日。



もうシンドすぎて
22時半に撤収。


氷の状態を見ながらの
保管するにも、手間が掛かるし、

疲れた状態では手間になるし。



この事については
また別に書きますが、

フエダイは過去最高に脂のってたし、
食べましたけど、

かなり傷んでたのが、ホンマに残念過ぎです。


爆発的に旨かったのが分かるのに、
身にクサミというか、傷んだ違和感が出ていました。

悔やみますが、
コレは悔やむのが必要なのではなくて、

対策を考えて、
実行することが必要。

でも、悔しいですが。




これもまた経験なので、
次回には必ず生かしていこうと思います。


--------------------------------------

~釣食[つりしょく]~魚を釣って、料理して、美味しく食べるサイトhttp://penginzu.wix.com/turishoku

ペンギンズ 公式ホームページ

http://penginzu.wix.com/penginzu

 

釣食企画人スーさんTwitter
http://twitter.com/@penurakata

インスタグラム
https://www.instagram.com/turishokusuusan/?hl=ja

 



釣り人に読んで欲しい 以前に書いたブログ:

「海中に落ちた人を見つけたら 
          迷わず救助開始すべき」

http://penginzu.cocolog-nifty.com/blog/2017/11/post-2e67.html

※釣りをする際は堤防でも磯でも、
 必ずライフジャケットを着用して欲しいです

 

 

 

 

 

 

 

 

|

« 短文・ハリス16号なのに…無反動チモト切れ | トップページ | イワシ撒いてガシラとニョロニョロ »

釣りのアレコレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 短文・ハリス16号なのに…無反動チモト切れ | トップページ | イワシ撒いてガシラとニョロニョロ »