« 短文・亀の頭を持つ男 | トップページ | すさみ町ラーメン地磯・フエダイ釣れたから上出来な後編 »

2020年7月21日 (火)

すさみラーメン地磯・ことごとく3バラシを食らう前編

*************************************************

フカセ釣り仕掛け
竿:NFT 磯ADVANCE 1.5号530
リール:シマノ ハイパーフォース C3000DHG

道糸:サスペンド ナイロン 2
浮き:功派グレ00
   →翔黒 0
ハリス:スーパートルネード 2号・3m道糸直結
    →スーパートルネード 2.5号・3m道糸直結

針:掛かりすぎ尾長 7号
  →Mシステム 尾長くわせ7.5号

刺し餌:ボイルオキアミL・ウンコ
撒き餌:ボイルオキアミL・グレの舞

 

*************************************************

右手の沖側から
ときおり強め波が足元へあたって来るけど、

基本は平らでやりやすい状態。










撒き餌には
オヤビッチャとチョウチョウウオが
群れているのが見えるけど、

撒き餌と仕掛けのタイミングをズラシたり、
距離を離したりすれば、

ある程度は刺し餌は瞬殺されずにすむ状態。


ウキ下3mから
3.5mまでの誘導仕掛けで、

仕掛けテンション掛け気味で当たりをだすように。

 




あっちゃ投げ。
コッチャ投げで、


餌取りを撹乱する作戦に変更して、

それまで餌を入れていなかった
左手の足元へ。

 


浮きがゆっくり右へ流れて行く。



当たりは出ないし、
刺し餌もそろそろ取られてるんかもなぁーと

思っていたら、



浮きがスススッと沈む。


サラシでの沈みと違う感じがしたので、
そろぉ~っと聞き合わせ。




グイーーーン!!


かなりパワフルな引きで、
対応も遅れてちょっと糸を出して体制を整え・・・


グンッ



まんまと沈み根当たりで切られた模様。




ちょっとだけ糸出してしまったのが、
根に入られる原因だったのかも。



よし、次は糸は出さずに、
止める。


止めるために、と仕掛け変更。

 


切られたのと
同じ流れでやってみると、

すでに餌取りのエジキ。




また、分離作戦をしつつ、
あらゆる方向へ投げてみます。



ぜんぜんアカンやんっ。



と、また沖のさっき切られた場所。


モゾ。

モゾ。


なんか怪しい浮きのうごき。


スゥーーーー


これは来たっ!と合わせ。


グンっ!!ギュイイイイイイ!!




そこまで速くも無いけど、
重量感のある引き。



とにかく
糸は出さずに溜める・・溜める・・・。


グイイイグッ!!



直結で切れてバラシ・・・。



根ズレでなく、
止めようと溜めすぎたのか…、

単に結びが下手だったからか。



こんにゃろめ。ニャロメ。

 

 

さっそくのグイーーーン!


魚が左に走ったので、

僕もその動きに追従して、
左へ移動しつつ巻く。


今度は何とか

さっきほど強くないし。

 


ここからまた、
餌が良く取られるようになって、

またまた沖へちょい遠投。

 

もう18時を過ぎたので、
夜釣りモードへ仕掛け変更しまちゅ。


後編へ。

--------------------------------------

~釣食[つりしょく]~魚を釣って、料理して、美味しく食べるサイトhttp://penginzu.wix.com/turishoku

ペンギンズ 公式ホームページ

http://penginzu.wix.com/penginzu

 

釣食企画人スーさんTwitter
http://twitter.com/@penurakata

インスタグラム
https://www.instagram.com/turishokusuusan/?hl=ja

 



釣り人に読んで欲しい 以前に書いたブログ:

「海中に落ちた人を見つけたら 
          迷わず救助開始すべき」

http://penginzu.cocolog-nifty.com/blog/2017/11/post-2e67.html

※釣りをする際は堤防でも磯でも、
 必ずライフジャケットを着用して欲しいです

 

 

|

« 短文・亀の頭を持つ男 | トップページ | すさみ町ラーメン地磯・フエダイ釣れたから上出来な後編 »

釣りのアレコレ」カテゴリの記事

コメント

スーさん、お疲れ様です。
色々と試行錯誤されてますね、それで正解だと思いますよ。
何回も試していると、少しずつヒントも見えてくるもんです。
私も若い頃は離島、準離島の沖磯では80回以上はバラシてますよ(笑)。はじめの頃は瞬殺、秒殺!それから2~3年位かけてゲストフィッシュの大型が獲れるようになり、デカ尾長もタモ入れ直前までもってこれるようになりました。でもサメに食われたり、針が伸びたりして獲れてはないんですが・・・。
でもバラシがあるから楽しいと思っています。


 私も昨日夜釣りに行ってましたよ。
土佐清水のお気に入りの漁港です。自宅から片道160キロと遠いのですが、最近はこのエリアに魅せられてます。
スーさんが大阪に在住されていた頃、南紀エリアに抱いていた憧憬に近いんじゃないのかな?

 結果はタマミ70 1枚、グレ40 1枚、オジサン40オーバー 2枚、タマミと思われるバラシ(針外れ)1回でした。
BBX2号はめちゃめちゃ強いです。70タマミも余裕でしたね。今回は5Bの棒ウキを使ったのですが、キビナゴを使用したときの前アタリがわかったので、非常にやりやすかったです。
もし高知遠征される時には、是非このポイントで釣って欲しいですね。明るいうちはグレも狙えるし、タマミも確率は高そうです。私の中ではS級ポイントですね。次は来月頭の大潮に行ってきます。当分はココに通うつもりです。

投稿: ユウジ | 2020年7月21日 (火) 午後 10時02分

ユウジさん>
相変わらずやりますねー(^o^)/

タマミ70とは、さすがです。
僕なんかは、掛けれもしないここ数年なんですが、
今年の夏に高知行けたら、

土佐清水の場所は
今回も攻めたいと思っています。

去年は台風で
散々だったので、

今年はなんとかもうちょっとだけ
静かにあって欲しいと思っています。

コロナについては、
現状の高知と和歌山のレベルなら、

大きな問題無さそうですね。


BBX2号はそんなに強いんですね。

実は僕も、
今回の4号竿を選定するときに、
BBXスペシャルのT3が良いと

タケちゃんに教えて貰って、
ヤフオクなどで探してたんですが、

なんせ予算が少なくて無理でした。


いまのNFT4号が殉職しましたら、
あらためて探そうと思うので、


それまでバラしまくりながら、
腕を磨こうと、
コメント頂いて改めて思いました。


この夏は、
こないだ教えて頂いた方法をとって、
鵜来の漁港で一晩夜釣り作戦も

検討しております。

教えて頂き、ありがとうございました。

鵜来の沖磯の半夜とかは、
暗くなる前に終るようで、

南紀のように22時までとかないし、
時間短いのに昼釣りと値段一緒やし、
なんだかなぁ~と考えた結果、


定期船で鵜来漁港へ渡る作戦は
かなりテンション上がるなぁ~あと、

やっと分かりました。

低予算でも、
楽しい時間を過ごすってのが、

やっぱり重要なので、
お金がない僕としてはピッタシかも知れません。

できれば、昼間に
素泊まりで寝て、

夜にまた釣りってのが、
夏には最高なんですが、

また民宿に聞いてみようと思いますYO♪

投稿: スー | 2020年7月22日 (水) 午後 09時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 短文・亀の頭を持つ男 | トップページ | すさみ町ラーメン地磯・フエダイ釣れたから上出来な後編 »