« 4月上旬・地磯からマダイ狙いのはずがジャンボイサギで戸惑うやつ | トップページ | 新型コロナの時代における釣り師の在り方宣言 »

2020年4月15日 (水)

ベタ凪のMS堤防・釣れたのは極小ガッシーのみ

2020年4月12日 日曜。

前日の夜釣りがあったので、
午前中はゆっくり。

昼過ぎから夕間詰めの釣りへ行こうと
思っていたけど、

天気予報では雨1-3mmで、
東寄りの風5-7m予報。

海行ったら、もっと強く吹くやろけど。




雨でもなんでも釣りは行くけど、。

雨の中で全身ビショ濡れになって、
道具も全部濡れるのもなんか嫌なもんで、

ちょいマシな状態に出来んかなぁーと、
考えてホームセンター・コーナンへ。

3000円ほどで購入した、
ワンタッチポップアップサンシェード。

海とかでよく使われるヤツです。

要するに簡易のテントです。


前日の夜は超満員だったくせに、
雨風で誰もいない田辺市MS堤防へ15時前着。



こんな感じで直で頭にあたる雨を防ぎます。

風は東寄りなので、
左後ろから吹いてる状態で、

なかなか強い。

おそらく他の釣り師さんより
多いであろう僕の荷物を中の風上へ設置して、

飛ばないようにします。

これでも
飛びそうになったり
動いたりするので、

海水汲んだバケツも中へ置いて
重しにしました。



*************************************************

フカセ釣り仕掛け
竿:NFT 翔磯 1号530
  →ダイワ DXRメガチューン 尾長SP50 

リール:シマノ ハイパーフォース C3000DHG

道糸:サスペンド ナイロン2号?
   →シマノ ファイアブラッド ZEROサスペンド ナイロン 4

浮き:Tフェニックス u/0
   →ハピソン 3B
ハリス:スーパートルネード 2号・3m道糸直結
    →スーパートルネード 5号・3m サルカンでつなぐ

針:グレ 5-6号
  →真鯛王(赤夜光) 10号
  
刺し餌:生オキアミM・ルクス S・ルクス 3L
撒き餌:生オキアミM・アミエビ・チヌの舞ホワイト・
    グレの舞・
4倍こませチヌ(残り)

*************************************************



潮は動いておらず、
風も5mぐらいなので、

とりあえずTフェニックス u/0の
誘導仕掛け・棚4m設定で開始。

波予報2mのち3mだと思ったけど、
ベッタベタの凪。

水面は真っ平らで、
澄み潮。

左後ろからの風で、
表層の撒き餌だけ、
ちょっと右へ流れている。




仕掛け投入するも、
ぜんぜん仕掛けが沈んで行かない。

潮受けゴムは
浮きにひっついたまま。


そして、浮き当たりも出ないままに
餌だけ取られている。




何がおるんかなぁーと観察していたら、
大きめのフグが撒き餌を突きまくり、

ネンブツダイだかアジだかわからん小さな魚が、

群がるでも無く、
静かに餌をつついている。


道糸をなるべくまっすぐにして、
テンション張り気味にしていたら、

潮受けゴムがちょっと動いて、
刺し餌をつついてるのが、

わかったけど、
合わせようにもぜんぜん上手くいかず。



というか、
この餌取りの下にいる

大きめの魚を狙うのが良さそうに思うけど、
そもそも仕掛けがぜんぜん沈まないのが問題なのかも。




もう池のように澄んでいる海。

そして、ネットリとして、
仕掛けがぜんぜん沈まない感じは、

なんだかローションの海みたい。



撒き餌の沈み方も、
スローモーションのようで

やっぱりローション。



こりゃガン玉足すかなぁ~と、

G7。だめ。

G7×2個。変わらん。

G7×3個の段打ち。微妙。


G7×3個+G5。急に浮きごと沈みだす。



なんなんや、この
ねっとねとした感じ。

ムカつくわ。



風もそれなりに吹いてるし、
もう浮きごと沈め釣りで、

道糸の動きをみて
当たりを取るようにしてみる。




・・・。


・・・。


ぜんぜん分からんまま、
餌なくなる。



竿バッグはそんなに濡れて無いけど、
床部分の布はビッショビッショ。

ここに座ったら、
ケツが濡れてもうパンツまで濡れました。

なんかクッションシート的なやつを
使ったほうが、

ケツ濡れなくて快適かも。


強風でテントの屋根が潰されて
頭にウイーーン・ウイーーンと当たってます。

もうほとんど潰されてます。





18時過ぎて、
夜釣りモードのDXR・ハリス5号へ変更。

ぜんぜん波気は無いままのベタ凪。

MS堤防は
ちょい波気あるぐらいで、
良い経験があるけど、

こんなベタベタだとアカンやろやっぱり。


餌は基本取られるけど、
ときどき餌残り。


浮きは風に流されて、
右へ行くけど、

おそらく撒き餌は
ほぼ真下へ沈んで、潮は動いてない感じがする。


なんせ、仕掛けを張り直してみても、
竿先に抵抗はなくて、

やはりローションの中で、
仕掛けがまったく潮を掴んでいない感じ。





まぁ、それでも、
日没頃には雨がやんでくれたし、

全身ビショ濡れで寒いですが、
強風の中で続行。



とにかく、この日は何も釣れてないので、
とにかく、なにか掛けて釣りたい。


足元も攻めてみますよ。



極小のガッシーが釣れました。


この日釣れたのは、
このガッシーのみ。



満潮21時半の1時間前、

20時半まで粘るも、
何も起きず。



潮が動いたのか、
風に流されたのか分からないまま、

浮きを沖へ流すも餌残り。



多分、潮止まってて、
表層の浮きが風で流されただけ。


寒さに震えて頑張ったけど、
何もない日は何もない。


21時に撤収。

--------------------------------------

~釣食[つりしょく]~魚を釣って、料理して、美味しく食べるサイトhttp://penginzu.wix.com/turishoku

ペンギンズ 公式ホームページ

http://penginzu.wix.com/penginzu

 

釣食企画人スーさんTwitter
http://twitter.com/@penurakata

インスタグラム
https://www.instagram.com/turishokusuusan/?hl=ja

 



釣り人に読んで欲しい 以前に書いたブログ:

「海中に落ちた人を見つけたら 
          迷わず救助開始すべき」

http://penginzu.cocolog-nifty.com/blog/2017/11/post-2e67.html

※釣りをする際は堤防でも磯でも、
 必ずライフジャケットを着用して欲しいです

 

 

|

« 4月上旬・地磯からマダイ狙いのはずがジャンボイサギで戸惑うやつ | トップページ | 新型コロナの時代における釣り師の在り方宣言 »

釣りのアレコレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 4月上旬・地磯からマダイ狙いのはずがジャンボイサギで戸惑うやつ | トップページ | 新型コロナの時代における釣り師の在り方宣言 »