« ベタ凪・ダメなら超遠投でグレ | トップページ | 短文・脱いだらスゴかった的なイサギのやつ »

2020年4月10日 (金)

田辺市で初の家系だと思う旨味系ラーメン「福福家」

2020年4月2日 木曜。

前日にオープンしたばかりのラーメン店。
「濃厚とんこつラーメン 福福家」へ行ってきました。



Googleマップにもまだお店の情報が出ていないので、
となりにある「spice curry hanabee」の地図情報を貼っておきます。

要するに国道42号バイパスの

コーナン近くです。


もともと中華料理の桃太郎があった場所とでも
言いましょうか。




店内に券売機があって、
そこで注文を選ぶのですが、

そこには写真付きの
メニューがなく、

券売機のボタンにある小さな文字で判断する状態。

先に外にあるこの写真で考えておかないと、
なんとも選び難いです。



店内の券売機の横に、
写真付きのメニューを置いたほうが、
親切かと思いました。

ただ、「チャーシュー麺」と言えど、
ラーメン屋では、

お店によってチャーシューの厚み・脂身・枚数が違うので、
写真で判断すると僕は思います。

ラーメンはシンプルだからこそ、
写真があるとその具材や雰囲気が分りやすいですよね。



漬物・玉ねぎは無料で追加出来ます。

また、好みに合わせて、

麺の硬さ・味の濃さ・脂の量を
選ぶことが出来ます。



そして提供後にも
また調整に応じてくれるようで、

これは親切だと思いました。



きゅうちゃんが食べ放題です。

奥にあるのは、
「辛い豆」=豆板醤の系統。
「力の源」=おろしニンニクです。

 



ラーメン680円。
塩と醤油が選べるのですが、

今回は醤油にしました。

ベースはどちらも豚骨なので、
醤油は要するには醤油豚骨です。


麺も太麺・細麺で選べます。
僕は細麺で注文しました。



まずはスープを一口。


旨味がとにかく抜群です。

サラッとしてますが、
旨味がガツっときて、

そのあとは思った以上にスッキリしています。



麺をすすります。



中細の縮れ麺。

田辺市では珍しい縮れ麺で、
スープと絡んで美味しいです。


麺は硬めで注文しましたら、
僕にとっては普通の硬さでした。

和歌山県内でラーメン食べるときは
だいたいそうですが、

普通の状態の注文で、
全体的に麺が柔らかいです。




チャーシューはこってり脂系ですが、
くどくは無く、美味しいです。

トロっとしています。



付け合せのほうれん草は
かなり柔らかくて、

スープに溶け込む感じ。


もっと歯ごたえを残したほうが、
一杯のラーメンの中でのアクセントになると、

思いましたが、

師匠はこのほうれん草の茹で加減で良かったみたいです。



海苔・・・旨いです。

パリパリの部分の風味が良いですし、
スープに浸った状態もまた、

まろやかで好きです。

 



替え玉があるようなので、
注文しようと定員さんを呼びましたら、

残っているスープの量からすると、
替え玉 200円よりも、
替え玉半玉 100円の方が良いと思います、

とのことで、半玉でお願いしました。


もうちょっとだけ食べたい人に、
ちょうど良い量です。


僕のお腹の具合としては、
半玉よりも一玉食べたかったですが、

店員さんの言った通り、
一玉だと、やはりスープ足りない感じでした。



麺の硬さは
バリカタでの替え玉。

適度に歯ごたえがあって、
僕にとってはちょうど美味しかったです。

麺、美味しいです。




替え玉の際は、
辛い豆・力の源を足してみました。

力の源はスプーン一杯で入れすぎた感じになりましたので、
様子見ながらちょっとずつ入れたほうが

お好みのバランス取れて美味しいと思いました。




今回は
味の濃さ・脂の量ともに普通で注文しましたが、
僕にとっては十分の濃さ・旨さでした。

 



一緒に注文した餃子。

ひとくちサイズで食べやすいですが、
中のアンが少し火の通りが足りない感じがしました。

同行した師匠は、
かなり美味しい餃子と言ってますが、

僕にとっては、生感が少し気になりました。





帰りがけに頂いたパスポート。
4/30まで何回でも使えるようで、

かなりお得です。



近いうちにまた行って、
今度は太麺で食べてみたいです。





総評。

とにかく旨味が抜群で、
これでもかっ!!と強いですが、

後味はスッキリとも言えるスープ。


麺は東京ではおなじみな
中細の縮れで、

バリカタで頼めば
歯ごたえと風味が美味しく、

スープとの絡みも抜群です。



このラーメンの味わいは、

和歌山市の「丸花」と同じ感じで、
言うなれば「家系ラーメン」

看板には「濃厚とんこつラーメン」と、
書いているのですが、

僕の知っている九州の濃厚豚骨とはまったく違って、
旨味系でサラっとした家系だと思いました。





田辺市に家系ラーメンは他にないので、
家系であることを主張したら、
良いのではないかと思うのですが、


店名「福福家」となっているように、

家系の代表らしき「吉村家」のような「家」を
店名に入れて置くぐらいの

ちょっと控えめな感じが、
店主さんの人柄なのかも知れないですね。



美味しかったぁ~しか書かないような
どうでも良いラーメンブログは嫌いなので、

良くも悪くも詳細書いてみましたが、

単純に多くの人が「美味しい」「また食べたい」
と、思うラーメンだと思いました。

また食べに行きます。



※食べログの情報がまだ出てなかったので、
 リンクは貼れず

--------------------------------------

~釣食[つりしょく]~魚を釣って、料理して、美味しく食べるサイトhttp://penginzu.wix.com/turishoku

ペンギンズ 公式ホームページ

http://penginzu.wix.com/penginzu

 

釣食企画人スーさんTwitter
http://twitter.com/@penurakata

インスタグラム
https://www.instagram.com/turishokusuusan/?hl=ja

 



釣り人に読んで欲しい 以前に書いたブログ:

「海中に落ちた人を見つけたら 
          迷わず救助開始すべき」

http://penginzu.cocolog-nifty.com/blog/2017/11/post-2e67.html

※釣りをする際は堤防でも磯でも、
 必ずライフジャケットを着用して欲しいです

 

 

 

|

« ベタ凪・ダメなら超遠投でグレ | トップページ | 短文・脱いだらスゴかった的なイサギのやつ »

食べ歩きレポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ベタ凪・ダメなら超遠投でグレ | トップページ | 短文・脱いだらスゴかった的なイサギのやつ »