« 串本地磯・餌残りの前半戦 | トップページ | 寒グレの白子ポン酢 »

2020年3月 4日 (水)

串本地磯後半戦・ダメダメのなか最後の最後に3連・そして白子へ・・・

2020年3月1日 日曜の後半戦。

場所は串本のHIWAI地磯。



ここまで餌取りの活性は低く、
ちょっとカジラれてもすぐにいなくなる状態。

時刻は12時。

*************************************************

フカセ釣り仕掛け
竿:NFT 翔磯 1号 530
リール:シマノ ツインパワーBB-X GT800

道糸:シマノ ファイアブラッド ZEROサスペンド ナイロン 2
浮き:Tフェニックス u/0
  
ハリス:スーパートルネード 1.75号および1.5号・3.5m道糸直結
針:極軽グレ5号および掛かりすぎ口太3号
  →グレ7号ぐらいの

  
刺し餌:生オキアミM・ルクス S・ルクス SS
撒き餌:生オキアミM・アミエビ・V9

*************************************************



ハリス1.75号だと、
見切られてるかも知れないので、

ハリスを1.5号と細くする。



餌がときどきカジラれてるのが、
グレの当たりかも知れないので、

ひさびさの浮きに爪楊枝を差しての、
完全固定仕掛けへ。


ウキ下は3.5m。


僕がこのTフェニックスを買った理由は、
爪楊枝で完全固定が出来るANAのサイズだからです。

仕掛け投入して、
ウキ下分だけ巻き取ったら、
確実にハリスが真っ直ぐな状態でフォール。

さらに浮き上の道糸をまっすぐにしたらば、
当たりの出る確率が格段に上がると考えているからです。


足元から20m沖まで
広く探って行きますが、

餌丸残り。


ぜんぜん餌取られない。

固定する位置をもっと深めに変えるも、
餌丸残り。

完全固定でもそもそも餌残る。



やはり、完全固定の限界=竿の長さよりも、
もっと深くせんとアカンのかも?と、

誘導へもどして
ウキ止めは6m位置。

ウキ止めゴムの馴染み方も、
なんだか横へ行き過ぎに思えたので、

直結すぐ下にG7を打つ。





あらためて足元から探り直すも、
だめだめ。



それなら下手やけど、
40mほど遠投。

潮は当て気味ではあるけど、
ゆっくり左へ。


しばらくして回収すると、
餌が取られていた。

いや、外れただけかもせんので、
もっかい同じく遠投。



浮き着水から撒き餌を周辺へ。


刺し餌がウキ下分まで沈むよりも早く
浮きがスーーっと沈む。


合わせ



グッ



2秒でKO。



ハリスの中間で切れていたという。



ゲテでもなんでもいい。

もうちょっとやり取りしたい。ので、

ハリスを1.5号から1.75号へ太く。

直結下へG7。



同じように遠投するも、
餌丸残り。



太くしたからアカンのか。

そもそも一瞬しか魚が動いてないだけなのか。



1時間ほどやるも
反応ないままなので、



またハリス1.5号の細めへ。

でも、状況変わらず、
餌残り。


タケちゃんからLINEで
遠投深めでやってみ。と。

モチロン試してみますよ。



40mほど遠投して、
撒き餌多めの8発。

コントロール悪いし。




少し流していたら、
浮きがスッ。


でも、素針。



マジか・・・。


言われた通りにやったら、
ここまでなかった浮き当たりが出た。




2投目も撒き餌多めで。

急に浮きの周辺に
カモメがぐるぐるとやってきて、

海面にはパシャっと小魚。


なんやろ。
やけにこの周辺の活性上がったんかなぁ。





シュッ!


グイーーーーン!



なんか食ったっ!


30cmサイズの引きやけど、
一気に足元まで走ってきて突っ込む。


キワへ入ろうとして
グンっ!グンっ!


グレだかサンノジだか分からんけど、
とにかく獲らなーっ

と、思ったらフッ・・・



チモトで切られて
針上50cmぐらいまでザラザラ。



せっかくタケちゃんの教えてくれたようにやって、
オカゲ様ですぐに食ったのに、

バラすやつ・・・。



申し訳なさすぎて、
LINEで報告も出来ひんぞ。


とにかく一匹でもグレ獲らな。





また遠投試すも、
もう当たりはなく、

水面が眩しくて
浮きも見えないし、

ぜんぜん分からんなってしまった。



足元にこぼれた撒き餌に、
ちょっとだけチョウチョウウオが出てきて、

すぐにいなくなる。


足元をあらためてやってみる。



ギュイ


っあ





浮きがあった位置ぐらいで
道糸切断でバラシ。

1秒もなくKO。


クソがぁあああああ



と、イライラしています。



時刻はすでに17時過ぎ。

夕間詰めに入っており、
もう日没も近いし。




あーあ。
今日もダメダメで終わりかよ。


と、思ったら、
左手に何やら怪しげな波紋が・・・。


左手にいたフカセ師さんは
すでに片付けに入ってるようなので、

遠慮なく、
その場所へ仕掛けを遠投するとパシャッ!!

浮きグレ確定。



刺し餌だけ持って、
もっとその移動して

とにかく一匹でも掛けたい一心で
浮きグレよりも先へ遠投し、

ゆっくりゆっくり巻いてみる。


でも、食わん。
アカン。



片付けて帰るフカセ師さんと話しをしたら、

少しまえから浮きグレ出てるけど、
ぜんぜん食わんと。



でも、40cmはいかないぐらいの
グレ一匹獲れたからまだ良かったと。





ぬぬぬ。
やっぱり左手のサラシがええ感じなとこは釣れたのね。



ウキ下20cmからの誘導仕掛けで、
浮きグレ狙いで続ける。



今回の浮きグレは
そこまで仕掛けを嫌がって逃げないけど、

とにかく動きが激しく
水面をぐるぐると動き回る感じ。


グレがやってくる顔の方に
刺し餌がくるように

ゆっくりゆっくり巻く。

でも、掛からん。



左手のフカセ師さんが帰ったので、
そこへ撒き餌ふくめた道具を持って移動。


面倒やけど、

浮きグレに近いとこで釣りせねば、
確率はアガラん。


17時半。

こんなときに限って、
足元の磯にハリスが掛かって

切れてグルグルやし、
めちゃめちゃになった。


時間ももう無いし、
ムカつくけど、

直結からやり直す。





2号ではなく、1.75号で。
暗くなってきたので、
太くしてもええけど、

とにかく1匹でも掛けたい。


ウキ下3mからの全誘導。





もう浮きグレは消えた。

サラシからのええ感じの払い出しがあるので、
そこへ仕掛けと撒き餌を入れる。


餌丸残り。



もっとサラシからの流れの先にグレがいるかも知れないので、

JOJOにサラシから沖へ撒き餌・仕掛けの投入点を遠くしていく。




サラシの流れにのった浮きは
20mほど先で別の流れにのって、

左へ流れてみる。




その20m先へ撒き餌と仕掛けを単純にバシャバシャ入れて流してみる。


ジワぁあああ


もう浮きがあまり見えないけど、
浮きが沈んでいくのは間違いないはず。


合わせ。

グイィイーーーーーン



叩かない引き。

グレっぽい。グレっぽいぞ。




なかなかエエサイズのグレ!


やっと釣れた。
夕間詰めに頼り切った感じもあるけど、

浮きグレが沈んでの
いまが爆釣タイムかも。


針飲んでたので、
棚設定が深すぎるかと思いつつも、

とにかく時合いを逃すまいと、
棚は上げずに投入。




まったく同じ方法で20m先狙いの
撒き餌多め。

ゆっくり左へ流れて
浮きがジワァアアアと沈む。


いや、正確には
浮きがはっきりは見えてないけど、

ゆっくり糸フケとって合わせ。



グイィイーーーーーン!!


巻けるときだけ巻く。

とにかくためる。




強いけど、
なんとかなりそう。



これもエエサイズのグレ。

とにかく20m沖で流せば、
食ってくるぐらい爆釣タイム。




でももう18時になって、
遠いと浮きがまったく見えない。


なので、もっと近くの10mぐらいで左へ流す。

キタァーーー

 



ちょいサイズダウンしたグレ。


もうほとんど浮き見えてないけど、
4匹目を狙っての一投。



しばらく流しても当たりなし、

もうさすがに終わったかな?と、

回収しようとすると、



水面でバシャバシャ


あれ・・・




ここから超強い引きとの
やりあいで、

いっこうに力弱くならずで、
タモ入れに難儀。

 



60cmオーバーのボラ。

もういいよ。



という訳で、
夕間詰めに頼った3匹で撤収となりました。


なんだかやけにデカイので、
グレダービーのため釣太郎へ持ち込み。

 



40cmオーバーいってるかも!?

と、思いましたが、

かなりシビアに測ってもらって
最大で39.9cm。


40cmオーバーならずです。



そして内臓をさばいて
下処理します。



2匹は真子(まこ・卵)で、
1匹は白子(しらこ・精巣)でした。

 



でっかい白子。

やっと寒グレならではの
白子が獲れて嬉しいです。


腕というよりは、
夕間詰めに頼った釣果となったので、

なんともやりきった感は少ないですが、



心折れずに
ムカつきながらも仕掛け作り直しをして、
より、釣れそうな場所へ移動したことが

良かったのかも知れないとも思います。





そして今週末はグレダービー最終戦です。

狙うは40cmオーバーと言いたいところですが、
実質は、グレのボーズを無いようにするのが

精一杯やと思います。

 

---------------------------------------

~釣食[つりしょく]~魚を釣って、料理して、美味しく食べるサイトhttp://penginzu.wix.com/turishoku

ペンギンズ 公式ホームページ

http://penginzu.wix.com/penginzu

 

釣食企画人スーさんTwitter
http://twitter.com/@penurakata

インスタグラム
https://www.instagram.com/turishokusuusan/?hl=ja

 



釣り人に読んで欲しい 以前に書いたブログ:

「海中に落ちた人を見つけたら 
          迷わず救助開始すべき」

http://penginzu.cocolog-nifty.com/blog/2017/11/post-2e67.html

※釣りをする際は堤防でも磯でも、
 必ずライフジャケットを着用して欲しいです

 

 

 

|

« 串本地磯・餌残りの前半戦 | トップページ | 寒グレの白子ポン酢 »

釣りのアレコレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 串本地磯・餌残りの前半戦 | トップページ | 寒グレの白子ポン酢 »