« 西風爆風の串本ロール地磯・前編 | トップページ | 和歌山の中華そば「丸田屋」が白浜にオープンしたので行ってきました »

2020年3月18日 (水)

西風爆風の串本ロール地磯・後編

2020年3月15日 日曜の後半戦。

場所は串本ロール地磯。
ここまでまったくダメダメ。

10-15mの右斜め前からの爆風は継続で、
仕掛けはそれに押されて左の内湾へ入ってしまう。


シンドいので1時間ほど昼寝し、
13時過ぎに起きる。

状況変わらず爆風。


・・・おっ。



干潮が近づくにつれて、
一段下へ降りれる状態になっていた。

それまで波でバシャバシャしてたのに、
もう乾いているし、

濡れてたらめっちゃ滑る場所やけど、
試しに降りてみたら大丈夫なので、

降りて釣りをすることにする。

 

これで、竿先付近での
根掛りがし難くなるはず。

 

*************************************************

フカセ釣り仕掛け
竿:NFT 翔磯 1号 530  
  →NFT ADVANCE 1.5号 530

リール:シマノ ツインパワーBB-X GT800

道糸:シマノ ファイアブラッド ZEROサスペンド ナイロン 2
浮き:Tフェニックス M-u/0
   →ガジェット L-0
   →ハンター 遠投0
   →GTR L-000
   →斬獲 00
  
ハリス:スーパートルネード 1.75号および1.5号・3.5m道糸直結
    →スーパートルネード 2号・4m道糸直結


針:グレ4-6号

  
刺し餌:生オキアミM・ルクス S
撒き餌:生オキアミM・アミエビ・グレの舞・
    強力グレZど遠投

 

*************************************************



デカイ浮きで思いっきり投げて
30m先ぐらいで着水。

そのあたりに
潮目らしきが見えており、

そこへのせて流そうとするも、
そもそも潮はあまり動いていないようで、

道糸操作を工夫してみようにも、
結局爆風に引っ張られて、

左の湾へ寄ってくるか、
良くて、左の出ている磯の先端ぐらいへ。

まぁ、先端まで届いても、
そのあとまた左の湾内へ入ってくる始末。


餌はとにかく残る。

まさか、浅棚にグレおらんかなぁーと、
浮き下1mぐらいからの誘導へしたり、

またもとの3.5mからの誘導に戻したり。




爆風の下にある、
潮がどう動いてるのかも分からんし、

とにかく沈めてみよう作戦へ。



ひさびさに使うGTR L-000。

とにかく早く沈む浮き。



沈む速度をゆっくりにしようと、
張らず緩めずのテンションにしようとするも、

爆風で道糸ダルダルになってるので、
もっと巻かななぁーとやると、

今度は浮きが近くに寄りがち。


どのぐらいの抵抗をかけたら良いのか分からんけど、

竿先から海面についた道糸が風に引っ張られて
グーーンと曲がったまま、

なんとなくソレ含めて抵抗かける感じ。

いや、どうなんやろ、

抵抗になってるのか、微妙でもある。




当たりもクソも分からんけど、

道糸が一気に走ってくれないかなぁー。
と、待っていたら

ギュン!

ギュゥウウーーーーン!!


ダルダルになりかけの道糸が、
一気に跳ね飛ばされたぐらい一直線になった。


竿立ててタメようとしたら
グンッ!


チモトで切られた2秒KO。



このやろー。
でも、やっとまともに走ってくれたのでオモロイ。

たぶん、サンノジだったと思うけど、
やっぱり獲りたいところ。



針結んで再開するも、
やはり、もう食ってこない。


14時半。



ここで珍しくも、
竿を1号から1.5号へ太くすることにした。


なんせ風が強すぎるので、
もっと思いっきり浮きをぶん投げ易いように。



浮きはGTR 000よりも、
ゆっくり沈むようになった壊れかけの斬獲00。

ハリスはあえて太めの2号へ変える。



左手内湾で、
モゾモゾ当たりでガシラ。

その前にも一回餌取られたけど、
こいつだったのか・・・。


風つえーわ。

竿を持つ手が痛くなるので、
ちょいちょい休みつつ続行。





せっかく1.5号の竿へ変えたし、
浮きもまたまたデカイやつ。
ハンター0にかえてぶん投げる。

40mほど飛んだけど、

撒き餌が爆風に負けて飛ばないので、
ぜんぜん撒き餌と合ってないっぽい。

内湾よりも、
外へ少し流れてくれたけど、

道糸出そうと操作していたら、
また内湾へ。

糸ふけが凄い引っ張られてる。



沖目を狙うにも、
やっぱり無理っぽい。


もう内湾の
対岸の磯際狙いしかないのか、どうなのか。


仕掛け着水点に撒き餌を先打ちし、

さらに対岸の磯際付近にも先打ち。

表層だけが風で左へいって、
底潮が動いてないかもせんし、

着水点だけでなく、
磯際にも打っておく作戦。



そして仕掛けを投入して、
流しながら対岸の磯際へ。


対岸の磯際では、
波が強くなってきて、

浮きが上下している。



浮きがシモったりもしてるけど、
当たりだか、なんなんだか。


分からんので、
糸ふけを巻き取って、

無理やり張って、
ちょっと緩めてみると

グゥウウーーーーン!!



おおお!


グン!・・・グン!

叩いてるよ。叩いてるけど、
飲んでるグレってこともあるし、

グレであってくれ。


グン!グン!



35cmほどのサンノジ。

結局、お前かよ。



でも、グレに近づいたかも。

魚の活性上がってきたんや。






底潮止まってるぅうううううう

対岸の磯際で、
タカノハ。

それも手乗りサイズのちっさいやつ。



もうとにかく過酷になってきた。

風も強いし、波も強くなってきたし。


一段低い場所も、
波しぶき被りだしたので、

上に登る。



小雨も降ってきて
しんどーーと思ったら止んだ。

 



虹。

綺麗やなぁー。


この写真の正面にあるのが、
対岸の磯際と書いてるとこです。



17時の夕間詰めタイム。


風は少し弱くなって5-8mほどになって、
良くなかったけど、

波がさらに強くなって、
ちょっと怖いぐらい。



ブォオシュゥウウ!!


ノー・ノー・ノー・NOですYO。

餌丸残りやし、
波で浮き上下しすぎて意味不明。


左手の湾内も
グルグルになってるし。



真っ暗になるには早いけど、
危ないので片付け始めたら、

水面にシュっ!と走る影。

まさか、今頃になってグレ出てきたか!?と、

しばらく観察していたら、
ボラ3匹が走りまわっていた。



グレやないし、諦めがつく。


帰りの山道が真っ暗になったら
怖そうやし、

イノシシとか出そうなので、
ヘッドライト使わないぐらいの薄暗さで帰りました。


僕以外はもう帰って
駐車場は空。

粘るにも、
この状況なら意味なかったのかも。

まぁ、だいたい粘りますけども。

 

 



---------------------------------------

~釣食[つりしょく]~魚を釣って、料理して、美味しく食べるサイトhttp://penginzu.wix.com/turishoku

ペンギンズ 公式ホームページ

http://penginzu.wix.com/penginzu

 

釣食企画人スーさんTwitter
http://twitter.com/@penurakata

インスタグラム
https://www.instagram.com/turishokusuusan/?hl=ja

 



釣り人に読んで欲しい 以前に書いたブログ:

「海中に落ちた人を見つけたら 
          迷わず救助開始すべき」

http://penginzu.cocolog-nifty.com/blog/2017/11/post-2e67.html

※釣りをする際は堤防でも磯でも、
 必ずライフジャケットを着用して欲しいです

 

 

 

|

« 西風爆風の串本ロール地磯・前編 | トップページ | 和歌山の中華そば「丸田屋」が白浜にオープンしたので行ってきました »

釣りのアレコレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 西風爆風の串本ロール地磯・前編 | トップページ | 和歌山の中華そば「丸田屋」が白浜にオープンしたので行ってきました »