« 島ノ瀬2020・新型コロナを思いつつの花見 | トップページ | 和歌山県田辺市で新型コロナ感染確認 »

2020年3月30日 (月)

不運が重なり大型真鯛らしきに敗北・でもそもそも仕掛け細すぎたってやつ

2020年3月28日 土曜。

昨年2019年3月31日に僕が真鯛54cmを獲った場所。
そして4月7日には真鯛38cm。

思えば、夢のような2週連続の釣果だった昨年。


桜も咲きはじめたし、
サクラ真鯛を求めて、

今年も行ってきました。




釣太郎みなべ店で餌を仕入れたあと、
田辺市MS堤防へ18時半着。


雨の予報だったからか、
人は少なく、

右手にカゴ釣りらしきお二人がいるのみ。


狙いの堤防左端を確保です。


*************************************************

フカセ釣り仕掛け
竿:ダイワ DXRメガチューン 尾長SP50 

リール:プロマリン グレシアスピンSP GR2500LB

道糸:パワーステージ ナイロン 3
浮き:NF BASIC M-3B
ハリス:スーパートルネード 3号・4m サルカンでつなぐ

針:カン付き真鯛 12号

  
刺し餌:生オキアミM・ルクス S
撒き餌:生オキアミM・アミエビ・強力グレZど遠投

 

*************************************************

 



風は右から3-5mほど。
波気はそれなりで強すぎず、

仕掛けは3Bで棚7mまで探れそう。


針はスっぽ抜けがないように
カン付き。



翌日の昼フカセのための餌を使ってます。

オキアミSの中から
大きめのMを探して使ったけど、

もっとLぐらいのが欲しい状態。

真鯛針12号にはSサイズは小さすぎる・・・よね。




Mさんから譲り受けた
DXRの初戦です。

とにかくデカイの掛けて
曲げてみたい。


狙いの25-30m先の
一段深くなっている場所へ遠投。

とにかく魚を呼びたいので、
仕掛け準備する前に、
扇状に10発撒き餌。


仕掛け投入したら、
その周辺へ10発の撒き餌。

そこから撒き餌は4-8発ぐらいで。



なんせ、狙いの場所が遠いので、
真っ暗やし、ちゃんと良い場所へ届いてるか分からん。


浮き当たりはなく、
ウキ止めのある7mまで仕掛けが馴染んでいるのかも
分からないまま、

しばらく流すと餌がカジラれてる感じがある。



道糸とハリスはちょっと重さありそうな
サルカンでつないで、

さらにガン玉G3を足して、

まだイマイチなので2個めのG3をサルカン近くに追加。



これで、
仕掛けがウキ止めのある7mまで沈むと、
浮きがジワっと水面スレスレになって、

分かるようになった。


潮はほとんど動いておらず、
風は右から強くなってくる。

それに表層だけ押されてるのか、
浮きはちょっとだけ左の内湾方向へ流れがち。



ときどきジワっと
少しだけ浮きが沈んで、

そのまま待ったり、
誘いをかけつつ張ってみたり、

フワフワさせてみたりする。



餌がガジガジされたり、
まるごと取られたり。


何かしらの魚がいるっぽいけど、
なんせジワっに合わせても

何しても針がかりしない。




餌がまるごと取られたら、
15cm単位で上げたり、下げたりもしている。

左内湾寄りへの流れだったのが、

沖へゆっくり流れるタイミングがあり、
道糸出してゆっくり沖へ。


その方向には
まっすぐ伸びた磯が見えるので、

そこで食ってこないかなぁーと願うも
何も起きず。



昼間の仕事で疲れてるし、

雨も降ってきて風も5-7mと強まってきた。



過酷やなぁ・・・。


ラインの置き方を
風上へ。

テンション掛けて誘って、
落として。



餌は取られるから、
何かしらはおるはず。


19時半。

正面沖の35mほど先。

浮きがとどまってジワ。


ジワジワ




しばらく待っても
また浮きが浮いてきたので、

仕掛け回収。



あれだけ当たり出てたのに、
オキアミはズレていて残っている。

噛まれたような・・・どうなのかな。



同じ場所のちょい右へ投入し、
撒き餌もその周辺へ多めに。

仕掛けはゆっくり左へ行った後、とどまる。


ジワ



また同じ感じの浮きの沈み。

ここでしっかり沈んでくれたら、
熱いと、ココまでずっと続けている。


ベールを開けたまま、
じっと待つ。



反応ないので、
道糸をちょっと引っ張ってから
また緩める。




ジワァアアアアア


浮きが明らかにゆっくり沈んでいった。


竿を海面まで下げたまま、
ベールを開けて待つ。

来るで。来るで。


見えなくなるぐらいまで
浮きが沈んで

パラパラパラシュシュシュっ!!

サミングしていた道糸が放出。


竿を立てて合わせ。


グィ!グイィイイイイイイイイイ!!


かなりの重量感で、
竿が一気に弓なりに曲がる。


グイィイイイイイ!ガ!ガッ!!



そこまで早い動きではないが、
直線的な等速な引きをしたのち、

首を振っているのが分かる。



サンノジやイズスミのように
爆走して暴れる訳ではなく、

直線的に一定の速度で走った後、
首振るやつ。

この感じは、去年釣った真鯛と同じ。




根に入られて切られないように、
竿でために掛かる。

が、

魚はそこまで走ってないのに、
竿でためても重すぎてほとんど浮いて来ない。


これはデカイ。

でも、竿にそこまで負荷には、
そこまで急激なツッコミは感じていないし、

なんとかなりそうな・・・。


スーーー スーーー


なんか変な小さな音が聞こえる

っておい。ドラグ出てるやん。


グレシアスピンのドラグ音がジーーーとは
鳴らずになっていて、
消音過ぎて気づかなかったけど、

魚のツッコミでドラグ放出していた。


竿は良く曲がって吸収してるけど、
魚のツッコミがあるのに、

僕が気付けていない。


突っ込まれたら
レバーで道糸出そうと思ってたのに、

ドラグ放出に気付けていない。



アカン。根に入られる位置かも!?と、
ちょっとだけドラグを締めて
竿の曲がりとスーーー音に集中せな。


ビカッ

なんかマブシイぞ

と、後ろを見ると

右手にいた釣り師さんがやってきた。

てか、片付けて帰るところか。



グィイイイイイ!!

あっ



うおおおおおおおおい

30秒KO・・・信じたくはないが。



魚が突っ込んだのに、
とっさに対応出来ず、

一気に軽くなって、
チモトで切られてバラシ。



・ボロいリールでドラグ音鳴らず

・あせってドラグを締めて応戦

・後ろからライトで照らされて意識が後ろへ


どんなに気を付けても、
不運が重なれば事故に合うってやつ。



うそやろぉおおおおおおお。




あの重量感からすると、
50cmは余裕で越えて、

下手すると70cmぐらいあった感じもする魚。

それも走り方は真鯛に思えた。

釣ってないから分からんけど。
コロダイかもせんし。



ショックのため、
ため息をつきながら、

雨風の中で続行。



同じ場所をしばらく攻めてしたら、
潮が良い感じに右沖へ流れてくれた時間もあり、

70mぐらい沖までゆっくり流したり、

また潮止まったり。




バラシ直後は
餌残りも合ったけど、

その後、また餌カジラれたり、
まるごと取られたり。



今回は足元は攻めず、
30mほど沖を集中して狙った。

雨でベチャベチャになった撒き餌は
思った場所へ飛んでるのか、

どうなのかももはや分からず。





服は雨でビショビショになって、
パンツまで濡らして21時過ぎに撤収。



あとで、タケちゃんに言われたけど、
50cmの真鯛狙いならハリス3号でもエエけど、

もっとデカイの食ったらアカンやろ・・・と。



食わせたのに完全敗北感ハンパないって。



もう次は5号でと
心に決めた今日の僕でした。

トホホ。

トホホしかねえわ。


--------------------------------------

~釣食[つりしょく]~魚を釣って、料理して、美味しく食べるサイトhttp://penginzu.wix.com/turishoku

ペンギンズ 公式ホームページ

http://penginzu.wix.com/penginzu

 

釣食企画人スーさんTwitter
http://twitter.com/@penurakata

インスタグラム
https://www.instagram.com/turishokusuusan/?hl=ja

 



釣り人に読んで欲しい 以前に書いたブログ:

「海中に落ちた人を見つけたら 
          迷わず救助開始すべき」

http://penginzu.cocolog-nifty.com/blog/2017/11/post-2e67.html

※釣りをする際は堤防でも磯でも、
 必ずライフジャケットを着用して欲しいです

 

 

 

|

« 島ノ瀬2020・新型コロナを思いつつの花見 | トップページ | 和歌山県田辺市で新型コロナ感染確認 »

釣りのアレコレ」カテゴリの記事

コメント

スーさん
うわー、大物逃してしまいましたかー、残念!
カゴタックルならドラグフルロックでゴリ巻き・・・掛けたら獲る方針なので。
5号で行きましょう、5号で。過去大きいの獲ったときは偶然にも5号ですね。
あとチモト切れ対策は、針むずびの練習あるのみです。

投稿: とどたん | 2020年3月30日 (月) 午後 11時18分

とどたんさん>
あの重量感で真鯛であれば、
確実の僕の記録越えっすわ。

くやしすぎですわ。

次はハリス5号で、
ドラグ音なるように、
リールはメンテしてみましゅよぅぅ。

投稿: スー | 2020年3月31日 (火) 午前 06時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 島ノ瀬2020・新型コロナを思いつつの花見 | トップページ | 和歌山県田辺市で新型コロナ感染確認 »