« 荒れのマキコ地磯・QAGツルツル | トップページ | PCの画面をいまさらながらHDMIでテレビに映して喜んでる人ですよ »

2020年2月18日 (火)

雨で濡れ濡れの後編・ボラフグ集合体

2020年2月16日 日曜の後半戦。

朝一からすさみマキコ地磯で、
餌残りが多く、
波が強くなりすぎて移動。



時刻はまだ10時半過ぎ。

満潮10時40分前に到着したのは…、


串本のイカじゃない方の堤防。

地磯へ行こうと思ってたけど、
小潮なのに大半が水没していたので、

とりあえず、堤防で。

*************************************************

フカセ釣り仕掛け
竿:NFT 翔磯 1号 530
リール:シマノ ツインパワーBB-X GT800

道糸:シマノ ファイアブラッド ZEROサスペンド ナイロン 2
浮き:T-THYS M00-1
   →でかい0浮き
  
ハリス:スーパートルネード 1.75号・3.5m道糸直結

針:わからんやつ5号→3号
  
刺し餌:生オキアミM・スーパーハードM
撒き餌:生オキアミM・アミエビ・ピンポイントグレ・
    グレの舞

 

*************************************************


浮きはT-THYS M00-1の
ノーガン。

浅い場所やけど、
濁っていて底は見えない。

撒き餌にも魚は寄ってこない。


とりあえず、ハリス分の3.5mの棚設定で
誘導は30cmで開始。



浮きはゆっくりと、
右手の地磯方向へ流れていく。

風は弱く、
おそらく潮も同じ方向へ流れていると思う。



とりあえず、多めに撒き餌をまいて、
地磯側のシモリに隠れてる魚を

こっちに呼び寄せたい考えで。


20mほど先まで流すと、
微妙に浮きがシモったあと餌がやっとカジラれた。


その場所へ流し込むように、
何度もやって、

微妙な浮きのシモリに合わせても、
掛からないし、

ただ、餌残ったままだったりするし、
なんとも魚がどれぐらいおるのか分からん。


ウキ止め位置を変えて、
4.5mの棚設定まで下げる。



でも、沖のほうで、
どうも仕掛けが沈んでイカないので、

ウキ下にG7ガン玉を付ける。



でも、そんなに馴染むようになった感じもない。

潮の流れが早くて、
もっと糸フケを合わせて出さなアカンのか、
どうなのか。




あらためて足元付近5m範囲を狙ってみると、
撒き餌に一瞬だけ食い上がる魚が…。


濁ってるからハッキリとは見えないけど、
なにやろなぁー。


時折、針がなくなって帰ってくる。

たぶん、フグやろなぁ。




微妙な当たりに合わせ。



犯人を捕獲。


近場だと、フグが結構おるっぽい。

でも、毎回当たってくる訳でもないので、
そこまでシツコクはないかも。


11時が過ぎて、
天気予報通りに雨が強くなってザァーー!

となったり、止んだり。




ワークマンの防水防寒着は、
1年は使ってるけど、まだ防水性はそれなりにはある。
(洗濯したあと、撥水スプレーも使っているけど)

でも、手袋が水絞れるぐらいに
濡れているので、

そこから腕の伝って
ヒジあたりまでびしょ濡れになって、

寒くなってきた。



ちょっと歩いて
自販機にホット紅茶を買いに行って、
その場しのぎで温まる。

うーーん。

ビショ濡れになったけど、
とにかくグレ一匹でも釣れたら、

まだ大雨で無謀にも釣りにいった結果になるし、
MANZOKUするんやけど。


とにかく引き出しが無いので、
とにかく攻める場所を

もっと変えてみないとアカンのかも。




堤防足元の
ギリギリガールズを実施。

とにかく、堤防ギリギリに
刺し餌からゆっくりと仕掛けを入れていく。


浮きを空中に浮かせた状態から、
ゆっくり沈ませていって、

浮きが海面へ。



ジワぁ



当たりだか、
なんだか分からんぐらいのシモリ。


魚が触っただけかもせんし、
ちょっと待ってみるも、

その後は浮きが浮いてきただけ。



巻いてみる。


くっ





ガッシーが食ってました。

やっぱり堤防のキワはガッシーポイントな訳やね。



次におなじことをやっても、
餌残り。

少し堤防から離してみると、
フグらしきにときおり針を取られる。


どうにかなる気もせんし、

満潮かなり過ぎて地磯も行けそうなので、
またまた移動。



地磯の方が
もう少し波気があるし、

シモリも多いので、
グレが出てくる・隠れている確率も上がりそうやし。







13時。イカじゃないほうの地磯中腹・東面へ。


はじめは餌残りやったけど、

しばらくしたら、
浮き当たりなしで餌が取られるようになってきた。


足元5mぐらいの水面にも、
なにやら食い上がるようなパシャッ!が出た。


やっとチャンス来たか!?



浮きをハリスに入れて、
浅棚へ変えようと思ったら、

新しく追加で買った青色の
G7ガン玉がぜんぜん取れない。

なんだコレ。くっそー。





当たり浮きを針上の60cmへ付けて、
とりあえず、当たりをとりやすいように。


撒き餌してから仕掛けを入れて、
ハリス分を巻いて張るとシュッ!!


速攻で当たり浮きが横走りしたので合わせ。


でも、スカ。


そして、針が無い。




コレはもしや、

と、同じようにしたら
こんどは掛かったけど、

水面に浮いたのはフグ。


そして抜き上げる前に針ごと取って
帰っていく。



あの野郎。

針でしっかり掛けてやるわ。





もっと早く、
当たり浮きが入った瞬間に合わせるようにやる。

 



やりました。
犯人を捕獲成功。

 

でもなんかやっぱり、
フグとは違ってグレかも知れないような

怪しい感じもある。



水面のパシャ!がある感じがするので、
撒き餌と仕掛け投入のタイミング・ポイントをズラしつつ続行。

仕掛け入れて張ったら
速攻で当たりが出て、

針がない状態の連続。


10回は結び直して、

撒き餌なしでやっても同じ。




てめぇ、針盗るんじゃあねーよ。と、

掛かりすぎ口太3号の小針。




もうアカン。

水面に食い上がってるのは、
クサフグで間違いない。


餌を見つけたら、
濁って見えない深さから

一気にくい上がって、
すぐに反転して隠れる。

ホバリングではない、
グレみたいにフグが反転してるんやろ…たぶん。



そして、フグ地獄の近場はやめて、
遠投へ。




25mほど沖に
魚らしき背びれがユルっと出る。

当り浮きが見えない状態なので、
なんとかG7ガン玉を外して、

ハリスに浮きを入れて、
ウキ下60cm。



潮目らしき場所へ撒き餌して、
仕掛け遠投も成功した瞬間に

バシャバシャ


ヌゥーーーーーン



知ってる引き。
ボラかよ…。


こいつがまた良く引いて、
足元に寄ってからが
ぜんぜん弱らん。


タモ持ってからが、
ずっと抵抗されたので、

腕が痛い。


そして、
タモ入れる前にバラし。




次の一投も
またボラを掛けて、

ボランティアのやり取り活動。


沖の潮目には、
ボラの群れが溜まっていて、
着水直後に食ってくる状態。


もっと遠投してみるかーと、
40mほど投げて、

そのあとの撒き餌は
ぜんぜん届かずに手前へ着水。


仕方なく、
ちょっと浮きを手前へ戻して、

道糸を持って
テンション張り気味、

手前へ戻しつつ撒き餌と合わせると

ココッと当たり。




この日、4ポイント回っての
唯一のコッパグレ。


かなり遠投したら、
ボラを避けてグレがあるのかどうなのか。

でも、T-THYSだと、
浮きが海面にシモって見難いし、

そんなに遠投もできない。



特売の名前読めない0デカ浮きへ。


こいつは飛んでくれるけど、
ぜんぜん撒き餌が届かない。

道糸持ってのテンションかける作戦でも、
当たりは出ず。


餌残ってると思ったら、
次は無いみたいな状態で、

なんとも当たりも分からん。


でも、ボラは群れてるのは分かる。



ボラの下を狙うために、
棚は3m・4mと下げてみるも

なんもならず。




雨は強く降っては止んで、
もうヒジ付近から服の中を伝わって、

下着までビショビショ。



ボラとのやり取りで
波がときどき上がる前まで出て、

長靴の中にも
水が入ってきた。



風も背中から5mぐらいとなって、
気温はまだ15度はあると思うけど、

さすがに寒くなってきた。




もはや体調が悪くなってきたので、
風邪を引く訳にもイカないので、

歩いて身体を温めて、
風裏になりそうな、

中央の岩の場所へ行ってみる。

 



岩がクズレて落ちてるやん。

僕が前に、
ここへ釣りに来た際は、

ときどき北西風を防ぐために、
休んでた場所に岩が落ちている。


こりゃ、当たったら即死かも。




結局、岩陰にて休むことはできず、
離れた場所でほんのり風をさけて
キセルを吸いながら気分転換。


沖はボラ。

手前15m以内は
速攻でフグに針を取られて結び直し。

 

どうすべきか。

分からん。



いや、とにかく
手前でフグが邪魔なので、

とにかく遠投。


コッパグレが一匹釣れたなら、
大きいのも寄ってくるかもせんし。

 



ボランティアの連続。

撒き餌と仕掛けを大きく離してもダメ。

仕掛け入れたら、
着水直後にボランティア。



道糸張らずに流したら、
いつの間にか餌が取られてるけど、

おそらく着水直後で、
刺し餌は取られてる感じがする。


頭の中では、
なぜか光GENJIの「ガラスの十代」がループして
流れだした。



ボーランティア♪ ボーランティア♪


ボーランティア♪ ボーランティア♪


光と影をぉ~♪



ボラを引き回しながら、
誰もいないし、歌っている。



もうびしょ濡れで寒いし、
なにやってもボラ。


ミスって手前15mぐらいに仕掛けが入ると、
フグ。

50%ぐらいの確率で
針なくなる。




17時前。

もう夕間詰めのバラシタイムに
とっくに入っている。



磯ギワの一発狙いのために、
浮きはグレックスSS G8。

ハリスは1.75号から2号へ。

 

フグよ、もうエエやろ。

いなくなってくれ。



 



ふぐフグふぐフグ。


17時半でもうすぐ真っ暗になる。


右の足元へ撒き餌20発。

左10mへ仕掛け投入し、撒き餌一発。

フグ。



右の足元へ撒き餌20発。

その右の足元へそのまま仕掛けを投入。

フグ。
水面で針を取られて逃げる。


最後の爆撒き作戦は
虚しく終了。




絶句。

 

でも、やっと全身濡れ濡れ状態から
開放されるので、

早く車へ戻りたい。



頭の中でループしていた
「ガラスの十代」が、
僕をなんとなく癒やしてくれていた。

替え歌にしました。

この日の心境とともに。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


上げないでぇ…♪ 上げないでぇ…♪

浅棚はぁ… 間違いっ だぁーよ…



ボラフグしかいないだぁーしー♪

そんな日ぃ~もぉ~あっるぅーよぉ~♪



(ダッダッダララターラ!!)




水面でぇー♪ 当たり出てぇー♪ 

合わせたらぁっ!? がな

グレだと思ったのぉお~わぁ~ぁぁ♪ 

フグじゃな・い・かぁあああー♪



戸惑っ! 沖目っ!

ボーランティアっ♪ ボーランティアっ♪

光りぃと 影をぉ~♪



(サビ)



食えなそうぉー フーグばかぁーりぃ

集めてぇーし・ま・うぅよぉー♪


ボラ・フグ 撒き餌じゃなぁーいっ

グ・レ・の集魚ぉ材ぃいいい!ひぃいい!!



釣られそうっ ボーラばかぁーりぃ

集めてぇーし・ま・うぅよぉーおおお♪


沈む浮きはぁ!? グレぇえのじゃなぁ~いっ

ボラ・フグ 集合体ぃいいぃひぃいい!!…♪


 

---------------------------------------

~釣食[つりしょく]~魚を釣って、料理して、美味しく食べるサイトhttp://penginzu.wix.com/turishoku

ペンギンズ 公式ホームページ

http://penginzu.wix.com/penginzu

 

釣食企画人スーさんTwitter
http://twitter.com/@penurakata

インスタグラム
https://www.instagram.com/turishokusuusan/?hl=ja

 



釣り人に読んで欲しい 以前に書いたブログ:

「海中に落ちた人を見つけたら 
          迷わず救助開始すべき」

http://penginzu.cocolog-nifty.com/blog/2017/11/post-2e67.html

※釣りをする際は堤防でも磯でも、
 必ずライフジャケットを着用して欲しいです

 

 

 

|

« 荒れのマキコ地磯・QAGツルツル | トップページ | PCの画面をいまさらながらHDMIでテレビに映して喜んでる人ですよ »

釣りのアレコレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 荒れのマキコ地磯・QAGツルツル | トップページ | PCの画面をいまさらながらHDMIでテレビに映して喜んでる人ですよ »