« グレに避けられ海が割れるJukkai | トップページ | 2020年 梅の花見・一回目・今年の梅は早めです。 »

2020年2月12日 (水)

ことわざ「ボラを見たら巨乳と思え」釣行

*************************************************

フカセ釣り仕掛け
竿:NFT 翔磯 1号 530
リール:シマノ ツインパワーBB-X GT800

道糸:シマノ ファイアブラッド ZEROサスペンド ナイロン 2
浮き:T-THYS M00-1
  
ハリス:スーパートルネード 1.75号・3m道糸直結

針:わからんやつ
  
刺し餌:生オキアミM・スーパーハードM
撒き餌:生オキアミM・余りもの集魚剤各種混ぜ合わせ

 

*************************************************

 

足元から15mぐらいまでを探ってみると
餌残り。

誘導の棚3mぐらいなのをちょっとずつ深くしてみるも
反応なし。


あれ、でも時々、
足元からチョウチョウウオらしきが出ては
戻ったり、

コッパグレらしきが
一瞬だけ撒き餌に群がるのが見えたような…。


でも、すぐに消える。


風におされて
なかなか仕掛けを沈ませられないので、

糸ふけあえて多めにだして、
なんとか。

張ってたら、
やっぱり誘導部分が沈まない。


道糸のたるんだ部分が
風と波で引っ張られて、

仕掛けのイチも手前に寄るので、
それも考えて撒き餌イチ・タイミングも

変えなアカンのかなぁー。


でも、風も安定しないし、
なんとも分からんままちょっとずつ変えて見たり、

餌残り状態なので、
追い打ちの撒き餌で無理やり合わせたり。




と、思ってその5mほど沖を狙っていたら、
すぐにボラ軍団が寄ってきた。


そして案の定。


巨乳がいっぱい寄ってきた状況ってことは、

…好機!!





あぁ!?

 


でも、その5m沖ポイントでも
コッパGは連発せず。

すぐに群れが消えて、
また巨乳が寄ってくる。


見えるその他大勢の巨乳ではなくて、

その下にいるであろうGを狙いたいのだ。



というか、湧きGっぽい波だったのが、
20mほど沖で見えたように思ったので、

遠投して、

ハリス分を巻き取って、

撒き餌4発。




よし、決まったぁーー!



グイィィーーーーン!!



すぐに食ってきて暴れ回るやつ。

 

 

合わせ。



ぐーーーーーん


Gか!?

すげえ弱い。

すぐに浮いてきた。

もうやる気がない引き。




隠されても迷惑なんだよ。

隠れGを探してたのに…。




ここから、
隠れ巨乳が、
ちょい見せ巨乳になって、

水面下でも踊りはじめた。



もうこんな状況になったら
Gも出て来なさそうやし、

真っ暗になりそうやし。

指先がスゲエ寒いので、
撤収。




それでは、
ユーミンの「ひこうき雲」にのせて行きましょう。

 

ボラにぃ~♪ 遊ばれてぇ~♫


ボラをぉ~♪ 掛けてゆくぅ~♫

 

隠れてぇ~♫ 欲しいのはぁ~♫


グレだけなのぉ~~♪



 


ボラにぃ~♪ 遊ばれてぇ~♫


ボラをぉ~♪ 掛けぇ~てぇ~ゆっくっ~♫



巨乳とぉお~♫ 巨ボラはぁあ~♫


ひこぉお~きぃ雲ぉ~♪

 

---------------------------------------

~釣食[つりしょく]~魚を釣って、料理して、美味しく食べるサイトhttp://penginzu.wix.com/turishoku

ペンギンズ 公式ホームページ

http://penginzu.wix.com/penginzu

 

釣食企画人スーさんTwitter
http://twitter.com/@penurakata

インスタグラム
https://www.instagram.com/turishokusuusan/?hl=ja

 



釣り人に読んで欲しい 以前に書いたブログ:

「海中に落ちた人を見つけたら 
          迷わず救助開始すべき」

http://penginzu.cocolog-nifty.com/blog/2017/11/post-2e67.html

※釣りをする際は堤防でも磯でも、
 必ずライフジャケットを着用して欲しいです

 

 

 

 

 

 

|

« グレに避けられ海が割れるJukkai | トップページ | 2020年 梅の花見・一回目・今年の梅は早めです。 »

釣りのアレコレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« グレに避けられ海が割れるJukkai | トップページ | 2020年 梅の花見・一回目・今年の梅は早めです。 »