« タイミングを逃すやつ・出遅れて出遅れて2回も立ち位置逃すやつ | トップページ | 「サンセットすさみ」日帰り温泉利用 »

2020年2月28日 (金)

すさみ・ロックステージ地磯

2020年2月24日 月曜祝日の後半戦。

すさみ町マキコ地磯から移動し、
以前に偵察だけしていたロックステージ地磯へ。

でも、駐車スペースはほぼ満車。


一時的な場所に停車し、
歩いて地磯を見に行く。

でも、あまり釣り人の姿が見えない。

ロックステージには釣り人ZERO。



ということは、
近所の人が、一時的に家に集まってるのか?と、

いったん出発し、南下。



でもなぁー、どうしようかなぁーと、
いったん路肩に車を停めて休憩。


そしてまた、
ロックステージの所へ戻るも、
車は満車で停めれない。


北上するかなぁーと、
ちょっと走ったら、
路肩に車停めれるスペースを発見し、

ちょっと多く歩くけど、
そこからロックステージへ行くことにした。

 



一部、2mぐらい高さのある段差を、
ロッククライミング形式で降りる。

荷物は上にいったん置いて、
下から手を伸ばして下ろす。




風は右斜め前から10-12mぐらいの強風。

でも、一段下へ降りたら、
ロックの壁によって
まだマシ。


*************************************************

フカセ釣り仕掛け
竿:NFT 翔磯 1号 530
リール:シマノ ツインパワーBB-X GT800

道糸:シマノ ファイアブラッド ZEROサスペンド ナイロン 2
浮き:斬獲 00
   →デカい浮き ハンター0
   →全誘導の浮き 0
  
ハリス:スーパートルネード 1.5号・3.5m道糸直結
    →エクシード 1.75号・3m道糸直結
針:極軽グレ5号→掛かりすぎ口太3号→極軽グレ5号

  
刺し餌:生オキアミM・ルクス S・ルクス SS
撒き餌:生オキアミM・アミエビ・ピンポイントグレ・グレの舞

*************************************************

 



全誘導0浮きに
ハリス1.5号と細めで。


とにかくグレを掛けたい。

針は掛かりすぎ口太3号。





風は右斜め前からくるけど、
仕掛けを入れたら

その右斜前方向へ流れる。


風波にのせて、
左手のシモリまで流そうと思ってたけど、
風上に向いて流れるというヤツ。



正面を流しても
餌が残り、
道糸も風に引っ張られて、

浮きが思うように潮にのって流れない感じ。



左手に少しサラシがあって、
そのキレ目周辺へ仕掛けを入れてみると、

仕掛けは素直に右斜め沖へ払い出す感じ。



餌も取られた。



でも、毎回ではなく、
残ることも多いので、

ウキ下3.5mから誘導30cmだったのを、
少しずつ深くしてみる。


浮きがジワジワと沈む場所があって、
そこへ少しずつ道糸を送り込んで深く入れていく。


グイィイーーーーーン!!



竿先までひったくる当たりで、
沖へ疾走。


竿を立てたけど、
切られそうなので、
レバーで道糸放出。



グイイイイイ


竿でためていたら、
だんだんと巻けるようになってきた。



竿は叩いてない。

叩いてないぞ。




浮いてきた。

ぐん・ぐん・ギュゥーーーっン




ぅおいいぃい



また叩かないサンノジでした。

引きがオモロカッたからエエけど。




で、また同じ方法で、
深く入れ込んでみると、

ぎゅぅううーーーん!


沖へ疾走するのを
レバーで糸出して止めて、出して、止めて、


ぜんぜん止まらんまま沖へ疾走。




こりゃ強い。

と、思ったら、チモトで切られた。



ここで、
仕掛け作り直すことにしたけど、

ハリスが1.5号ないし、

スーパートルネード1.75号もない。



エクシード1.75号へ。

針は少し大きくして、
極軽グレ5号。





15時過ぎて、
なんだか浮きを沈めなくとも、

餌が取られ出した。


棚を上げて、
浮きをハリスに入れて、

ウキ下2.5mからの誘導。


でも、当たりは小さく、
モゾモゾが波なのか当たりなのか分からん。



狙いは左手のまま、

撒き餌から仕掛けを入れるタイミングを変えてみたり、

撒き餌位置をもっと潮上となるサラシ付近にしてみたり。



ウキ下もさらにあげて、
1mほど。


かなりの浅棚なので、

浮きを遠投し、
撒き餌をそれより手前に打ってから、

その場所へ浮きを引き戻して重ねる。

 



浮きのモゾモゾが分からんかったけど、
いつの間にか釣れてたコッパちゃん。



ウキ下60cmまで上げたら、
あやしげなモゾモゾ当たりで餌カジラれこと数回あったけど、

針がかりせず。



釣れないままに
また餌残り。


あれはグレだったのかも。








17時。


そういえば、
足元狙ってないし、

一応やってみようと

キワ狙い。

 



釣り上げた瞬間に
チモト切って針をとってしまうフグ。

切った後、したへ落下。


一応海へ返しておく。



左手狙いへ戻して、
浮きがまたシモっていく場所があった。


でもこのときには
すでに餌が残っているので、

キセル吸いながら、
糸ふけ多く出して、

どんどん仕掛けを沈める。




目が疲れたので、
目を閉じたままで竿先の当たりが来るかだけ

いちおう気にしている。


帰りの運転もあるので、
ほぼ休憩な状態。


クッ


当たった。



グイーン




抜き上げたら、
チモトで切って、さっきのフグと同じ場所に落ちたサンノジ。



殺気を消すのは成功したのか、
でもサンノジやし、失敗なのか。


ちょい止まり気味だった潮が

また動き出して、

餌が取られ始めた。



やっぱり浅いほうがエエのかも、と、

ウキ下1.5mからの張り気味で
流す作戦。



やりましたよ。
コッパグレ。



・・・。


でも、チャンスかも。



そこから10分ほどで、
餌丸残りとなった。


それでもまだ、
夕間詰めの一発があるかも知れないので、

浮きが見えなくなってから数投まで粘る。

 



ダメでした。


ここまで数回、
0と00浮き縛りをやって思ったこと。

 


風と波が強くても、

立ち位置が不利でない場所で、
ライン操作を張り気味・出し気味で試したら、

結構なんとか仕掛けを入れて行くことが
けっこう出来たりする。


ガン玉・水中ウキを入れない分、
仕掛けの沈み方は、

やはり撒き餌に近づく感じはする。

どうしても風波に負けてふっ飛ばされるなら、

G2以上で、ガン玉段打ちなんてのも、
良い方法なのかも。



0浮きでも
上手く操作出来るようになれば、

表層の浅い棚から、
深い棚まで、

ゆっくり沈めて撒き餌と合わせて
広い棚を探ることも出来るようになるかも。

 

なんて、
考えたりしました。



強風下では、
沈め釣りはかなり有効とも思ったけど、

やはり糸をある程度張れるようにして
JOJOに沈めないと、

寒グレの小さい当たりは取りにくい。


これにはもっと腕が必要。



それとまた、
G7ガン玉一つ打つだけでも、

かなり沈みが早くなるのも、

感じることが出来たってのも、
良かったと思う。



まだ、しばらく、
イラついてキレる前までは、

0浮きでの練習してみようと思います。

---------------------------------------

~釣食[つりしょく]~魚を釣って、料理して、美味しく食べるサイトhttp://penginzu.wix.com/turishoku

ペンギンズ 公式ホームページ

http://penginzu.wix.com/penginzu

 

釣食企画人スーさんTwitter
http://twitter.com/@penurakata

インスタグラム
https://www.instagram.com/turishokusuusan/?hl=ja

 



釣り人に読んで欲しい 以前に書いたブログ:

「海中に落ちた人を見つけたら 
          迷わず救助開始すべき」

http://penginzu.cocolog-nifty.com/blog/2017/11/post-2e67.html

※釣りをする際は堤防でも磯でも、
 必ずライフジャケットを着用して欲しいです

 

 

|

« タイミングを逃すやつ・出遅れて出遅れて2回も立ち位置逃すやつ | トップページ | 「サンセットすさみ」日帰り温泉利用 »

釣りのアレコレ」カテゴリの記事

コメント

 スーさん、こんばんわ。
0、00浮きの縛り。良い練習されてますね。何回か釣行すると、0、00の長所、短所が明確に分かってきますよね。0浮きでゆっくり沈めて深くまでサシエをとどける。今の時期は、この考え方でOKですよ。(特にエサ取りも当たってこないような激タフの場合は)
 私も以前、全誘導で竿1本半~2本で小さいアタリをとって良型グレを何枚か上げたのち、半遊動に変えると全く当たらなくなった経験が結構あります。またノーガンからガン玉6を打っただけで、アタリがでなくなった事もあります。

 また、息子や後輩達との釣行で、私だけグレ二桁の釣果で彼等は1~2枚とゆうこともよくありました。帰りの車中での反省会で検証すると、やはり色々と原因が分かってきました。例えば全誘導と半遊動の違いや、ガン玉を打つかノーガンなのか。マキエの打ち方や浮きの投入点の違いなど。流れが結構速い時に、何処に仕掛けを投入してどれくらいまで仕掛けをなじませて、何処で流れに入れていくのかなど。
やはり経験値の違いになっちゃうのかな?

 スーさんの今のスタイルで釣行を重ねていくと、普通に上手くなりますよ。私が保証します(笑)。
私みたいに上手い人たちのなかで、頭半分か一つ上に行きたいと思ってしまうと、修行のような釣りを何年間かする必要があるのでお勧めできません(笑)。釣りは楽しくが一番ですよね。

 鵜来は当分行けなくなりました(泣)風呂のボイラー交換の予定外の出費がありまして・・・。
まあ近場が地磯で我慢ですね。では、また。

投稿: ユウジ | 2020年3月 1日 (日) 午前 12時10分

ユウジさん>
実は僕自身は、
Bとかの重めの仕掛けのほうが、
底の方で動かないグレには有効なのかも?と、

思っていたんですが、


タケちゃんに言われて、
なるべくノーガンで0でやってみている所です。


ユウジさんの考えからも、
やはり0・00での練習が良いってことなんですね。

もうしばらく続けてみようと思います(^^)
ありがとうございます。

長所・短所はまだ
分からない所ばかりですが、

楽しみつつギュイィイイーーーンと
なるのを狙って行こうと思います^_^

全誘導で食ってきたのが、
半誘導で食わない。

ノーガンで食ってきたのが、
G6ガン玉で食わない。というお話ですが、


すごい興味深いです。

重量だけで考えると、
ホンマに微量だと思うんですが、

そのような考えで、
微量でも仕掛け変えてみるってのを、

面倒がらずに試してみようと、
思わされました。

鵜来しばらく行けないの残念ですね。

予定外の出費は痛いですね。


僕は、車のタイヤ4本交換することに
なりまして、4万飛んで
ちょっとあった余裕がなくなりました。

タイヤがすべてバースト寸前だったっす。


でも、交換したので、
高知への長旅でも
安心して運転出来るようになりました。


やはり夏は高知行きたいので、
仕事の昼飯は
白米のみで出費抑えるのを継続してまして、

コーヒーはスティックタイプを
家で水筒に入れた水で割るタイプです^^;


投稿: スー | 2020年3月 1日 (日) 午後 11時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« タイミングを逃すやつ・出遅れて出遅れて2回も立ち位置逃すやつ | トップページ | 「サンセットすさみ」日帰り温泉利用 »