« コッコ地磯・竿は折れてもアレは折れずのガマンタイム | トップページ | スコッチ「カティサーク」がなぜだかやけに美味しい »

2020年1月22日 (水)

迷走を続ける下手の寒グレ釣り

*************************************************

フカセ釣り仕掛け
竿:NFT ADVANCE 磯 1.5号 530
リール:シマノ ツインパワーBB-X GT800

道糸:東亜ストリングPOWER STAGEナイロン 2
浮き:松飛 G2
   →グレックスSS-G8
   →Tフェニックス 2B
   →テチ飛 B

ハリス:スーパートルネード 1.75号・3m道糸直結
    →スーパートルネード 1.5号・3m道糸直結


針:わからんやつ
  
刺し餌:生オキアミM・自家製生オキアミM
撒き餌:生オキアミM・アミエビ・フカセ用集魚剤

*************************************************

数投していると、
底のほうで、ユラユラと餌取りらしきが見え始めた。


足元の駆け上がり付近を狙って見ると、

グイッ!

 

足元だけでなく、
至るところへ投げて
良いポイントを探します。

 

 

15mほど沖の深い所に、
コッパグレらしきが群れているのを発見。

でも、底を狙うにも
潮の流れ的に、
狙いにくい状況。



沈み根の上にも、
なんか出てきてる魚がいる。


投入点とタイミングを変えていって、




でも、交換後は、
足元に見えていた魚もいなくなり、

餌丸残り状態になっていた。




でも、足元には魚が隠れているのかも。

ユラっ…。




アオブとヒブが見える。




足元のギリギリ際狙い。

撒き餌を2発打った後、

刺し餌から水面へ入れて、
ゆっくり竿先を下げて、

浮きを空中に浮かせたまま
ゆっくり下げる。



コココッ!!


合わせたらグッ!!


アオブかヒブが食ったぽいけど、
針ハズレ。


口の硬いとこに
当たって外れたんかも。


 

負けてられんぞー。

 

 

 

 

 

遠投だから良い訳でもなさそうなので、

そのままの仕掛けで、
足元から沖までの広い範囲を探る。

 

16時過ぎ。

もう夕間詰めで暗くなってきた。


時合いもなく、
餌残りがほとんど。



やっぱキワかな…。



ジワっ




シュッ!!


合わせ。




ぱらぱらぱら

グレじゃあないと思うけど、

悔しいし、もっかい仕掛け作ろうかとも思ったけど、

もう17時。

やめときます。





シゲさんは30cmグレをキープしているけど、
僕はグレのキープなし。

ガイさんは、
夕間詰め直前で、餌なくなって撤収済み。

コッパグレはかなり掛けたらしい。


離れた場所にいる
タケちゃん・ボリ兄さんは、

さすがの凄腕で35cmオーバーのグレを数匹釣ったみたい。



余裕で一番釣ってないやつ…スー野郎。



悔しいけど、仕方ない訳で、
なぜ釣れないのかが分からない訳です。


これは多分、
日頃の行いが悪いからなんでしょうね。

あと、顔も性格も悪いから、
だと思います。




ハイボールが好きです。


保険見直し本舗よりも
見直ししなければならない事がありそうです。

分からんけど。




とりあえずこの日は、
魚を掛けるのが楽しかったんですが、
グレ30cmオーバーは釣れず。

やっぱり大きいの釣りたいですわ。

---------------------------------------

~釣食[つりしょく]~魚を釣って、料理して、美味しく食べるサイトhttp://penginzu.wix.com/turishoku

ペンギンズ 公式ホームページ

http://penginzu.wix.com/penginzu

 

釣食企画人スーさんTwitter
http://twitter.com/@penurakata

インスタグラム
https://www.instagram.com/turishokusuusan/?hl=ja

 



釣り人に読んで欲しい 以前に書いたブログ:

「海中に落ちた人を見つけたら 
          迷わず救助開始すべき」

http://penginzu.cocolog-nifty.com/blog/2017/11/post-2e67.html

※釣りをする際は堤防でも磯でも、
 必ずライフジャケットを着用して欲しいです

 

 

 

 

|

« コッコ地磯・竿は折れてもアレは折れずのガマンタイム | トップページ | スコッチ「カティサーク」がなぜだかやけに美味しい »

釣りのアレコレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コッコ地磯・竿は折れてもアレは折れずのガマンタイム | トップページ | スコッチ「カティサーク」がなぜだかやけに美味しい »