« 凪のグレ釣り・浮きグレスタートなるも…な、前編 | トップページ | 「グレのほぐし身と舞茸のパスタ」の作り方 »

2019年12月13日 (金)

凪のグレ釣り・活性上がらぬまま全誘導で深場狙いの後編

2019年12月8日 日曜の後半戦。
場所はすさみ町モンスター地磯。



凪のベタ凪で、
朝イチは浮きグレもあったけど、

その後はひたすら餌取り。


それも深いところで
刺し餌をつつくぐらいで、

活性は高くない状況。


*************************************************

フカセ釣り仕掛け
竿:NFT ADVANCE 磯 1.5号 530
リール:シマノ ツインパワーBB-X GT800

道糸:東亜ストリングPOWER STAGEナイロン 1.75
浮き:GTR M-0シブ 
   →グレックスS-G2  
   →GTR L-B
   →藤原 M-0
   →GTR L-B

ハリス:スーパートルネード 2号・10m道糸直結

針:わからんやつ
  
刺し餌:生オキアミM・ルクス生M・くわせオキアミV9M
撒き餌:生オキアミM・アミエビ・V9・グレゼロ

*************************************************

10時半過ぎ。

となりにおじいちゃんとおばあちゃんがやってきた。

あの崖を降りてくるとは
どうなってるんやろ…。



となりで石鯛狙いのブッコミを開始。

おばあちゃんはウキ釣り。



タケちゃんからLINE。



ハナアイゴ。

色が鮮やかで、
僕は釣ったことがないレア魚。


ネットで食味を調べてみると、
魚介類図鑑で、

アイゴと同じ星3つ。




それにしても、
当たりが少なく、

餌残りが多く、
魚の活性が全体的に低い感じ。


時刻は11時過ぎ。
15時過ぎの満潮前に時合いがありそうなので、

おじいちゃんも果報は寝て待てと言っているし、
疲れたので、体力温存の昼寝。



ピンポーン♪


LINEの着信音で目覚めた12時過ぎ。




タケちゃんがグレ39cm!!


果報を寝て待ったら、
でかいの釣られてるパターン。


タケちゃんのほうへ行ってみると、
僕の場所と同じくベタ凪。

でも、餌取りは
活性は少し高い感じ。



武人の如く竿を構えて、
足元のキワのデカイグレを狙うタケちゃん。


右手の湾側でパシャっと
音がして、

デカイグレおるなぁーと探していたら、
足元のキワに見えて、

見事かけたらしい。




浮きした5mぐらいから、
さらに馴染ませて沈める仕掛けっぽい。



おるよぉ~と、
教えて貰って見ると、

確かに足元にグレらしきデカイ影が2匹は見えた。



釣れる理由は、
海中の魚が見えているかどうからしい。

でも、僕は撒き餌の深く沈んだものも、
そんなに見えていない。


今思うと、
僕は偏光グラスは茶色だけ使ってるけど、

もうちょっと薄い色とかも
使ったら良いかもなぁーと。


そもそも海中があまり見えていない僕なので、
見るための装備ってやつは

やはり重要なのかも知れない。





立ち位置に戻って、
釣り再開。

グレックスS-G2 からGTR L-Bへ戻す。




やはり斜め浮きのほうが、

全誘導での当たりが浮きに出やすい感じがする。



深い場所に魚がいて、
浮いてこないので、
L-B&オモリ付き潮受け-Bで

6m以上と、深く沈めやすくして探る。

 



にしても、ほとんど餌残り。


30mほど沖で、

潮がぶつかっているらしき波の浮き上がりが見えるので、
そのあたりを狙ったり、

また足元へ戻したり。




タケちゃんからLINEが来て、
サンノジ釣ったらしい。

とにかく当たりが出ないので、
サンノジでも僕はかけたい。



ここでまたあえて、
浮きをドングリ型の
藤原M0へ変更。

主に足元狙いへ。



こんな、魚っ気がないときは、
やっぱり足元か
沈み根狙いかなぁーと。


足元、
大量撒き餌をしても、
一瞬、チョウチョウウオが出てくるぐらいで、

餌は残る。




20mほど沖で、
波立っていて、

潮が沖と手前からと当たってる感じ。


そこを狙って遠投。


撒き餌は下手なので、多めで。



満潮15時過ぎ。


シュッ!



やりましたよ。

サンノジ。

 


その頃、タケちゃんは…。



あ…。



おお…。




なんで、釣れるねん。

こんなベタ凪で
餌取りさえもあまり動いていない感じやのに。


うーーん。





グレを探して、
至るところを探っていると、

足元のキワで
今度は餌がちょっとかじられたり、
する感じ。


なんとなく、
餌取りではない…というか、

足元でモゾモゾで餌取られたり、
削り食われてたのが、

一部噛まれて食べられたような感じ。




浮きと撒き餌を足元キワキワに入れると、
浮きはゆっくり沖へ出る。


なので、仕掛けは足元のキワへ入れて、
撒き餌は足元のキワに2発と、
その沖1.5mほどにも1発打ってみる。


1.5m先へグレがちょっと出てきて食うんかなー。

でも反応ない…。



ダメか…と思ってたら

ぎゅ一

 

ガンガン!

竿叩いてるし、
サンノジやろな。


あっ



またまたギリ30cm。

満潮過ぎの時合い来たか!

と、期待するもまたまた連発はせず。




またまた沖やらも探って、

15m右沖の
沈み根の向こうで、
刺し餌がまたまた良い感じに残った。


あそこ狙ったら、
根に入られて切られるよ。

と、横にいる底物のおじいちゃん。




でも、やはり
あの場所を狙いたい。


キセルを吸いながら、
当たりを待っていたら

ズィッ!!



一気に浮きが消し込んで、

手元に重量感。




合わせを入れるも
すでに遅し。

もう根に入られて
根掛かった。



立ち位置を変えても
引きずり出せず。

糸を手で引っ張ったら
ハリス切れてバラシ。



おじいちゃんに言われた通りになった。

 



タケちゃんが釣ったガッキー。

新垣結衣なら
何人でもお持ち帰りするけどなぁー。

 



夕間詰め。

ヒャッハータイムに期待するも、
どんどん餌残りはげしくなり、

ますます厳しい。



この時あたりで、
シゲさん・ガイさんの立ち位置では、
コッパグレの活性上がったらしい。


ここまでかなり
厳しい状況だったシゲさんも

30cmぐらいのグレを一匹仕留めた。




にしても、
そもそも餌残りが多い僕の立ち位置。

なんだか、
全誘導でも
そこまで深くまで仕掛けが馴染まないままな感じ。


ダメ元で、
浮きをGTR L-Bへ戻し、

小さな傷でハリス切れにならないように交換。



15mほど沖の
シモリとシモリの間の深くなっているとこへ。

仕掛けがさっきまでより、
ゆっくりしっかり沈んでいる感じ。

それに合わせて、
道糸も送り出しつつ、

ときおり軽くテンションをかけて
仕掛けをまっすぐにする。






浮きした3mから
全誘導で6-8mほどまで沈めたとき、


シュッ!


ギュイィィーーィイイン!!



この日で一番強い引きで
ベールが中途半端に空いて、

絡まりそう。



慌ててベールオープンにして
シュルルルルル!



走りが止まったので、
ベール締めて

浮かせようと・・・

足元右手のキワへ突っ込まれていて、
根掛かりしそうやけど、

一応動く。

まだ切られていない。


道糸は鳴ってないし、
無理にでも浮かせようかと

竿を強く曲げた瞬間。



グッ!




針上30cmほどで切られた感じ。


ハリス替えたばかりやのに、
やはり根にすれて傷が入ったのかどうなのか。


仕掛け替えて一投目から
無反応から急に食ってくることも多い。

そうだよなーと
思っていたけどやられた。





タケちゃんが片付け開始したらしき
LINEが来たので、

そろそろヤメようかと思いながら
まだ数投。



真っ暗になりそうやし、
さすがにコレが最後の一投やな。


グイッ!


ガンガンガン。


竿を叩くやつ。



やっぱお前かぁーい。

 



僕が釣りました(嘘)。



かなり厳しい中でも
タケチャンは35cmオーバーから

39cmまでのグレ。



僕はかろうじてグレ3匹やけど、
どれもギリギリ30cmサイズ。


---------------------------------------

~釣食[つりしょく]~魚を釣って、料理して、美味しく食べるサイトhttp://penginzu.wix.com/turishoku

ペンギンズ 公式ホームページ

http://penginzu.wix.com/penginzu

 

釣食企画人スーさんTwitter
http://twitter.com/@penurakata

インスタグラム
https://www.instagram.com/turishokusuusan/?hl=ja

 



釣り人に読んで欲しい 以前に書いたブログ:

「海中に落ちた人を見つけたら 
          迷わず救助開始すべき」

http://penginzu.cocolog-nifty.com/blog/2017/11/post-2e67.html

※釣りをする際は堤防でも磯でも、
 必ずライフジャケットを着用して欲しいです

 

 

 

|

« 凪のグレ釣り・浮きグレスタートなるも…な、前編 | トップページ | 「グレのほぐし身と舞茸のパスタ」の作り方 »

釣りのアレコレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 凪のグレ釣り・浮きグレスタートなるも…な、前編 | トップページ | 「グレのほぐし身と舞茸のパスタ」の作り方 »